PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]ソニーが国内放送機器ビジネスへの取り組みや出展内容の説明会を開催
News

[InterBEE2011]ソニーが国内放送機器ビジネスへの取り組みや出展内容の説明会を開催

#SONY #Inter BEE 2011

2011-11-16 掲載

4Kはレンズからリビングルームまで広がっていく

ソニーは11月16日、幕張メッセの国際会議場で国内放送機器ビジネスへの取り組みやInter BEEの出展内容に関する放送機器群やソリューションなどについの説明会を行った。

まず最初にソニーの業務執行役員SVPの根本章二氏から、戦略の近況や今後の展開について説明を行った。映画館では次々と4Kの環境が導入されており、デジタルシネマプロジェクターは累計出荷台数が1万台を突破したことや、欧米のみならず日本でも多数導入されている見通しであることを紹介した。

4Kの制作環境では、8K CMOSイメージセンサーを搭載した4K解像度のCineAltaカメラ「F65」が完成したことや、多くのアライアンスパートナーに参加して高速ファイルベース運用を実現するメモリーストレージシステム「SRMASTER」で4Kのワークフローが構築できるようになったことを紹介した。ソニーは、先日発表した4Kホームシアタープロジェクターも12月に発売する予定で、4Kはレンズからリビングルームまで広がっていることを紹介。「4Kの市場がこれから広がることを信じている」と語った。

sony-happyoukai-01.jpg 戦略の近況や今後の展開について説明を行ったソニーの業務執行役員SVPの根本章二氏 sony-happyoukai-02.jpg 4Kがレンズからリビングルームまで広がっていることをアピール sony-happyoukai-03.jpg SRMASTERの対応製品が充実してきたことを紹介

新製品HDC-2500や有機ELモニタの新ラインナップを紹介

続いて、ソニービジネスソリューションの代表取締役 花谷慎二氏から映像制作のビジネス領域から説明が行われた。最初にXDCAMは導入は一気に加速しているという現状から紹介した。すでに国内地上波100局が採用、ケーブルTVでは210局でトータルで300局以上がXDCAMを採用しているという。特にXDCAMは、既存のテープのオペレーションを維持しながら、順次ファイルオペレーションに移行できることをアピールしていた。また、7月にCMのファイルでの搬入基準が決まり、すでにDXCAMでCMが搬入されている実績もあるという。さらに、スタジオカメラが7年ぶりにリニューアルした新製品を発表。プログレッシブCCD&DSPや16ビットA/Dコンバータ、標準2倍速スローモーションを搭載した「HDC-2500」を紹介した。

シネマ領域では、他社からはすでに4K対応のカメラが発売されていて、「ソニーはプロジェクターはあっても、カメラはない」といわれていたが、CineAltaカメラ「F65」の発売でトータルソリューションとして提供できるようになったことを紹介。撮りから記録、加工、上映まで4Kで実現できるようになったことをアピールした。「F65」は、この領域でもファイルベースを念頭において開発されていて、F65の4Kを生で録画する半導体のポータブルレコーダー「SR-R4」で、違和感なくファイル化へのブリッジが実現できる。その後は、既存のコンピュータを使った編集などに入る部分もアライアンスパートナーを結ぶことによってスムーズにファイルオペレーションに入れるという。

モニタの新製品としては、25インチと17インチの有機ELモニタの新シリーズがあることを紹介した。従来から放送領域やシネマの領域の最上位機種としてEシリーズを発売していたが、新しく発表されたFシリーズは放送領域に特化したモデルで、「汎用的に使われているPVM」、「新製品のFシリーズ」、「トップエンドのEシリーズ」の3種類で拡充を狙っていくとこと。有機ELに関しては、プロ用の領域でフルスイングで更なるラインナップの拡充を計っていくという。

世界中の放送局から要求を受けているというアーカイブは、テープは耐久性はあるがメインテナンスが必要という制約をなくしたものとして、ワンパッケージの中に光ディスクを12枚入れて、11.5TBまでの容量をカバーしたメディアを開発中であることを紹介した。今回はデッキを含めてデモを展示しているので実機をみてほしいとアピールした。

最後に会場のブースを紹介した。展示の面積は昨年と同じで、HDC-2500やF65もカメラも展示されているという。今回は、「見て納得感のある商品が多いので、ぜひ実際にごらんになってほしい」「HDを超えた領域で4Kワールドを確立するとともに、導入可能な範囲での価格設定でどんどんと拡販につとめていきたい」とアピールした。

sony-happyoukai-04.jpg 新製品について紹介するソニービジネスソリューションの代表取締役 花谷慎二氏 sony-happyoukai-05.jpg 国内の地上波局でXDCAMを導入した局が100を超えたことを紹介 sony-happyoukai-06.jpg 新開発のCCDやDSPなどを搭載した放送用HDスタジオカメラ「HDC-2500 sony-happyoukai-07.jpg CineAltaカメラ「F65」やポータブルレコーダー「SR-R4」をアピール sony-happyoukai-08.jpg 他社ノンリニアシステムなどでも使用できるアライアンスパートナーを紹介

[ Category : , , ]
[ DATE : 2011-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.09 ソニーFX9ファームウェアVer.2.0発表。カメラマン田村雄介氏がFX9企画・設計者を直撃!

txt・構成:編集部 5Kサイズスキャンによる4K60P記録やフルHD180fps撮影などを機能拡張 ソニーは2020年5月1日、XDCAMメモリーカムコーダー「FX9... 続きを読む

[Shoot with Vlog cam]Vol.02 ライブ配信ディレクター視点でみたSony「VLOGCAM ZV-1」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 ソニーから登場したVlog専用機「VLOGCAM ZV-1」を試す 2020年6月19日にソニーから発売された「VLO... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:ソニー編

動画レポート ■映像制作ソリューション最新動向 Part01 ■映像制作ソリューション最新動向 Part02 製品レポート ... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]4K60p撮影に対応した小型リモートカメラ「SRG-XB25」「SRG-XP1」

「SRG-XP1」 動画レポート ■Part01 ■Part02 固定型(非旋回型)4K60P対応の小型リモートカメラ 「SR... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]ソニー「映像制作ソリューション最新動向 Part01」

NAB2020で展示予定だったプロダクトをご紹介するコーナー。ソニー社から「映像制作ソリューション最新動向」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]ソニー「映像制作ソリューション最新動向 Part02」

NAB2020で展示予定だったプロダクトをご紹介するコーナー。ソニー社から「映像制作ソリューション最新動向」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]ファイルベースワークフローのクラウドとAI最新動向

動画レポート ファイルベースワークフローのクラウドとAI ファイルベースワークフローのクラウドとAIについて紹介しよう。ファイルベースのワークフローに関... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]IP Liveプロダクションシステムの最新動向

動画レポート IP Liveプロダクションシステムはワールドワイドで100システム以上を受注 ソニーのIP Liveプロダクションシステムの最新動向を紹... 続きを読む

[再現NAB2020:ソニー]カメラやポストプロダクション関連製品の機能向上アップデート

動画レポート PXW−Z750にHDR/SDR同時制作をサポートする機能追加 ソニーに、NABで公開予定だった映像制作ソリューションの最新動向につい... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2011]ソニーが国内放送機器ビジネスへの取り組みや出展内容の説明会を開催