PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:メディアコープ・シンガポールのコメディー・ドラマ「Classmates」の場合
News

Blackmagic Design製品事例:メディアコープ・シンガポールのコメディー・ドラマ「Classmates」の場合

#BlackmagicDesign #DaVinci Resolve Studio #Blackmagic RAW #URSA Mini Pro G2

2020-05-29 掲載

Blackmagic Designの発表によると、シンガポールに拠点を置くEcho Entertainmentが、メディアコープ・シンガポールの近日公開予定のコメディー・ドラマ「Classmates」の第一シーズンをURSA Mini Pro G2でBlackmagic RAWを使用して撮影したという。また、同社はDaVinci Resolve StudioをカラーコレクションとVFX、DaVinci ResolveのFairlightページをオーディオ編集に使用した。

2010年に創立されたシンガポールの制作会社であるEcho Entertainmentは、あらゆるジャンルのテレビドラマ、企業ビデオ、CM、マルチカム制作を手掛けている。絵コンテから撮影、ポストプロダクションまで、同社では制作およびポストプロダクションのすべてをカバーするサービスを提供している。

同社のディレクターであるシャイフル・リーザル氏と撮影監督のシャーリーン・タジュリ氏は「Classmates」の全10話の撮影に、そのハイダイナミックレンジとカラーサイエンスを理由にURSA Mini Pro G2を選んだ。撮影にBlackmagic RAWを使用することで、ストレージにかかる費用を抑え、制作とポストプロダクションの間におけるワークフローを改善した。

リーザル氏:Blackmagic RAWは、本作の撮影にBlackmagic Designカメラの使用を決めたもう一つの要因です。ポストプロダクションで非常に助かりました。10話のドラマの撮影には、多くのフッテージが必要です。Blackmagic RAWでは、ストレージの容量がコンパクトに済みます。ポストプロダクションにフッテージを持ち込むのも簡単でした。Blackmagic RAWフッテージではカラーグレーディングの際に、ISO、ホワイトバランス、ガンマを簡単に調整できるので、私自身、ディレクター、カラリストの3人とも、まるでセットに戻って、これらを調整しているように感じました。

「Classmates」はシンガポール各地でロケ撮影された。ほとんどのシーンは明るい照明を使用したが、物悲しいシーンの撮影も多数行われた。そういった場面で、URSA Mini Pro G2のハイダイナミックレンジと高解像度が本領を発揮し、暗いシャドウと明るいハイライトの領域のディテールを捉えたクリーンな映像を得られた。

あるシーンで、シャーリーンはステディカムにG2をマウントして、長回しすることにしたんです。ロケ地は大学だったのですが、そのシーンは自然光の下での撮影となりました。カメラのハイダイナミックレンジのおかげで、照明条件が一定しない中でも撮影を継続でき、背景の照明が強すぎても、ミッドトーンのディテールを逃していないと実感しながら撮影できました。

URSA Mini Pro G2を撮影に使用した理由は、ハイダイナミックレンジとネイティブISOの高さです。カメラを初めて見た時、カラーサイエンスがポストプロダクションで大いに役立つはずだと思いました。また、テレビ放送用の制作にはRec.709カラースペースを使用する必要がありますが、G2のカラーサイエンスは、Rec.709を全く新しいレベルに引き上げてくれます。

同作のカラーコレクションとVFXにはDaVinci Resolve Studio、オーディオ編集にはDaVinci ResolveのFairlightページが使用された。

ロケ撮影なので場所によって音響が全く異なります。以前にFairlightページを使用したことがあり、その性能を把握していたので、オーディオをどこまで向上できるか分かっていました。

同作には、テレビ放送用のRec.709のルックを適用するように依頼されたという。撮影には、Blackmagic Designの「Extended Video」LUTをガイドとして使用し、DaVinci Resolve Studioの多数の機能を使用して、そのルックを実現した。

テレビ放送用のRec.709のルックをシネマライクにしたいと考えていました。DaVinci Resolve Studioでは、彩度とガンマの高い、私たちが求めるルックを作成できます。後日、ルックと雰囲気を変えたくなったとしても、DaVinci Resolve StudioとBlackmagic RAWを組み合わせて使用することで、簡単に変更できます。特に、DaVinci Resolve StudioのRAWコントロールと色相・彩度カーブは本当に便利な機能です。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-05-29 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:コリア・アニメーション・ハイスクール放送スタジオの場合

Blackmagic Designの発表によると、コリア・アニメーション・ハイスクールが、複数のURSA Broadcast、ATEM 4 M/E Broadcast Studio... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、第2回教育関係者向けオンライン無償セミナー「オンライン教育に変革をもたらすATEM Mini」を開催

ブラックマジックデザインは、2020年9月26日~27日の2日間にわたり、全国の教育関係者を対象に、最新の「オンライン教育」事情について、具体的な活用事例および活用術を紹介するオン... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、ウェビナー形式でDaVinci Resolve 16の有償トレーニングを開催

ブラックマジックデザインは、2020年9月16日~17日・23日~25日にウェビナー形式でDaVinci Resolve 16の有償トレーニングを開催する。 9月25日の「E... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio/Micro Panel事例:ワンショット撮影の劇場映画「Last Call」の場合

Blackmagic Designの発表によると、劇場映画「Last Call」のカラーグレーディングにDaVinci Resolve Studioが使用されたという。同作は、2人... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:「Psych 2: Lassie Come Home」の場合

Blackmagic Designの発表によると、「Psych 2: Lassie Come Home」の撮影に使われたDITのライアン・マクレガー氏のカートに、様々なBlackm... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:メディアコープ・シンガポールのコメディー・ドラマ「Classmates」の場合