PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.01 CINE GEAR 2010レポート デジタルシネマ編
News

[Digital Cinematography 2010]Vol.01 CINE GEAR 2010レポート デジタルシネマ編

#CINE GEAR EXPO #Digital Cinematography 2010

2010-06-16 掲載

CINE GEAR EXPO 2010レポート

デジタルシネマの世界を語るには避けて通れないイベントがこのCINE GEAR EXPO である。今年も昨年と同じく、ハリウッドのメジャースタジオParamaountの中で2010年6月4、5日開催されたCINE GEAR EXPO。会場も昨年と同様のオールド・ニューヨークのオープンセットを中心に、クレーンや屋外照明機材、カメラ、周辺機器などの展示が行われた。今回のメインはやはり3Dステレオスコピックのようで、3D撮影用の各種リグが並んでいた。また初日の6月4日には「3D Symposium」と特別セミナーが1日を通じて開催されるなど、その関心度の高さを示している。

 開催時間は、昨年同様に初日は夕方4時から夜9時までのナイトシーン向け展示、2日目は朝10時から夕方5時までの通常展示という、映画のシーンに合わせた、ハリウッドらしい演出の開催となった。

※ 写真撮影機材:SONY α NEX-5(機材協力:ソニー株式会社)

デジタルシネマ編

デジタルシネマ関係で今年人気を2分していたのは、ARRIFLEXの新型デジタルシネマカメラALEXAと、REDの新機種EPICだ。両機種とも開催日4日の午前中に、それぞれのワークフローなどを紹介する専門セミナーが開催され、その注目度の高さを物語っていた。RED EPICはTATOOモデルと呼ばれる初回出荷モデルがすでに4月上旬に発売されていたこともあり、会場内の随所で見かけられた。

■ARRI

cinegear01_01.jpg

ARRIのブースはALEXA一色。その多彩な機能と汎用性はハリウッドのDPたちにも大きく注目されているようだ。ARRIは数年前まで、照明機材も含めて会場内最大のブースを誇っていたが、昨年からはこの程度の小さいスペース展示になっている。




■CINEDECK

cinegear01_02.jpg

NABで初登場して数々の賞も受賞して話題となった、タッチパネル式のモニターが付いたレコーダーCINEDECK/EXTREME。8/10bit-4:2:2、12bt4:4:4の収録が可能、7インチのタッチスクリーン式モニターでは波形モニターなどの機能も有する他、HD-SDI、HDMIなどあらゆる入出力を備えた優れもの。

http://www.cinedeck.com

■Leica SUMMILUX-C Primes

cinegear01_03.jpg

米国のシネマ系ツール販社bandproのブースは今回、ライカのシネプライムレンズシリーズ”Leica SUMMILUX-C Primes “を前面に押し出した展示となった。NABではモックアップのみの展示だったが、今回は実物レンズが数種登場。アメリカでも映画関係者ではやはりライカファンは多いようだ。



■Tyler

cinegear01_04.jpg

DSLRなどの小さなカメラではやはり手ブレ問題は大きい。確実なスタビライズを実現するTyler社のMINI GYROがもたらす安定性はかなりのもの。早速 RED EPICで試すデモが行われていた。



■Segway

cinegear01_05.jpg

CINEGEARではお馴染みとなったハンドフリーセグウェイによるデモ。



■MOTION PICTURE MARINE

cinegear01_06.jpg

MOTION PICTURE MARINEのPERFECT HORIZONは、船の上からなどの撮影の際に、どんなに船が揺れても水平を保つスタビライズ機能を持たせる事ができる優れもの。デモの映像では、大シケの海上からの撮影でも、水平線が真横に保たれている映像が映し出されていた。



■P+S TECHNIK

cinegear01_07.jpg

3Dステレオ撮影のリグも今回は数多くの出展があった。P+S TECHNIK社のFreestyle Rigは、下からの装着もOK。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-06-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.06 Cine Gear Expo 10年の遍歴にみる映画制作の変化

txt:石川幸宏 構成:編集部 CineGear 10年の歩みはドラスティックな変革そのもの シネマの世界はいまやデジタル撮影~制作がそのほとんどを占めるようになった。さらに時... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.05 HDRの技術の可能性〜Colorfront社 CTO ビル・ファイトナー氏インタビュー〜

txt:ベン マツナガ 構成:編集部 William Feightner氏に訊く 去る5月21日、22日の2日間、東京・秋葉原のUDXで開催されたAfter NAB S... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.04 OTTの脅威と、ハリウッド映画産業の変化

txt:石川幸宏 構成:編集部 全米の家庭を席巻するOTTによるドラマ 4月のNABでも大きな話題になっていたOTT=Over The Topと呼ばれる、いわゆる有料ネ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.03 Report Part3 ―会場で目立つスグレもの達

txt:石川幸宏 構成:編集部 足を踏み入れて初めて出会う機材達 Cine Gear Expoではカメラ製品ももちろん数多く出展されるが、その多くはすでに4月のNABで発表... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.02 Report Part2 ―主要メーカーと会場を席巻するDrone

txt:石川幸宏 構成:編集部 ARRI 話題のALEXA Miniに人気が集中。カラダの大きいアメリカ人でも184×125mmというボックスサイズのこのカメラには大い... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.01 Report Part1 ―8Kデモに盛り上がるPanavisionと”Tomorrowland”4K上映

注目はLight Iron × Panavisionの8Kデモ 8Kデモには毎回の周囲に多くの人が集結 今年のCine Gear会場で最も人気を呼んだのはおそらくパナビ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.00 更なる新しい視点を求めて

txt:石川幸宏 編集部 構成:編集部 変わりゆく時代に合わせて変容するために 2日間の展示会開催だけに両日とも会場は大盛況(カンファレンスを含めると4日間) 今... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.07 ハイエンド映像制作の立場から、いま一度、4Kそして8K制作を考察する

4K作品制作の現場から Vol.05のインタビューの続きとして、石坂拓郎氏に映画カメラマン視点での、現状における4Kオーバーの作品撮影、そしてこれからの4K仕上げと4Kオーバー作品... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.06 オンセットカラーマネジメントの最先端

求められるロケ現場での高精度なオンセットカラーグレーディング 4K制作で難しいのは、色のコントロールだ。映画やCM撮影の現場ではすでにRAWやLogでの収録も通例になりつつあるが、... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.01 CINE GEAR 2010レポート デジタルシネマ編