PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > イメージニクス、HDMI信号をCAT5e/6信号に変換して最大2分配する送信器「HCE-102TX」を発売

News

イメージニクス、HDMI信号をCAT5e/6信号に変換して最大2分配する送信器「HCE-102TX」を発売

2019-12-11 掲載

イメージニクス株式会社は、HDMI入力、CAT5e/6出力、2分配送信器「HCE-102TX」を2020年1月に発売する。希望小売価格は税別140,000円。

HCE-102TXは、HDMI信号をCAT5e/6信号に変換して最大2分配する送信器。4K60p 4:2:0/4K30p 4:4:4の信号伝送に対応。4K時は70m、2K時は100mの長距離伝送が可能。CAT5e/6信号はCRO-HE25RXで受信、HDMIへ戻すことがが可能。HDMIアクティブスルー出力を1系統備え、手元のディスプレイへの接続などに使用できるとしている。HCE-102TXの主な特長は以下の通り。

(以下、同社Webページより引用)

  • HDMI信号をCAT5e/6信号に変換・分配する変換送信器です。
  • HCD-104やCRO-HE25RX等と合わせてHDMI信号の延長・分配システムを構成することができます。
  • HDCP1.4/2.2に対応します。
  • CECは入力と出力1の間でパススルー、HEC、ARCは非対応です。
  • 4K@30p(4:4:4)/4K@60p(4:2:0)に対応しており、最大70mの延長が可能です。
  • 1080@60p(24bit)以下の信号はロングリーチモードを使用して最大150mまで延長可能です。
  • RS-232C通信は入力と出力1との間で双方向通信か、入力から出力1~2への同時単方向送信を選択できます。
  • イーサネットはLAN端子と2つのCAT5e/6出力の全ての間で通信ができます。
  • EDIDエミュレータ機能を搭載。15種類の内蔵解像度または、出力先機器のコピーが使用できます。
  • HDMIアクティブスルー出力があります。
  • 付属の電源ケーブルはロック機構付。

[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

イメージニクス、HDMI(DVI)信号同軸延長器・送信器(壁プレート型)2機種を発売

イメージニクス株式会社は、HDMI(DVI)を同軸1本で伝送する同社独自規格「IMG.Link」の壁プレート型送信器「DCE-CPH1TX」「DCE-CPD1TX」を2020年6月... 続きを読む

イメージニクス、1入力4出力の12G-SDI分配器「ISD-U104」を発表

イメージニクス株式会社は、1入力4出力の12G-SDI分配器「ISD-U104」を2020年4月に発売する。希望小売価格は税別90,000円。 ISD-U104は、12G-S... 続きを読む

イメージニクス、4K映像に対応したHDMI信号同軸延長器・送信器「DCE-U1TX」と受信器「DCE-U1RX」を発表

イメージニクス株式会社は、4K映像対応のHDMI信号同軸延長器・送信器「DCE-U1TX」と受信器「DCE-U1RX」を2020年5月に発売する。希望小売価格はともに税別78,00... 続きを読む

イメージニクス、4K映像に対応したHDMI信号同軸延長器・受信器「CRO-URS2」を発売

イメージニクス株式会社は、4K映像対応のHDMI信号同軸延長器・受信器「CRO-URS2」を2020年1月に発売する。希望小売価格は税別120,000円。 CRO-U... 続きを読む

[Pre-InterBEE2010]イメージニクス、新製品10機種と参考出品製品2機種を出展

写真は昨年開催時の様子 イメージニクス株式会社は、11月17日より幕張メッセで開催される「InterBEE2010」にて10機種の新製品と2機種の参考出品製品を展示する(ブース番号... 続きを読む

トップ > ニュース > イメージニクス、HDMI信号をCAT5e/6信号に変換して最大2分配する送信器「HCE-102TX」を発売