PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を発売

News

キヤノン、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を発売

2019-11-06 掲載

キヤノンは、本格的な天体撮影を実現するフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を2019年12月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売予定価格税別298,000円。

EOS Raは、天体写真を愛好するハイアマチュアユーザーなどに向けて「EOS R」をベースに開発した、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ。有効画素数最大約3030万画素・フルサイズCMOSセンサーと天体撮影に適した光学特性を備えており、天文ファンの間で人気の高い赤い星雲などを高精細かつ鮮やかに描写することができるという。

CMOSセンサーの前面に配置しているローパスフィルターの特性を、ベースとなるカメラ「EOS R」から変更することにより、Hα線の透過率を「EOS R」と比較して約4倍に高めている。

また、有効画素数最大約3030万画素・フルサイズCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8の組み合わせにより、最高ISO40000の常用ISO感度と低ノイズの撮影を実現。これにより、干潟星雲(M8)や三裂星雲(M20)、エータカリーナ星雲など赤みの強い星雲を、高精細かつ鮮やかに撮影することができるという。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-11-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示

※写真は昨年の様子 キヤノンは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/... 続きを読む

[InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売

キヤノンは、1.25型センサー搭載の8K放送用カメラに対応するズームレンズの新製品として、放送用フィールドズームレンズ「UHD-DIGISUPER 51」と、放送用ポータブルズーム... 続きを読む

キヤノン、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を発売

キヤノンは、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS US」を2019年11月21日に発売する。以前、開発発表をしていたもの。希望小売価格はオ... 続きを読む

キヤノン、大口径中望遠単焦点レンズ「RF85mm F1.2 L USM DS」を発売

キヤノンは、大口径中望遠単焦点レンズ「RF85mm F1.2 L USM DS」を2019年12月下旬に発売する。以前、開発発表をしていたもの。希望小売価格はオープン。同社オンライ... 続きを読む

キヤノン、動画撮影をサポートするトライポッドグリップ「HG-100TBR」を発売。グリップスタイルや三脚スタイルに切り替えて使用可能

キヤノンは、グリップスタイルや三脚スタイルでの撮影を可能とするカメラ用アクセサリーとして、トライポッドグリップ「HG-100TBR」を2019年12月に発売する。希望小売価格は税別... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を発売