PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE 2014]Vol.04 まだまだあるぞ新製品。今使う最新製品たち

News

[QBEE 2014]Vol.04 まだまだあるぞ新製品。今使う最新製品たち

2014-07-07 掲載

txt:黒田伴比古 構成:編集部

ひきつづきお伝えしていく九州放送機器展。HD放送が始まっておよそ10年。放送局やプロダクションは設備更新の時期を迎えている。となると4Kがどうのというよりも、今使う製品が必要となってくる。今あるニーズを拾い上げる、新たな機能を追加する、さまざまな形で答えを出した製品が九州放送機器展にはあふれていた。

朋栄 | ファイルベースソリューションを担う新製品群

QBEE2014_02_FOR-A_0311b.jpg QBEE2014_02_FOR-A_0504b.jpg QBEE2014_04_FOR-A_0515b.jpg

放送局のファイルベースに向けた製品のほか、テロップシステム、スイッチャーなど放送にかかわる数多くの製品を展示した朋栄では、新製品のマルチチャネルビデオサーバMBP-500VSを核としたインジェスト、送出システムのほか、LTO-6に対応したアーカイブ向けLTOサーバLTS-60のほか、滑らかなフレームレート変換を実現するPremiere Pro対応のプラグインソフトウェアFRC Premiere Pro Export Plug-inやテロップシステムの紹介など幅広い展示が行われた。

QBEE2014_02_FOR-A_0498b.jpg

なかでも多チャンネルビデオサーバーMBP-500VSは4系統の入出力を装備したビデオサーバーで、たとえばインジェスト用に2入力、送出用に2出力のような構成で、インジェストしたファイルを編集した後編集済みのファイルを同製品に転送、送出ポートから送出するといったファイルベース化を一台で実現している。

QBEE2014_02_FOR-A_0513b.jpg QBEE2014_02_FOR-A_0512b.jpg QBEE2014_02_FOR-A_0510b.jpg

そのほか、フローベル社の高感度ハイビジョンカメラHBC-3600を展示。1ルクス程の暗闇で色情報を失うことなく撮影できるというデモンストレーションを実施。優れた高感度性能で、セキュリティ用途や報道用途などで提案していきたいとしている。

黒田’s eye | これは見逃せない!キラリと光る逸品たち

およそ3,500平方メートルの広さの福岡国際センター1階に100以上のブースが並ぶ九州放送機器展。その会場で筆者の目に留まった気になる製品・サービスたち。書き漏らすには惜しいので、ここにまとめて紹介させていただこう。

■リーダー電子
QBEE2014_04_Kuroda_0435b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0428b.jpg

リーダー電子のブースには、QuadSDI入力による4K対応のマルチ波形モニターLV5490が登場。本体の液晶パネルはフルHD、SDI出力から外部HDモニターに測定画面を出力することもできる。表示領域は従来製品の田の字配列だけでなく、USBマウスを接続して表示領域を変更することができる。

■IDX
QBEE2014_04_Kuroda_0412b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0418b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0419b.jpg

IDXブースでは、開発中の無線LAN映像伝送システムCW-F25を展示。外部アンテナをレシーバーに装着すると、見通し2km程度の伝送が可能。また、一方向の伝送だけでなく、リターン映像、インカム系統の送り返しもできる。年内の商品化を目指している。

■アストロデザイン
QBEE2014_04_Kuroda_0440b.jpg

アストロデザインブースで見かけたのは、放送局が大きな災害により放送局~送信所のSTL回線が途切れて停波することを防ぐための、バックアップシステムCX-5540だ。放送TS信号をIP伝送するための装置で、STL回線が断になった場合でもこの製品でIP伝送する設備を構築しておけば、バックアップ回線となりうるというものだ。また、平常時は逆伝送のバックアップ設備としても使用できるという。

■YAMAHA
QBEE2014_04_Kuroda_0489b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0477b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0475b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0486b.jpg

オーディオ系からは、YAMAHAブース。まもなくバージョンアップが予定されているSteinberg社のDAWアプリケーションNuendo 6.5が先行して登場。Nuendo 6.5ではラウドネス処理を効率よく行うため、ラウドネストラック上のトゥルーピーク部分を赤く表示できるようにし、直感的に修正すべき部分を見つけられるようにしたほか、プロジェクト出力時に指定したラウドネス値にノーマライズして出力する機能などが追加されている。

このほかにもアフレコを簡単に収録できるようにしたADRテイカー2.0や、トラックの表示 / 非表示が簡単に行える機能など多くの追加がされている。Nuendo 6.5の追加機能に対応する形で、YAMAHAのDAWインターフェースNUAGEシステムもバージョンアップされて展示されていた。

■ゼンハイザー
QBEE2014_04_Kuroda_0561b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0563b.jpg

ゼンハイザージャパンのブースには変わったサラウンド収録装置が国内初登場。収録するマイクロホンは同社のMKH 8000をベースにしたSPM 8000というマイクロホンをXY配置にしたもの。当然この状態での録音はXYのステレオ録音だが、このXYステレオを同社のEsferaサラウンドプロセッサーSBP 8000に入力させると、5.1chサラウンドとして出力できるという。音場設定などはPCから設定する。価格は80万円程で、手間をかけずにサラウンド収録を行いたい地方局やプロダクションに提案したいとしている。

QBEE2014_04_Kuroda_0569b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0565b.jpg

また、NEUMANNの新型コンデンサーマイクロホンTLM107は、PAD、ローカット、5つの指向性を持ったマイクロホンだが、LEDが点灯する十字のナビゲーションスイッチで切り替えるというこれまでにない操作性のマイクロホンになっている。

■ディストーム
QBEE2014_04_Kuroda_0348b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0344b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0345b.jpg

ディストームのブースにはNABで発表されたばかりのNewTek社製のインスタントリプレイ装置3Play 440が初登場。4ch入力2出力のリプレイ装置で、T字バーで再生スピードを調整できる。スポーツ競技中継のリプレイ装置の選択肢が広がる製品だ。ディストームといえば、同じくNewTek社のオールインワン映像制作ストリーミングシステムのTriCasterシリーズがおなじみだが、この商品と似て非なるシステムをジャパンマテリアルのブースで見つけた。

■ジャパンマテリアル
QBEE2014_04_Kuroda_0553b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0554b.jpg QBEE2014_04_Kuroda_0558b.jpg

オランダVidiGo社のVidiGo Liveは、タッチパネル液晶もしくは、操作パネルでビデオスイッチャー機能やオーディオミキサーを直感的に操作できるトータルスイッチャーだ。Adobe Flashグラフィックスを素材として使用できるほか、配信制作を得意とするTriCasterに対し、VidiGo Liveは放送に重きを置いたオールインワンスイッチングシステムだという。さらに各機能をコントロールするAPIが公開されているので、自動化アプリケーションなどの開発がユーザーでも可能だという。昨年のInterBEEから取り扱いを開始したそうで、九州には初お目見えだそうだ。

黒田的九州放送機器展2014総論

九州放送機器展を訪れる来場客は、放送・映像関係者や地場企業、学生などさまざまだ。2600名あまりの来場客の中にはご挨拶程度に主要なメーカーだけを見て帰ってしまう人も少なくない。だが、九州放送機器展は小さなブースがたくさんあることを思い出してほしい。実はそこにこそ役に立つ、ニーズにかなう製品があふれているということを筆者は来るたびに実感している。レポート冒頭、九州放送機器展はAfter NABの色合いが濃くなっていると筆者は論じた。確かに海外で行われるNABで華々しくリリースされた製品たちが国内にやってくる。それも国内では比較的早い段階でだ。そのため、そこにどうしても目が行きがちなのだが、ぜひ来年は小さなブースの奥に潜んだお宝を見つけてほしい。


Vol.03 [QBEE 2014] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-07-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [QBEE 2014]Vol.04 まだまだあるぞ新製品。今使う最新製品たち