PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」の場合

News

Blackmagic Design製品事例:モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」の場合

2019-11-21 掲載

Blackmagic Designの発表によると、株式会社LOGIC&MAGICのCG制作事業として、東京・天王洲に開設されている大型モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」で、Smart Videohubルーター、ATEM Television Studio Pro 4Kスイッチャー、Smart Videohubルーター、Teranex Expressコンバーターなど、数々のBlackmagic Design製品が導入されているという。

同スタジオは10人以上を同時にモーションキャプチャーでき、高品質な3DCGアニメーション制作や、モーションキャプチャーを駆使したキャラクターのバーチャルライブが可能。この大規模なモーションキャプチャースタジオにはATEM Television Studio Pro 4KスイッチャーやSmart Videohub、Teranex Express以外にも、HyperDeck Studio MiniやHyperDeck Studio 12Gなどを含む多くのBlackmagic Design製品が導入された。

同社ライブ/映像制作部の富永竜二氏は次のようにコメントしている。

富永氏:限られた予算内でこちらが想定していることができるという点でBlackmagic Designの製品が一番ハマったという感じです。他社製の機材で揃えようとするとかなりのコストがかかります。Blackmagic Designだから今回の予算でスタジオ構築ができたと言えます。また外部のスタッフが来て使うことも想定しているので、Blackmagic Design製品であれば世界中で使われていてユーザーも多いので、誰が来てもすぐ使えるだろうと思いました。

TUNEDiD studioのメインスタジオであるAスタジオには54台のモーションキャプチャーカメラが設置してあり、リアルタイムでCGキャラクターをゲームエンジンに取りこみCG合成される。CG合成後の映像は、このスタジオの映像信号のハブとなっているSmart Videohub 40×40に送られ、そこから様々な用途で使われる。

富永氏:Aスタジオは将来的なことを考え、すべて4Kに対応していますが、現状HD対応のソフトウェアで収録するため、VideohubからTeranex ExpressでHDに変換してタイムコードと同期させた後に、またSmart Videohubに戻して、PCで収録しています。

その他、Smart Videohubから4台のTeranex Mini SDI to HDMIを経由してマルチビューアに4K映像信号を表示している。マルチビューアからの4面マルチ画面の出力は、Teranex Mini HDMI to SDIを介してSmart Videohubに戻される。

富永氏:ここはモーションキャプチャーがメインなのですが、実写撮影もたまにあります。その時にTelevision Studio Pro 4KをCGのキャラクターと実写を仮合成するのに使っています。ATEMのマクロ機能を使ってビデオを制御して、3台同時にビデオ収録というようなことも行なっています。また、ここではCGキャラクターのバーチャルライブも行っているので、4K60Pでそのライブ映像をHyperDeck Studio 12Gで収録しています。将来的には映像にテロップを入れて、ここからライブ配信サービス等へのアップロードなどもできればと考えています。

同スタジオにある、もう1つのBスタジオはHD仕様となっており、Smart Videohub 20×20、HyperDeck Studio Miniが3台、Television Studio Proが導入された。グリーンバックのCGキャラクターと背景用のCGを合成するためにTelevision Studio Proを使って、HyperDeck Studio Miniで収録しているという。

同社取締役である松野美茂氏は次のようにコメントしている。

松野氏:もともとこのBスタジオでの作業は別の場所で運営していて、「TUNEDiD studio」のオープンに合わせてそれを移設させました。その当時からBlackmagic Design製品を使っていて、使い勝手が良かったのでスタジオを新設するにあたり、新しく買い直して再構築しました。

このスタジオには色々なBlackmagic Design製品を導入していますが、みんなシンプルなデザインなので使いやすい。インターフェースがわかりやすく、ちょっと触ってみれば誰でも使えるところがいいですね。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-11-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9」を開催。テーマはDaVinci Resolveの編集ページ

Blackmagic Designは、2020年2月27日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9 EDIT, CUT, Editor Key... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:クリエイティブエージェンシーのバーチャルスタジオセットの場合

Blackmagic Designの発表によると、イタリアのクリエイティブエージェンシーViSo Video Solutionsが、Ultimatte 12合成プロセッサーおよびU... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:株式会社鉄人化計画のカラオケ機器集中管理システムの場合

Blackmagic Designの発表によると、「カラオケの鉄人」を運営する株式会社鉄人化計画がカラオケ機器の集中管理システムにUniversal Videohub 72およびS... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio/Editor Keyboard事例:ドイツのテレビ番組「Quatsch Comedy Club」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ドイツのスタンダップコメディ番組「Quatsch Comedy Club」が、DaVinci Resolve Studioで編集お... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8」を開催。DaVinci ResolveからみたMac Pro/Pro Display XDRの魅力を紹介

ブラックマジックデザインは、2020年1月30日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8 Power to change everything... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」の場合