PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > DJI JAPAN、デュアルスクリーン搭載の新製品「Osmo Action」発表会を開催

News

DJI JAPAN、デュアルスクリーン搭載の新製品「Osmo Action」発表会を開催

2019-05-16 掲載

本体の前後に高輝度ディスプレイが特徴的なDJI初の4Kアクションカメラ

DJI JAPANは5月16日、新製品「Osmo Action」の発表会を開催した。Osmo Actionの価格は税込44,820円。発売開始は5月17日。

冒頭はDJI JAPANのコンシューママーケティングディレクターの川中良之氏が登壇。Osmo Actionを紹介した。

Osmo Actionは、本体の前後に高輝度ディスプレイが特徴的なDJI初の4Kアクションカメラです。DJI独自の電子手ブレ補正機能や防水性能を備え、瞬間の撮りたいシーンを逃さず、水陸両方で、非常に使いやすい製品に仕上がっています。

Osmo Actionを手に持つ皆川正昭氏

プロダクトマーケティングマネージャーの皆川正昭氏は、Osmo Actionの詳細を紹介。Osmo Action最大の特徴は、デュアルスクリーン。フロント、そしてバックに直射日光の下でも観やすい。750±50cd/m2の超高輝度ディスプレイを搭載。

バック画面には、2.25インチのタッチディスプレイ。フロント画面のスクリーンサイズは、1.4インチを搭載しており、誰でも簡単にセルフィーのアングルを確認しながら撮影することができるようになっている。

1.4インチのフロント画面を搭載 2.25インチのバック画面を搭載

防水性能は、水深11m、防水ケースを使用する場合は、水深60mまで対応。海でも安心して使うことができる。

本体のみのでも水深11mまで使用可能

本体側面には、クイックスイッチボタンを搭載。このボタンを押すたびに写真、ビデオ、お気に入りの撮影モードなどを瞬時に切り替えることができる。ボタン式なので、ウィンタースポーツなどで手袋をしていても、しっかり操作が行えるようになっている。

スナップショット機能は、電源オフの状態からシャッターボタンを押すと、2秒以内に起動し、撮影が開始される。

Osmo Actionの側面。「QSボタン」がクイックスイッチボタン Osmo Actionの上面。シャッターボタンと電源ボタンがある

カメラセンサーには、1/2.3インチCMOSを搭載し有効画素数12Mピクセルの写真、最大4K60fps、100MBPSの動画を撮影することができる。

Osmo Actionには、強力なブレ補正を目的に開発した電子手ブレ補正RockSteadyを搭載。激しいアクションシーンでも安定したブレのない映像を撮影することを可能にしている。

また、Osmo Actionには、HDR動画での撮影に対応。RockSteadyをオフにすることで、4K30fpsのHDRでのビデオ撮影が可能。明暗差の激しい環境でも豊かなディテールを映し出すことができる。

RockSteady機能ON RockSteady機能OFF

Osmo Actionには、スローモーション、タイムラプス、カスタムモードの3つのクリエイティブな撮影モードを搭載。スローモーションは、フルHD画質で、最大8倍のスローモーション映像が撮影可能。タイムラプスは、回りの状況がスピーディーに動き続け、ユニークなコンテンツを作成することができる。カスタムモードは、お好みのカメラ設定プロファイルを最大5つまで登録できる。例えば、事前にシャッタースピードやホワイトバランスの情報を登録しておくと、便利に使えるようになる。

標準で5つのアクセサリーを同梱。カメラフレーム、接着式カメラマウント、接着式カーブマウント、クイックリリースベース、止めネジなどがセットになっている。

別売りオプションのアクセサリーは、6つのアイテムを発売予定。水深60mまで保護する防水ケース、三脚やその他のアクセサリー用の1/4インチネジアダプター、バッテリーを3個装着できる充電ハブ、4種のNDフィルター、フローティングハンドルなどが用意される。

別売アクセサリのフローティングハンドル 別売アクセサリのNDフィルター

Osmo Actionのブレのなさは想像以上、吸い付くような映像を実現

マウンテンバイクプロライダーの永田準也氏

発表会では、ゲストスピーカーでマウンテンバイクプロライダーの永田準也氏が登壇。永田氏がライディング中に使用するオークリーのプリズムレンズをOsmo Actionに装着して、永田選手の視点で撮影されたプロモーションビデオも上映。以下のように語り、話を締めくくった。

Osmo Actionは、本当にブレのなさは自分の想像以上でした。正直ぶれてしまうかなとちょっと思っていましたが、本当に吸い付くような映像でした。最初の映像をみたときに、感動しました。

マウンテンバイクは次第に流行ってきている段階で、Osmo Actionの映像発信を活躍することで、どんどん広げていければいいなと思っています」

永田選手がライディング中に使用するプリズムレンズを、レンズフィルター化してOsmo Actionに搭載。こちらのフィルターは市販の予定はないという 頭部やハンドルにOsmo Actionを搭載

[ Category : ]
[ DATE : 2019-05-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

DJI Osmo Action 小型アクションカメラ [SYSTEM5]
DJI Osmo Action 小型アクションカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥44,820(税込)

関連する記事

DJI、前面と背面にカラースクリーンを搭載した小型カメラ「Osmo Action」を発表

DJIは、厳しい環境で安定した撮影が可能な小型カメラ「Osmo Action」を発表した。store.dji.comでの価格は税込44,820円。発送予定は入金確認後1~3営業日と... 続きを読む

システムファイブ、「DJI製品10%OFFセール」を半蔵門ショールーム限定で実施。2/21~2/23の3日間限定

株式会社システムファイブは、同社が東京・半蔵門にて運営するPROGEAR半蔵門ショールームにて「DJI製品10%OFFセール」を実施する。開催期間は2019年2月21日(木)~23... 続きを読む

[CP+2019]DJI、「CP+2019」出展概要を発表。「空へ、動画へ、」をテーマにドローンによる空撮、スタビライザーを使用した動画撮影の魅力を紹介

※画像は2017年の様子 DJI JAPAN株式会社は、2019年2月28日(木)~3月3日(日)の期間中、パシフィコ横浜にて開催される写真映像展示会「CP+2019」に出展... 続きを読む

DJI、都内で最小サイズの3軸ジンバル搭載カメラ「Osmo Pocket」の発表会を開催

左から、発表会に登壇したパルクールパフォーマーのZEN氏、DJI JAPANの呉韜社長、モテクリエイター、SNSアドバイザー、インフルエンサーの菅本裕子(ゆうこす)氏 小... 続きを読む

DJI、手持ちタイプのDJI史上最も小さい3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を発表

DJIは、手持ちタイプの3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を2018年12月15日に発売する。希望小売価格は税込44,990円。 Osmo Po... 続きを読む

トップ > ニュース > DJI JAPAN、デュアルスクリーン搭載の新製品「Osmo Action」発表会を開催