PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ニコン、DXフォーマットミラーレスカメラ「ニコン Z 50」を発売

News

ニコン、DXフォーマットミラーレスカメラ「ニコン Z 50」を発売

2019-10-10 掲載

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、APS-Cサイズ(ニコンDXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 50」を2019年11月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。また、NIKKOR Z DXレンズが付属するレンズキットも同日発売予定(予約販売受付は10月12日10時)。ラインナップは以下の通り。

  • Z 50 16-50 VRレンズキット
    NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR付き
  • Z 50ダブルズームキット
    NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR付き

Z 50は小型・軽量ボディーながらしっかりとホールドできるグリップ形状や、右手で操作をすべて完結できるボタン配置を実現し、レリーズボタンまで自然に指を伸ばせるよう配慮されている。同時発売のNIKKOR Z DXレンズを含め、システムとしてさらなる小型・軽量化を実現したという。

画像処理エンジン「EXPEED 6」は、DXフォーマットCMOSセンサーとの連携で、静止画撮影時には最高常用感度ISO 51200を達成。「ミドルレンジシャープ」や「クイックシャープ」を搭載しており、「Z 7」「Z 6」同等の画づくりが可能だという。

また、様々な効果を付けることができる全20種類の「Creative Picture Control」や、撮影シーンに最適な設定を簡単に選べ、初心者でもキレイに撮影できる「シーンモード」、「フォトイラスト」や「トイカメラ風」などのアレンジを加えた表現で個性的な画づくりができる「スペシャルエフェクトモード」を搭載。いずれも、静止画・動画の両方に反映でき、画像モニター、EVF内で仕上がりを見ながら撮影可能。

フォーカスポイントは209点(静止画モード、撮像範囲DX、シングルポイントAF時)で、最大で撮像範囲の水平約87%、垂直約85%をカバー。DXフォーマットセンサーに最適化したアルゴリズムで、像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切りかえてピントを合わせる。動きのある人物でも瞳を正確に認識してピントを合わせられる「瞳AF」(静止画撮影、オートエリアAF(AF-S、AF-C)時)を搭載。瞳AFは、「マウントアダプターFTZ」(別売)を介したNIKKOR Fレンズ装着時にも使用可能。また、低輝度AF性能を実現し、-4 EV(f/2.0レンズ使用時、ISO 100、20℃、フォーカスモードAF-S時)までのAF撮影が可能。なお、約11コマ/秒(メカニカルシャッター使用、高速連続撮影(拡張時)、JPEG及び12bit RAW記録時)高速連続撮影時にも、AE、AFともに追従する。

NIKKOR Z DXレンズおよびNIKKOR Z FXレンズ共通の「Z マウント」により、同時発表の「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」から、「S-Line」まで、すべてのNIKKOR Zレンズが使用可能。マウントアダプターFTZを介すことで、ニコン一眼レフカメラ用NIKKOR FレンズのAI改造レンズおよびAI NIKKOR以降のレンズ約360種も使用可能。

3.2型約104万ドットの画像モニターにはタッチパネルを採用。拡大、縮小、ヘルプなどの機能ボタンをタッチパネル上に搭載している。電子ビューファインダー(EVF)は自然な見えを実現しているだけでなく、EVF内で背面モニター同様の操作ができるため、目を離すことなく様々な設定変更が可能だという。特に様々な設定がワンタッチで変更できる「iボタン」「iメニュー」を使うことで、メニュー画面を呼び出すことなく、画像モニター、EVF内で仕上がりを確認しながら操作が可能。「Creative Picture Control」や「スペシャルエフェクト」の設定変更も仕上がりを見ながら行える。

広い範囲で角度を変えられるチルト式画像モニターを搭載し、静止画・動画の自分撮り撮影が可能。「自分撮りモード」時にはシャッターボタン以外のボタンやマルチセレクターがロックされるため、誤作動なく、カメラをしっかりと握って撮影できる。

動画は、DXフォーマットベースでフルフレームの4K UHDに対応。Creative Picture Controlも適用でき、自分のお気に入りのテイストで動画撮影が行える。さらに、4K UHD、フルHDの「タイムラプス動画」をカメラ内で生成する機能や、「スローモーション動画」機能なども搭載している。

撮影した静止画および動画をスマートデバイスにすぐに転送することができる「SnapBridge」アプリにも対応。SNS等を用いてZ 50で撮影した画像を素早くシェアできる。その他の特長は、DXフォーマットカメラ初のシャッター音を排除して撮影できる「サイレント撮影」機能の搭載や、VR搭載レンズと組み合わせることにより「デュアル検知光学VR」が適用され、撮影時の手ブレが抑制される。Z 50の主な仕様は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • レンズマウント:ニコン Z マウント
  • 有効画素数:2088万画素
  • 撮像素子:23.5×15.7mmサイズCMOSセンサー(ニコンDXフォーマット)
  • 記録媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-I規格に対応)
  • ISO感度(推奨露光指数):ISO 100~51200(ステップ幅:1/3、1/2ステップに変更可能)、ISO 51200に対し約1段、2段(ISO 204800相当)の増感、感度自動制御が可能
  • フォーカスポイント:209点※静止画モード、撮像範囲DX、シングルポイントAF時
  • 画像モニター:チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、約104万ドット、視野角170°、視野率約100%、明るさ調整可能(マニュアル11段階)
  • 寸法(W×H×D):約126.5×93.5×60mm
  • 質量:約450g(バッテリーおよびSDカードを含む、ボディーキャップを除く)、約395g(本体のみ)

[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ニコン、Z 7/Z 6用バッテリーパック「MB-N10」を発売。電池寿命を約1.8倍に拡張

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、フルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコンZ 7」「ニコンZ 6」用のバッテリーパック「MB-N10... 続きを読む

ニコン、Zマウントシステム対応の大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を発売

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンZマウントを採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の、大口径標準単焦点マニュアルフォー... 続きを読む

ニコン、標準ズームレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」、望遠ズームレンズ「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」を発売

写真左「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」、右「NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」 株式会社ニコンの子会社、... 続きを読む

ニコン、Zマウントシステム対応の大口径広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」を発売

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンZマウントを採用したフルサイズ(ニコン FX フォーマット)ミラーレスカメラ対応の、大口径広角単焦点レンズ「NI... 続きを読む

ニコン、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD6」望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」開発

※上記の画像は、市販する製品の外観とは異なる可能性あり 株式会社ニコンは、プロフェッショナルモデルとなる、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D6」および、ニコンFXフォーマット対応... 続きを読む

トップ > ニュース > ニコン、DXフォーマットミラーレスカメラ「ニコン Z 50」を発売