PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow]Vol.04 オリジナリティ重視の撮影スタイルを求めて
News

[Digital Cinema Bülow]Vol.04 オリジナリティ重視の撮影スタイルを求めて

#Digital Cinema Bülow

2012-06-20 掲載

この10年、制作ツールのデジタル進化によって撮影スタイルにも様々な変化が生じている。カメラもデジタルカメラが一般的になり、筐体も小型でフィルムカメラに比べて取り回しもしやすくなったことで、新しいアイディアの特機や周辺機材の工夫から個性的な撮影が誰でも出来るようになってきた。EOS 5D MarkⅡの出現やGoPro HD HEROなどの登場でその幅がまた大きく広がったが、それらで撮影されたフッテージがプロ・コンテンツにも実際に活かされるようになって、新たな特機や周辺機材を考案する人自体が増えたことも明らかだ。またこれまでの特機というジャンルに当てはまらない個性的なアングルや画角、フレーミング・ポジションなどからの映像も見受けられるようになっている。Cine Gear Expoには毎年、そんなオリジナリティを活かした撮影を可能にする特機が出品されるのも楽しみの一つだ。今年もまた新たなメーカー、製品、アイディアが軒を連ね、映画製作者のクリエイティブマインドを刺激していた。

エアリアルシューティン

CGE04_a_RADFLIGHT.jpg

このところ多くの展示会で一番人気を呼んでいるのがこのラジコンヘリによる撮影システム。最近はスポーツイベントなどで大型クレーンや長距離スライダーでは撮影不可だった、極端なクレーンアップ風の映像などを目の当たりすることも多くなったが、その映像の張本人がこれだ。先に行われた韓国のKOBAショーでも何社か韓国メーカーのモノも展示されており、いまや世界中の様々なメーカーから多種多様な製品が出ているようだ。

CGE04_b_REDBARON.jpg

仕組みは4枚〜8枚のプロペラ駆動でジャイロシステムを積んで安定した飛行が可能なラジコンヘリである。Unmanned Aerial Vehicles(UAV:無人飛行装置)とか、FLIGHTING ROBOTやQUADCOPTERと呼んだりと名称は様々あるようだが、Cine Gear Expoで話題となっていたのはRADFLIGHT社のRED EPICを搭載して空中撮影が可能なその名も『RED BARON』。8枚のプロペラ駆動でかなりの高度(安全操縦の圏内は4〜400 ft=約1.2m〜122mまで)まで上昇可能でGPSによるコントロールもできるという。価格は仕様によって様々で、この現行最大クラスの仕様だと200万円くらいだとか…。

LEDビッグライティングの進化

CGE04_c_airstar.jpg

今年のCine Gear Expoのプラチナスポンサーでもある、Airstar Film Lights社は、1997年からバルーンライトを専門に製造販売しているライティング機器メーカーだ。現在35カ国の映画撮影現場等で使用されているという。毎年、Cine Gear Expoのエキシビションでは、初日が夕方の4時から夜の9時、2日目は朝9時から夕方5時という変則的な開催になっているが、夜の時間帯に展示時間を設けているのは、屋外でのライティング効果を実際に見せる為の配慮でもある。

CGE04_d_spaceinvader.jpg

今回Airstar Film Lightsの新製品は四角いライティング天井となる「Ceilair」、そしてもう一つは会場内で一躍注目を浴びていたその名も「Space Invader(スペースインベーダー)」!直径5mはあろうかという巨大な円盤状のバルーンライトがオールドNYシティのど真ん中に登場。同社でも過去最大級のバルーンライトだそう。その下では各種ドリンクが楽しめる”Cine Gear Bar”が夜遅くまで開店していた。

ZACUTOから新発想、トルネードグリップ登場!

CGE04_e_ZACUTOTornado.jpg

2000年にシカゴの機材レンタル&機材販売会社としてスタートしたZACUTO。Jens Bogehegn、Steve Weiss、Mandy Rogersという、ビデオ、写真、フィルムのジャンルで長年活躍して来た3人のベテランデザイナーによって設計されているパーツ群は、すでに世界のスタンダードとなっている。DSLRムービーの隆盛以降、さらに各地の展示会でも常連で老舗の貫禄を見せているが、そのZACUTOも展示会ごとに新製品を出してくる。

CGE04_f_ZACUTO.jpg

今回はキヤノンC300用のリグシステム「C300 Recoil」と、そのセットモデル内でも使用されている、手元でフォローフォーカスコントロールが可能なカメラグリップ&コントローラー「Tornado Grip」。その名の通り竜巻というか、巻貝のような形状のラバー製グリップで握りも良く、しっかりとフィット。またグリップ上部にダイヤル式のフォローフォーカスが付いている。先のNAB 2012でVideomaker誌から、Best of NAB 2012/Best Support Awardを受賞していたが、デザインも機能もユニークな製品だ。いずれもまだ試作段階で価格と発売時期は未定。

今年のトレンド、ワイヤレスモニター

CGE04_g_iKan.jpg

今年は会場の随所でワイヤレスモニターを見かけた。ロケ現場でカメラが小さくなるとどうしても難しいアングルからの撮影が求められてくる。その中でディレクターはもちろん各スタッフが映像を確認するためのモニターは場所を選ばない物が望ましい。ikanの「MR7 Director’s Kit」は、7インチのHD液晶パネルを要した収録機能付きMR7モニター(2K入力、HD-SDI、HDMI、CVBS)に上部等にワイヤレストランスミッター(別売)を装着できる優れもの。内部メモリーは4GBだがSDカードスロットがあり、SDカードへの収録で32GBまで拡張可能だ。ikanからはもう一つ、リアルカチンコにiPadをはさみ込んで、リアルカチンコの”アクション!”に反応してiPadのカチンコソフトが動く新製品なども展示。

高品位NDフィルターの進化は日本企業

CGE04_i_TrueND.jpg

すでに国内で発表されているので日本ではお馴染み、三友が開発したNDフィルター『TRUE ND』がCine Gear Expoにも登場。蒸着製法を採用しカラーシフト(色転び)がほとんど無く、高精度の透過率で正確な色再現を実現するNDフィルター。濃度の高いNDを使用する際でも赤外領域750nmまでフラットな透過率を維持できる。ND濃度は0.3/0.6/0.9/1.2/1.5の5種類。サイズと価格は4×5.65で6万円、6.6×6.6は8万円で国内販売。海外での販売はBandProから。

txt:石川幸宏/猪蔵 構成:編集部
Vol.03 [Digital Cinema Bülow] Vol.05

[ Category : ]
[ DATE : 2012-06-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow]Vol.04 オリジナリティ重視の撮影スタイルを求めて