PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Insta360、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」を発売
News

Insta360、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」を発売

#Insta360

2020-01-07 掲載

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)は、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」(以下:ONE R)を発表した。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。

  • Insta360 ONE Rツイン版:360°モジュール+4K広角モジュール
    希望小売価格 税込59,400円
  • Insta360 ONE R 1インチ版:1インチ広角モジュール
    希望小売価格 税込68,200円
  • Insta360 ONE R 4K版:4K広角モジュール
    希望小売価格 税込39,600円

ONE Rは、360°撮影用レンズ・標準4K広角撮影用レンズ・5.3K 1インチセンサー搭載の広角レンズでの撮影を1つのカメラで可能にしている。ONE Rのプロダクトデザインはシンプルで、1つのバッテリー、1つのプロセッサー、1セレクションのクイック交換レンズモジュールから形成されている。また、レンズは取り替え可能で、リリース時は360°モジュール、4K広角モジュール、1インチ広角モジュールと、3つのレンズモジュールによる3タイプの撮影手法を備えている。

1インチ広角モジュールは、Leica社の光学分野の技術力・5.3Kの解像度をInsta360の特徴であるFlowState(手ブレ補正機能)とコラボレイト。コンパクトで丈夫なカメラ本体にLeica社共同開発のレンズを搭載することで、アクションカメラにおいて最高の画質での撮影が可能だとしている。

ONE Rの3つのモジュールの特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

360°モジュール:このモジュールは2つのレンズ搭載で、あらゆる角度を5.7Kで撮影することが可能です。ONE Rのタッチスクリーンでリアルタイムに360°コンテンツをプレビューできます。色彩鮮やか、HDR動画、ナイトショット等の機能の革新により、一般ユーザー向けの360°カメラにおいて最高の色彩精度と暗所でのパフォーマンスを実現しています。

4K広角モジュール:4K@60fps対応。このモジュールは些細な動きや振動を捉えて、安定したアクションを記録して、かつ8倍のスローモーション動画を撮影できます。リバーシブルデザインでタッチスクリーンを簡単に表裏の交換を実現しています。自撮り撮影時にリアルタイムで動きを確認して調整できます。

1インチ広角モジュール(Leica社と共同開発):このモジュールではアクションカメラにおいて今までのない高品質を実現しています。1インチ広角モジュールは、最高クラスの1インチセンサーを使い、極めた暗所でも鮮やかな5.3K動画と19MPの静止画をキャプチャします。どこにでも持ち運べるデバイスでの最高級パフォーマンスです。1インチの広角モジュールはゲームチェンジャーです。

Leica社はInsta360と1インチ広角モジュールの光学工学と工業設計において密に連携し、画質と色再現において比類のなき専門知識を提供してくださいました。

ONE Rは、アップグレードしたFlowState安定化アルゴリズムを生かしてジンバルのような安定さを実現。スマートシーン検知アルゴリズムによって、ONE Rは暗所でも手ブレ補正パフォーマンスが優れているという。

ONE RはIPX8防水規格であり、本体は5メートルまで防水対応を実現。されに、潜水ケースを使用することで、最大60メートルの深海まで対応する。

音声制御機能を搭載しており、ONE Rをヘルメットや手の届かない場所に固定している場面では、一言声をかければ指示通りに動く(音声コマンドは現在英語と中国語の指令のみ対応)。

AI搭載のコンピュータービジョンにより、ONE Rに追跡機能を搭載。360°動画を編集する場合、ユーザーは簡単なタップだけで被写体を選択可能。ONE Rアプリは自動的に被写体をフレームの中心にロック。被写体が障害物に隠された場合でも、ONE Rのアルゴリズムはそれを記憶し、再出現するとすぐに追跡を再開する。

また、被写体の調整や編集を撮影後まで待ちたくない場合は、リアルタイムな追跡機能「Point to Track」により、被写体をロックしたい場合、音声コマンド「Mark that!」を伝えればDeep追跡が始まる。次回カメラに接続すると、選択した被写体に合わせて自動的にフレイムされた動画が得られるとしている。

ONE Rは暗所で最高の性能を実現するため、ハードウェアとソフトウェアの2つの領域での更新を提供。新しいナイトショットモードでは、AIを使ったアルゴリズムを用いて暗所での撮影を行う。ナイトショットモードで自動的に視覚ノイズを修正し、細部まで画質を維持することを実現たとしている。

すべてのONE Rバージョンにおいて静止画と動画のHDRモードを搭載。また、ワンタッチだけで自動カラーグレードされる。暗所でのパフォーマンスや色再現の場合では、Leica社と共同開発した1インチ広角モジュールが細やかにハイライトと影の色彩を生み出すとしている。

マイクアダプター

2つの内蔵マイク、自動ノイズキャンセル機能を搭載。また、USB Type-Cポートと上部の取り付けアクセサリーシューでサードパーティ製の3.5mmマイクの取り付けが可能。

また、カメラのタッチスクリーンで映像を直接編集し、編集完了後Wi-Fi経由でスマホに転送可能。

ユーザーが全機能を利用できるため、ONE Rアプリには様々な新しい編集機能を搭載。タイムシフトとハイパーラプス効果は、ONE Rアプリで数回タップだけで行える。新しく開発したポーズ検出アルゴリズムによって、すべてのフレイムにおいて同じポーズを識別して抽出でき、より幅広いクリエイティブ作品の作成を可能にしたとしている。

タイムシフトハイパーラプスエフェクトは、2回タップするだけで完了。新しいポーズ検出アルゴリズムにより、作成者は同じ姿勢をとるショットのすべてのフレームを即座に識別して抽出可能。新しいスターラプスモードは、露出設定を自動的に調整して、夜空の動的なタイムラプスを360°でキャプチャ。ユーザーは、時間と場所を決めて、シャッターボタンを押すだけ。ONEシリーズのバレットタイム効果も、スマートな水平維持アルゴリズムで進化した。

FlashCutスマート編集はONE Rアプリのコンテンツ認識の編集アルゴリズム。まず、食べ物、旅行、ペット等のユーザーが選んだテーマをもとにショットを選出し、音楽のリズムに合わせて作品を仕上げる。FlashCutスマート編集は360°モジュール、標準モジュールなどすべてのバージョンに適用される。

さらに、Insta360は、空中モジュールとして「ドローンモジュール」を発表した。同モジュールによってドローンを完全に隠させることが可能で、空中から遮るもののない本格的な360°映像を撮影できるとしている。

■主な仕様
ONE R 4K広角
モジュール
ONE R 360°
モジュール
ONE R 1インチ広角
モジュール
レンズ口径 F2.0 F2.8 F3.2
35mm相当の
焦点距離
16.4mm 7.2mm 14.4mm
静止画
解像度
4000×3000(4:3)
4000×2250(16:9)
6080×3040(2:1) 5312×3542(3:2)
5312×2988(16:9)
動画
解像度
4000×3000@30fps
3840×2160@60fps
3840×2160@30fps
2720×1530@100fps
2720×1530@60fps
2720×1530@30fps
1920×1080@200fps
1920×1080@120fps
1920×1080@60fps
1920×1080@30fps
5760×2880@30fps
5760×2880@24fps
5760×2880@25fps
3840×1920@50fps
3840×1920@30fps
3008×1504@100fps
5312×2988@30fps
3840×2160@60fps,
3840×2160@30fps
2720×1530@60fps
2720×1530@30fps
1920×1080@120fps
1920×1080@60fps
1920×1080@30fps
静止画
フォーマット
jpg、RAW(RAWファイルの編集はデスクトップソフトが必要) insp(アプリやStudioで書き出し可能)、RAW(RAWファイルの編集はデスクトップソフトが必要) jpg、RAW(RAWファイルの編集はデスクトップソフトが必要)
動画
フォーマット
insv(アプリやStudioで書き出し可能)、 mp4(カメラ内FlowState手ブレ補正)、LOGとHDR動画対応 insv(アプリやStudioで書き出し可能)、LOGとHDR動画対応 insv(アプリやStudioで書き出し可能)、mp4(カメラ内FlowState手ブレ補正)、LOG動画対応
動画
コーディング
H.264、H.265 H.265 H.264、H.265
動画
ビットレート
最大100Mbps
ジャイロスコープ 6軸ジャイロスコープ
対応機種 System on Chip(SoC):
A11 or above iOS(iPhone 8、8 Plus、X 以上)
Kirin 980 以上(Huawei Mate 20、P30 以上)
Qualcomm Snapdragon 845(Samsung Galaxy S9、Xiaomi Mi 8以上)
Exynos 9810 以上(Samsung Galaxy S9、S9+、Note9 以上)
※上記の機種はAIスマート編集機能を含むすべての機能が利用できます。低スペック機種は一部のみ機能を対応している場合があります。また、プロセッサ集約型のAI関連の機能を利用する際に、スピードが落ちる可能性があります。
写真モード 標準、HDR、バースト、インターバル、ナイトショット
動画モード 標準、HDR、タイムラプス、タイムシフト 標準、HDR、タイムラプス、タイムシフト、バレットタイム 標準、タイムラプス、タイムシフト
ライブストリーミング 近日公開予定
露出値(EV) ±4 EV
露出モード 自動、手動(Shutter 1/8000s-120s、ISO 100-3200)、シャッター優先(1/8000s-2s)、ISO優先(100-3200)
ホワイト
バランス
自動、2700K、4000K、5000K、6500K

[ Category : ]
[ DATE : 2020-01-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Insta360、「Insta360 ONE R」にAI活用機能を盛り込んだ大型アップデートを発表

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)は、同社のアダプティブアクションカメラ「Insta360 ONE R」の大型アップデートを発表した。本日よりAndro... 続きを読む

Insta360、動画コンテスト「Let’s GO Spring」を開催

Insta360 Japan株式会社は、2020年4月20日までの期間中、動画コンテスト「Let’s GO Spring」を開催中だ。 同コンテストの募集テーマは... 続きを読む

LeicaとInsta360、戦略的パートナーシップを締結。アクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)とLeica Camera AG(以下:Leica)は、長期的なパートナーシップの締結を発表した。 アクションカメラ... 続きを読む

Insta360、手ブレ補正機能搭載カメラ「Insta360 GO」を発売

Insta360は、手ブレ補正機能を搭載した小型カメラ「Insta360 GO」を発表した。希望小売価格は税込23,800円。 Insta360 GOは、重さわずか1... 続きを読む

Insta360、VR映画用カメラ「Insta360 Titan」を出荷開始

Insta360は、8つのレンズを搭載し、最大11K画質の360°写真および、動画撮影可能なVR映画用カメラ「Insta360 Titan」の出荷を開始した。以前、2019年4月か... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Insta360、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」を発売