PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.01 CineGear Expo レポート1〜カメラ・レンズ関係編〜
News

[Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.01 CineGear Expo レポート1〜カメラ・レンズ関係編〜

#CINE GEAR EXPO #Report NOW! #cinegear

2014-06-13 掲載

変化するCineGear Expoの客層

昨年は12,500人の来場者があったCineGear Expo。毎年訪れる度に気になるのは撮影スタイル自体の変化だったが、今年は訪れる客層に少し驚かされた。映画やテレビ撮影の関係者よりも明らかにコンシューマーや学生、そして業務系などの来場者が増えたことだ。毎年出展されるメーカーの方に聞いても、こんなに人が多いCineGear Expoは初めてで、3つある駐車場が初日の開場時間にはすでに満杯で入場できないといった状況になった。

また別な動きとして、新製品は出る物のその回転率が早く、ハリウッド近郊にあるプロショップやレンタルハウスは軒並み売り上げを落としており、各店舗とも在庫を持たず、ネットショップ対応の倉庫は地方へ移転、といった方針に変わってきているという。これは近年ハリウッドではすでに撮影を行わなくなった(海外や地方等の撮影費の安いところへ移動)ことに要因が有るようで、相次ぐ市場の変化にCineGear Expo自体の存在価値も変わってきている。ハリウッドの映像産業の構造が少しずつ変貌しているのは間違いの無い事実だ。それでも、今年の会場ではロジャー・ディーキンス氏などの著名なアカデミー受賞の撮影監督も何人か見かけられ、映画の都の雰囲気は充分に味わえる。

映画撮影自体がそれほど激変した年というのは、DSLRムービーの登場による撮影革新で、カメラ市場も激変した2009年を除いては、大きな変化というのは観られず、少しずつ何かが変わっているという印象を受ける。ただし全体的な小型化、軽量化が少しずつ進み、大規模撮影がそれだけ受け入れられなくなった現状も少なからず垣間みえる。そうした機材を制作するベンチャー企業やアジア系企業の進出も著しい。

カメラ・レンズ関係のここ近年のトレンドとしては、新たなアナモフィックレンズやプライムレンズの登場だろう。デジタル撮影になってからセンサーサイズの大型化が進み、一方でポストプロダクションにおけるデジタルワークフローが進化・確率されてくる中で、レンズの表現こそが撮影現場のクリエイティブが活かせる唯一の領域と言えるのかもしれない。

カメラ・レンズ関連

■KOWA
CGE2014_01_01.jpg

産業用レンズ等も手がける日本企業、KOWA(興和光学)がCineGear Expoに初出展。これまで主に顕微鏡、望遠鏡や産業用光学機器に使用するCマウントレンズを作ってきた同社が、昨年のInterBEEで参考出展されていた映画撮影用にも使えるマイクロフォーサーズマウントにも対応した“PROMINAR”レンズシリーズを出展。非常に歪みの少ない8.5mmの超広角から50mmまで6種のラインナップがある。発売はPhotokinaの時期(本年9月中旬)を予定しているようだ。

CGE2014_01_02.jpg

こちらもKOWAのブースに展示され、昨年から発売されているiPhone5用のPhotoレンズアダプター「TNS-IP5」。iPhone5に付属しているイヤホンの「+」ボタンでシャッターを切ることができ、望遠撮影時の手ブレ軽減機能となっている。

■RADIANT IMAGES
CGE2014_01_03.jpg

昨年のCineGear Expoで発表され話題を集めた、RADIANT IMAGESのNOVO。GoPro HD3をベースにしたカメラユニットで、今回は「NOVO STABILIZED」と称した、3軸ジンバル型の両手ハンドル型スタビライズシステムも登場。

■池上通信機
CGE2014_01_04.jpg

池上通信機が昨年発表して話題になった、ARRIと共同開発の35mm大判センサー搭載カメラ「HDK-97ARRI」を持って、CineGearに初参戦。海外ではTVドラマ系などでかなり売れ行きも好調だそうだ。

■VANTAGE
CGE2014_01_05.jpg CGE2014_01_06.jpg

アナモフィックレンズ専門のレンズブランド、HAWKSのメーカーであるVANTAGE(独)から、T値=1を実現した、「VANTAGE ONE」シリーズを出展。17,5mmから21、25、32、40、50、65、90、120mmまでの9本のシリーズセットがラインナップ。フルセットの価格はおよそ3,000万円ほどだそうで、昨今のデジタルカメラによるマーケティング重視の製品作りとは、まさに真逆の発想で作られた、本格シネマトグラファーのためのプライムレンズ。

■Focus Technologies
CGE2014_01_07.jpg

このところ進化が著しいレンズフォーカスシステムの世界。4K OVERがスタンダードになった撮影現場では、やはりフォーカスの問題が大きな比重を占めている。Focus Technologiesの「The Sniper MK III」は、この10年で3世代目を迎えるレンズフォーカスシステム。カメラ上部に取り付けられたレーザーユニットのレーザー照射により距離を測定。MK IIIの最大の特徴はそのスピードだそうだ。またディスプレイは新開発のOLEDを採用。プロパッケージの方には新開発のビームスプリッター(5°と17°)が同梱され、さらにフォーカスを正確に追尾可能。

■スコルビオ
CGE2014_01_08.jpg CGE2014_01_09.jpg

SCORPIO HEADで有名なスペイン・バルセロナのメーカー、スコルビオが出した「scorpiolens ANAMORPHIC 2x」アナモフィックレンズシリーズ。20mm~300mmまで14本のラインナップ中、25mm~135mmまでの9本がT2の絞り値を有する(他はT2.8〜3.2)。価格もARRI等の他メーカーに比べればかなりの低価格のようで、すでに日本の販売商社との取引もあり、出荷され次第日本の現場でもお目見えしそうだ。

■True Lens Services
CGE2014_01_10a.jpg

最近GL OPTICS(中国)などのEFスチルレンズをモディファイするメーカーも出て来たが、ハリウッドでは以前からある、オールドスチルレンズにシネマレンズの筐体を被せた、いわゆるモディアファイレンズのメーカー、英国のTLS(True Lens Services) OPTICS。手前はCOOKEのSpeed Panchroレンズにシネマレンズスタイルをモディファイした18mm~100mmの新バージョン。奥のズームレンズはなんとNikonのズームレンズがベースになっているそうだが、周知の通りニコンレンズがズームやフォーカスリングの操作の回転向きだが、映画用レンズやEFレンズ等とは逆。このギアを逆向きにする特殊な改良も加えて、シネマレンズ用にあわせている点もユニークだ。

CGE2014_01_11.jpg

これもTLSのカラーのPLレンズキャップ(全6色)。ポリカーボネート製で衝撃に強く、カンパニーロゴなどの名入れも可能。レンズの数が多くても一目で分かる安心グッズ。

■キヤノン
CGE2014_01_12.jpg

キヤノンはNABで発表した、ドライブユニット付きEFシネマレンズ「CN7×17 KAS S / E 1」「CN7×17 KAS S / P 1」をEOS C500とともに展示。オンセットによる4Kワークフローデモも行われていた。

■ARRI
CGE2014_01_13.jpg

ARRIのブースでは、ALEXA、AMIGAなどのカメラ展示とともに、やはりアナモフィックレンズなど、レンズ群に注目が集まっていた。写真は昨年発表のウルトラワイドズームレンズ 9.5-18mm T2.9。ARRIのYouTubeチャンネルでも、このレンズのデモ映像が公開されている。

■OVIDE
CGE2014_01_14.jpg

スペインのバルセロナにあるOVIDE社の「SMART ASSIST HD2」は、QTake HDソフトウェアベースのビデオアシストのオールインワンシステム。22インチモニターのタッチパネル操作によりキーボードやマウスも必要なく、グリーンバックなどの合成撮影の際のオンセットでのビデオコントロールとメタデータ管理を効率化。またIDXのVマウントタイプのバッテリーが2個装着可能で、屋外ロケでのバッテリー駆動にも対応する。iPadでのプレイバックも可能。

txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.00 [Digital Cinema Bülow 2] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2014-06-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.01 CineGear Expo レポート1〜カメラ・レンズ関係編〜