PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.06 ハリウッドのスタジオ機構を利用した新たな映画作りへ-STUDIO REVO-
News

[Digital Cinematography 2010]Vol.06 ハリウッドのスタジオ機構を利用した新たな映画作りへ-STUDIO REVO-

#Digital Cinematography 2010

2010-06-18 掲載

ハリウッドがリーマンショック以降の投資/資本離れによる、製作逆境にあって、制作スタジオなどの映画関連会社も値引きやサービス合戦による生存競争状態が続いている。こうした逆境を逆手に取るように、ハリウッドの映画システムを日本の映画界へ呼び込む新たなサービスを始めた会社がある。

ハリウッドスタイルを日本映画でも実現?

STUDIO REVO(スタジオレヴォ)は、これまでなかなか手が届かなかったハリウッドでのスタジオワークなど映像制作の各種サービスを、日本の映画/映像制作者が、より身近に安価で利用出来るように、現地でのコーディネーションサービスを提供する会社だ。同社のサービスを上手く利用することで、世界に通用するハリウッドのスタジオ設備などを利用でき、映画はもちろんのこと、CM、TVドラマ、PV、果てはWeb映像制作までクォリティーの高いサービスをより身近に、低価格で利用することができる。

SR01.jpgスタジオレヴォの嵜野準也社長

日本で今年2月に公開された映画『BANDAGEバンデイジ』(監督:小林武史/プロデューサー:岩井俊二)は、撮影は日本国内だがフィルムレコーディングなどの作業はスタジオレヴォのコーディネートにより、ハリウッドで行われた。

 

スタジオレヴォの嵜野準也(さきのじゅんや)社長は、

「こちらでは制作される映画の作品数も多いために、スタジオ各社の競争が激しく、値段やサービスもその分安くできます。日本だと、作品もフィルムレコーディングできる環境も限られているので、どうしても高くついてしまうという状況があるようですね。そんな状況をお聞きして、私自身、こちらで映像制作に10年近く関わってきたことから、そうしたワークフローやルートにも明るいので、何かしらこのようなサービスで何か日本の映画/映像産業のサポートが出来ないかと考えました。映画『バンデイジ』は、全編RED ONEカメラで撮影されていますが、カラーコレクションと2Kのフィルムレコーディングは全てハリウッドで行いました。特にフィルムレコーディングに関しては、僕自身も経験が多く、安く高品位に仕上げる事は可能でした」
  SSR02.jpg

予算がないインディーズ映画では、よくキネコで仕上げるのが一般的だが、これもスタジオレヴォを通すことで、ほぼ同じ予算でもレーザーレコーディングで仕上げる事ができる。しかもそのクォリティーはハリウッドで通用するレベルのもので、これは日本のように低予算の劇場公開映画にとっても大きなメリットだと言える。

またLAにはもちろんのこと、日本にも事務所があり、まずは日本語で気軽にサポート相談ができるのも便利。スタジオレヴォが提供するこのサポートシステムを利用して日本の作品も世界に通用する品質に仕上げることで、より世界に売っていける作品を制作出来る環境が身近になったと言えそうだ。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-06-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinematography 2010]Vol.07ハリウッド品質から学ぶことと、これからのコンテンツに求められるクォリティ

日本にはないハリウッドの強みとは? ハリウッドのポストプロダクションと日本とでは品質等の点で、一体何がどう違うのだろうか? スタジオレヴォの嵜野社長は人材の根本的な層の厚さの違い... 続きを読む

[Digital Cinematography 2010]Vol.05 REDの新たなる展開-新ジャンルへのとりくみとは?

RED STUDIOS HOLLYWOODの在り方とは? RED STUDIOS HOLLYWOODのラボ施設内では、REDの最新のセンサーMYSTERIUM -Xセンサーを搭載... 続きを読む

[Digital Cinematography 2010]Vol.04 RED の新たなる展開-RED STUDIOS HOLLYWOOD訪問-

RED STUDIOS HOLLYWOODに初潜入! RED Digital Cinema社は最近、オレンジカウンティにある本社とは別に、ハリウッドの中心部に位置する古いスタジオを... 続きを読む

[Digital Cinematography 2010]Vol.01 CINE GEAR 2010レポート デジタルシネマ編

CINE GEAR EXPO 2010レポート デジタルシネマの世界を語るには避けて通れないイベントがこのCINE GEAR EXPO である。今年も昨年と同じく、ハリウッドのメジ... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.06 ハリウッドのスタジオ機構を利用した新たな映画作りへ-STUDIO REVO-