PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.01 4Kハンドヘルド時代到来。ソニーとパナソニックから
News

[CES2015]Vol.01 4Kハンドヘルド時代到来。ソニーとパナソニックから

#Report NOW! #CES2015

2015-01-06 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

お正月はCESから始まる

年明け2日から米国である。毎年1月に行なわれるCES取材のためである。現地時間の本日5日は、明日からの会期を前に、各社のプレスイベントが行なわれた。元々CESはコンシューマ家電のショーだが、最近は業務ユーザーもコンシューマ機を上手に使うことで機材費を下げ、利益率を上げることが当たり前となっている。またここからプロ機のトレンドを予測することもできるわけだから、コンシューマの情報も知っておいて損はないだろう。今回はプレスカンファレンスで発表された製品の中から、4Kカムコーダをいくつかご紹介したい。

Sony | 4KハンドヘルドFDR-AX33と4KアクションカムFDR-X1000V

CES2015_01_sony01プレスカンファレンス冒頭であいさつする平井一夫CEO

ソニーのコンシューマ機は、これまで4KではFDR-AX1、FDR-AX100、α7Sの3モデルがあった。4KハンドヘルドとしてはFDR-AX100が業界一番乗りであったものの、それ以前のHDカムコーダで好評だった空間光学手ぶれ補正、いわゆる“ギョロ目君”は採用されなかった。

一方今回発表された4KハンドヘルドFDR-AX33は、4Kながら空間手ぶれ補正を採用、さらに体積で約30%、質量で20%の小型軽量化を実現した。レンズはZEISSバリオ・ゾナーで、29.8~298mm(35mm換算)/F1.8~3.4の光学10倍ズームを搭載。センサーは1/2.3型1890万画素のExmor Rで、超解像ズーム併用で15倍となる。絞りは6枚羽根の虹彩絞り。

CES2015_01_sony024Kハンドヘルド「FDR-AX33」

実際に持って見ると、全長が短い事もあって全体的にコロッと太ましい感じで、スマートな印象には欠ける。ただ作りのテイストはいつものソニーで、大きく奇をてらったところはないが、使いやすくまとまっている。なにしろ軽量なので拍子抜けするが、空間光学手ぶれ補正と組み合わせて、ハンディ撮影では重宝しそうだ。

ただし記録は3840×2160/30pもしくは24pとなり、60pはサポートしない。記録フォーマットはXAVC S100Mbpsと60Mbpsとの2段階。

もう一つ登場したのが、4K撮影が可能なアクションカムFDR-X1000Vだ。これまで4K撮影可能なアクションカムは、GoPro Hero3/Hero4 Black EditionとPanasonic A500が先行していたが、ようやくソニーも参戦となった。

CES2015_01_sony034Kアクションカム「FDR-X1000V」

サイズは旧来モデルより若干サイズが大きく(※訂正:調査後、サイズは同じではなく大きい事を確認)、RECボタンの位置が昨年発売されたAZ1同様上に移動したため、以前の防水ケースが使えない。また底部の集合端子もなくなったため、アクションカムをハンディカム化するLCDユニットも使えなくなった。アクションカムシリーズもここで世代代わりすることになりそうだ。

Panasonic | 4KカムコーダHC-WX970とVX870

一方パナソニックも、ハンドヘルドタイプの4Kカムコーダ2モデルを発表した。HC-WX970とVX870は、970が液晶部にサブカメラが付いているが、そのほかのスペックは同等の姉妹機だ。

CES2015_01_panasonic プレスカンファレンスでチラ見せのHC-WX970(写真右)とVX870(写真左)

レンズはライカ・ディコマーで、30.8~626mm(35mm換算)/F1.8~3.6の光学20倍ズーム。超解像ズームでは25倍。センサーは1/2.3インチの裏面照射CMOSで、1891万画素。記録方式はMP4で、3840×2160/30p、ビットレートは最高72Mbpsとなっている。

パナソニックのほうはまだ実機を触る機会がなく、明日以降の会期中でもう少し細かいスペックが確認できると思う。

いずれにしても、コンシューマではまだ4Kカメラは30p止まりというのが現状のようだ。記録フォーマットもMPEG-4ベースで、テレビや通信で用いられるHEVCへの移行は、編集や再生時の負荷を考えるとまだ当分先になるだろう。

4Kハンドヘルドの使いどころを探る

プロユースを考えると、1インチ未満の小型センサーカメラの使いどころはどうしても放送やその周辺が中心になるかと思うが、60pではないところで使いどころが難しくなるのは事実だ。だがIT系の新しいソリューションでは30pぐらいが丁度扱いやすいところではある。

使いどころがうまくはまれば、何かモノが作れるカメラ達ではないだろうか。


txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.00 [CES2015] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.01 4Kハンドヘルド時代到来。ソニーとパナソニックから