PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [ワークフローの鍵を握るMXF 00]標準フォーマットとして利用シーンが拡大するMXF

News

[ワークフローの鍵を握るMXF 00]標準フォーマットとして利用シーンが拡大するMXF

2009-02-04 掲載

カメラの収録環境のテープレス化、編集・フィニッシング環境のファイルベース化移行にともなって、昨年あたりから「MXFファイル」という言葉がよく聞かれるようになってきた。すでに、パナソニックP2、ソニーXDCAM/XDCAM EX、池上通信機GFCAMといったカメラの標準ファイルフォーマットとしても採用され、この収録メディアを扱うノンリニア編集システムやメディア管理ソリューションにおいても、メタ情報を用いて制作効率化をするために利用が始まっている。MXFファイルはもはや、テープレスカメラやノンリニア編集に不可欠なファイルとしてだけではなく、ファイルベースワークフローを構築するうえで欠かせないものになってきているとも言える。

さて、実際のワークフローを構築する段階で、MXFをサポートしている機器だからといって安心できないのも、MXFを扱う際の特徴でもある。同じMXFファイルを扱いながらも、そのMXFファイルを扱う機器が異なっただけでデータが読めないなんてことが起こってしまうのだ。読者の皆さんは、文書をやりとりするのにマイクロソフトOfficeのWordファイル(.doc)やテキストファイル(.rtf、.txt)をやりとりしたことがあるだろう。それらのファイルは、WindowsであろうがMacであろうが、ソフトウェアで対応してさえいればファイルを開くことができるはずだ。しかし、MXFファイルにおいてはこうはいかない。拡張子が同じファイルであっても、使うソフトウェアによっては開けない、つまりデータの互換性が取れない可能性があるわけだ。ここに、通常のアプリケーションファイルの動きとは異なるMXFファイルの難しさがある。

なぜこんなことが起こってしまうのか。詳しくは、次のセクションでアイ・ビー・イー・ネット・タイムの竹松昇氏に解説してもらっているが、簡単に言ってしまえば、MXFファイルは、データを包み込む包装紙のようなラッパーファイルにすぎないのだ。中に包むデータそのものは、各社それぞれのコンセプトに基づいて、標準規定に沿った形でファイルを扱っている。中身に包み込むデータ形式はさまざまな方式を許容しているため、ファイルとしての見た目は同じでも中身は異なるものが存在してしまうわけだ。

今回の特集は、こうしたMXFファイルフォーマットの基礎を理解しつつ、カメラやノンリニア編集以外の部分でもMXFファイル扱われ始めた事例として、日本テレビをはじめNNN系列局間で、素材映像や関連ファイルをやり取りするために運用が始まったMXF局間IP伝送システムを紹介する。制作ワークフロー全体で利用が始まったMXFファイルの広がりを感じ取ってもらえたらと思う。さらに、制作ワークフローで活用が始まった事例として、MXFファイルを制作ワークフロー全体で活用を始めたフジテレビについても、現在取材を進めている。こちらは、取材を完了しだいレポートを掲載する予定だ。




[ Category : ]
[ DATE : 2009-02-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2009]武蔵ブース ~マルチチャンネル・ビデオディスクレコーダでスポーツ番組用送出システムを展示~

武蔵エスアイ株式会社は、スポーツ番組用途に便利な撮って出しやスローモーション再生が可能なマルチチャンネルビデオサーバMVS-1200を展示している。 ブースではAsp... 続きを読む

[NAB2009]池上通信機ブース ~GFシリーズ最新機種を出展~

池上通信機 発売直前のGFCAM STATION PORTABLEなどを出展 池上通信機は、フラッシュメモリー記録のGFCAMカメラレコーダーと、その周辺機器を出展し... 続きを読む

[ワークフローの鍵を握るMXF 03]日本SGIと東芝がフジテレビのMXFによる送出系放送基幹システムを構築

日本SGIと東芝がフジテレビジョンの送出系放送基幹システムを構築して納入したと、共同プレスリリースが配信されてきたのは2008年12月25日のことだ。放送局における基幹システムには... 続きを読む

[ワークフローの鍵を握るMXF 02]日本テレビがIBE-NTとMXF伝送システムを共同開発

日本テレビ放送網(東京都港区)は、アイ・ビー・イー・ネット・タイム(東京都中央区、以下IBE-NT)とMXF局間IP伝送システムを2008年11月に開発。12月から全国のNNN系列... 続きを読む

[ワークフローの鍵を握るMXF 01]ワークフロー構築の前に知っておきたいMXFの基礎知識

最近、MXFファイルという言葉をよく耳にするようになった。しかし、その中身についてはまだまだ知られていないことも多い。ここでは、ワークフロー構築の前に知っておきたいMXFの概要と課... 続きを読む

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 03]制作ワークフロー全体を統合管理するMediaConcierge

近年、MXFフォーマットに準拠したファイルフォーマットを各社が利用するようになったことにより、映像制作のワークフローは大きな転換期を迎えています。素材流通はテープメディアからファイ... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [ワークフローの鍵を握るMXF 00]標準フォーマットとして利用シーンが拡大するMXF