PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.02 4K実用化時代のためのニューテクノロジー案内
News

[IBC2014]Vol.02 4K実用化時代のためのニューテクノロジー案内

#IBC #Report NOW! #IBC2014

2014-09-18 掲載

4K・8Kの高解像度化に伴い、いわゆる大容量データ運用が必須とされる数年後、放送局を含めて、IPベースもしくはそれに変わる新たなコネクティング技術によるプロダクションシステムの再設計が当然ながら必須になってくる。

問題視されているものは沢山あるが、例えばそのケーブル量の比較が分かりやすい。4K中継車に必要となるケーブルの総長数は、従来のSDI・BNCケーブルで引き回したとすればなんと268kmになってしまう。

しかしこれをIPベースで置き換えるとわずか11kmの総長数で済むといわれている。しかしまだデータ遅延の問題等は残っており、従来のベースバンドの使い勝手をそのまま踏襲するレベルに至っていないことも確かだ。乗り越えなければならない技術的な壁も少しずつ改善されている状況にある。

また、解像度以外の高画質条件、「色域」「フレームレート」「ダイナミックレンジ」についてもこれからの4K・8K=高画質化へ向けて、避けて通れない道でもある。これらを満たすための技術開発がようやく一般ユーザー向けに表面化してきたことも今回のIBCの大きなポイントだろう。

Canon | カラースコープでのBT.2020撮影の体験コーナー

IBC2014_02_CanonBooth

「アリス・イン・ワンダーランド」をテーマにした、今回のキヤノンブース。目立った新製品は無かったものの、先頃発売された業務用HDビデオカメラXF205・XF200(海外のみ発売)も展示。

IBC2014_02_CanonXF205

欧州でも回転グリップとIS機能が人気のようで、放送局系の取材用小型カメラとして導入が進んでいるという。

IBC2014_02_CRAWa

CINEMA EOS関係では、NABで参考技術として紹介されていた、キヤノンCinemaRAW Developmentの最新バージョンv.1.3で、インテル社の最新GPU、Iris Pro Graphicsが搭載されたラップトップPCで、RAWディベイヤーも高速になり、さらに4K RAWデータの24コマのリアルタイム再生(コマ落ち無し)が可能になった。

IBC2014_02_CRAWb

もう一つの大きな話題は、EOS C500と4Kモニターの最新ファームアップで、特に4K試験放送に採用された放送規格、ITU-R BT.2020の色域で映像収録が可能になり、また業務用4Kディスプレイ、DP-V3010との連携により、映像の入力から出力までネイティブで同色域をサポートしている。

IBC2014_02_CanonCG

今回のブースではこれをカラーグレーディングシステム(DaVinci Resolve)でグレーディングした結果を、4KモニターによるRec.709との色域の違いの比較として見せたり、実際にEOS C500撮影デモにおけるカラースコープでのBT.2020撮影の体験コーナーが設けられていた。

IBC2014_02_Canon2020

実際に各種スコープ等では、Rec.709の色域をはみ出す部分も収録されていることが確認できる。4K高解像度では、解像度のアップに伴い、この色域拡張も重要な要素になってくるだろう。今回のデモでは、色域のみが拡張されたわけだが、モニターで確認できる映像は、人間の目の視認ではダイナミックレンジも広くなったように感じられた。

Dolby | ドルビーが放つ映像技術、Dolby VisionとDolby 3D

IBC2014_02_DolbyV

本特集の冒頭でもお伝えした通り、ドルビー社が開発中のDolby Vision。今回のメインテクノロジーとして同社ブースでも従来のTV(Rec.709)との比較上映をしていた。

Dolby Visionは高解像度時代において本来の高品質な映像を各家庭にまで届けるための、より具体的なテクノロジーとして注目を集めているが、同社がお得意とするライセンスビジネスが、現在のネット中心の映像配信になったときに、配信側と受信側(一般ユーザー)がどのように参加・取得できるのか?また他企業の同じような新技術も当然ながら出てくる訳で、果たしてどこまで参入し、または他の企業のテクノロジーとどれほど差別化できるかは不透明だ。

この分野もドルビーがいまの時点では一歩先を走ることになったが、これからの群雄割拠に暇が無い。

IBC2014_02_Dolby 3D

ドルビー社のもう一つのトピックは、裸眼での3D視聴技術である。数年前の活況がウソのように、展示会場を見渡しても3Dに関する展示はほんのわずかになってしまった。今回は表示側の技術だが、実はドルビー社のように粛々と開発を進めている企業もある。

会場のドルビーブースでは、上映コンテンツとしてオリジナルのデモに加えて、ディズニー作品「アナと雪の女王」、トム・クルーズ主演作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、「スタートレック2」の一部が3D上映されていたが、偏光3Dグラス等を必要とせずに鮮明な奥行き感のある映像が観賞できる。実際に観てみると、3Dグラスを掛けたときのような飛び出し感覚は少なく、むしろ奥行き感が増したという印象だ。この技術であればどこでも誰もが3D映像を不自然さなく楽しめる時代が来るかもしれない。

JVCケンウッド | 3軸ジンバルシステム「MT-GB001ジンバルシステム」に注目!

IBC2014_02_JVCSupport

こちらもNABで発表した3つの4Kcamシリーズを全面にアピール。シネマ・TV向けの大型4Kカメラ「GY-LSX1」はまだ試作段階でモックアップのみの展示。小型ハンドヘルド型のハンディ4Kカメラ「GY-LS300」は実機1台を参考展示。

IBC2014_02_JVC_GY-LSX1 JVC GY-LSX1は、試作段階でモックアップのみ IBC2014_02_JVC_GW-SP100 小型カメラヘッドとレコーダー部が独立したGW-SP100 IBC2014_02_JVC_GYLS300 ハンディ4KカメラGYLS300

3種のうち最も力を入れているのは小型カメラヘッドとレコーダー部が独立した「GY-SP100」だ。NABのときにもあった3軸ジンバルシステム「MT-GB001ジンバルシステム」はさらに発展型が展示されており、リモートコントロールユニットで遠隔操作が可能になるなど、進化の度合いが伺われる。

IBC2014_02_JVC4KGIMBAL 3軸ジンバルシステム「MT-GB001ジンバルシステム」

JVCケンウッドが今回もう一つ大きく力をいれていたのが、IP中継システムだ。特に新しい通信技術や新型ソフトウェアを積極的に取り入れている点に好感が持てた。新しいGY-HM650 3.0には次世代の高品位パケット伝送の実現する話題のソフト「Zixi(ジクシー)」がメーカー系カメラとしては初めて実装された。ブースではその実演デモも行われていた。

IBC2014_02_JVCZixi

Zixi | 多くの企業との提携、映像配信向けのソフトウェアZixi

IBC2014_02_Zixi

そのZixiだが、次世代のネット系、通信系テクノロジーを一同に集めた14ホールに出展。Zixiは、イスラエルの開発本拠地とし、会社自体は米国籍の企業。インターネット等における、レイテンシー(遅延)やパケットロス(データ欠損)、ジッター(映像音声乱れ)を解決し、IPネットワークに放送品質の配信および伝送を実現させる次世代の映像配信向けのソフトウェアシステム。

スポーツ中継やライブイベント、企業イントラネットでのエンタープライズ映像配信などにおいて、通常IPネットワーク通信に使用されるTCP / IPプロトコルの仕様特性によって、レイテンシーやパケットロス、ジッターが発生する不安を伴うが、会場デモにおいても通常見られるパケットロスによるモザイクノイズなど、ほとんどロスは見られない。これまでは安定性と品質を高めるためには専用回線や衛星回線など高コストな手段が必要だった。

仕組みとしては、いわゆるルーターやスイッチングハブなどに使用されるQoS(Quality of Service)を、ビデオストリーミングのエンコードする側とデコード側に各ソフトで提供するというもの。そのためラップトップPCやクラウドでも使用できるというまさに目からウロコというべき発想で、安定した配信や伝送を可能にする革新的ソリューションだ。このZixiは、放送品質のIPビデオストリームの配信用途で既に100社以上の導入実績があり、そのスケーラビリティと自由度のある運用が魅力となっている。また今後の4KによるIP映像配信でも有効だと言う。

IBC2014_02_ZixiPartner

先のJVCケンウッドをはじめ、すでにTeradek、Livestream、Telestreamなどのメジャー企業がパートナーとなっており、このIBCでは、「Innovation Award / Technical Partner of Winner」を獲得している。さらにこのIBC発表では新たに、Akamai、harmonic、VITEC、Microsoft(Microsoft Azure)、NewTekなどビッグネーム企業が名を連ねていることからも注目すべきテクノロジーであることは一目瞭然で今後の動向にも注目だ。日本ではDPSJが販売代理を行っている。

IBC2014_02_ZixiCEO Innovation Award Technical Partner of Winnerを獲得した、Zixiのプレジデント / ファウンダーのIsrael Drori氏

Grass Valley | 4K対応ノンリニア編集ワークステーションHDWS-4K

IBC2014_02_GV_EDIUS

日本で先行発売している4K対応のノンリニア編集ワークステーション、HDWS-4Kは、欧州や諸外国でも、スムーズなリアルタイム処理等に評価が集まり、これから具体的な導入時期の検討に入っているという。

前回のEDIUS Pro 7.3では、XAVC Sなど最新カメラの最新コーデックへの業界最速対応は、もはやEDIUS開発陣のこだわりだ。次期バージョンが楽しみだ。

また最近ノンリニア業界で流行になりつつある、ソフトのサブスクリプション(定時課金制:適宜自動アップグレード)については聞いてみると「一部のパワーユーザーなどに特化した場合以外、ユーザーのビジネスパートナーに直接的に弊害を及ぼす可能性や、日常の使用頻度が低いユーザーもあることから、いまのところ総合的にメーカーにとってもユーザーにとっても具体的メリットが見いだせない」という見解を得た。

現状、4K対応や新フォーマットの出現度合いが非常に多く、よってNLEのバージョンアップ頻度も非常に頻繁であることもあり「サブスクリプション化を行う予定はない」とのことだ。



txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.01 [IBC 2014] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-09-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.02 4K実用化時代のためのニューテクノロジー案内