PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2019]AJA、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレードを発表

News

[InterBEE2019]AJA、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレードを発表

2019-11-14 掲載

「Ki Pro GO」

AJA Video Systems社は、Ki Proシリーズの新たなアップグレード「Ki Pro GO v1.5ファームウェア」および「Ki Pro Ultra Plus v5.0ファームウェア」を発表した。両ファームウェアは近日中に無償で提供予定。

Ki Pro GOは、v1.5ファームウェアにより、タイムコード付きのビデオを収録および再生可能となる。タイムコードはSDI入力信号のRP188から生成され、実時間での記録もしくは特定の時間に開始するよう設定可能。再生の際にはKi Pro GOのSDI出力信号にRP188として自動的にエンベデッドされる。また、5つのUSBポートすべてでバックアップとプライマリ収録が可能になり、ユーザーは希望する記録先をより自由に選択可能。さらに、今回のアップデートでは、新規クリップの名称ルールの設定とセグメント収録ができるようになり、各クリップにファイル名が自動的に付与され、収録が延長した際にも各セグメントを識別できる。

Ki Pro Ultra Plusは、v5.0ファームウェアで多数の機能のパフォーマンスが強化された。新しく追加されたInfinite Record(永久収録)モードでは、すべての映像が自動的にキャプチャされ、常時稼働するバックアップレコーダーとして使用可能。Infinite Recordモードには、自動フォーマットと2つのAJA Pak Mediaスロットへのロールオーバーが含まれており、中断なく収録が行え、1つのドライブがいっぱいになった時でもダウンタイムが発生しない。Ki Pro Ultra PlusはSDI/HDMI接続経由で、最大4チャンネルのHD同時収録、または4K/UltraHD/2K/HDの収録と再生が可能。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-11-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2019]AJA、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレードを発表