PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]銀一ブース:スチル・ムービーの撮影機材を展開。ATOMOS SHOGUNの展示も
News

[CP+2015]銀一ブース:スチル・ムービーの撮影機材を展開。ATOMOS SHOGUNの展示も

#CP+ #銀一 #CP+2015

2015-02-17 掲載

プロ用の写真撮影機材を扱うショップとして歴史ある同社だが、動画撮影機材も扱っており、今回のCP+ではタイムラプス・ビデオ用のモーションコントロール・イメージキャプチャーデバイスや、モニター一体型ポータブルレコーダーATOMOS SHOGUN、液晶面を保護するためのガラスシートGRAMAS Extra Glass、GoPro対応のSteadicam Curve、Libec ALLEX三脚スライダーシステムなどを出展した。

cp2015_GIN-ICHI_0030 Syrp Genie。タイムラプス・ビデオ用のモーションコントロール・イメージキャプチャーデバイス。タイムラプスモードで水平にセッティングされたスライダーで約7時間動作可能。ライナーは最大100cm/24秒、パンニングは最大360°/6秒まで対応可能で最低速度の制限はない cp2015_GIN-ICHI_0025 液晶面を保護するためのガラスシートGRAMAS Extra Glass。表面硬度9H仕様となっており、耐摩耗、耐衝撃性能に優れている。スクラッチ傷を防止しクリアな画面を維持することが可能で、防汚コーティングにより指紋などが付着しにくくふき取りが容易といった特徴をもっている cp2015_GIN-ICHI_0021 モニター一体型ポータブルレコーダーATOMOS SHOGUN。4K(3840×2160)30p/フルHD 120fps記録が可能なほか、HDスローモーション収録にも対応している。1920×1200の7型液晶ディスプレーは正確な色表現が可能で、4K撮影時のフォーカシングにも対応可能。HDMI 4K対応の12G SDI入出力をサポートしており、ゲンロック入力やWi-Fiリモートもできるようになっている。4K収録には高速転送が必要となるが、HDDが2台収納できるRAIDコントローラー内蔵のHDDキャディーがオプションで用意されている cp2015_GIN-ICHI_0031 GoPro対応のSteadicam Curve

[ Category : ]
[ DATE : 2015-02-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]銀一ブース:新製品SteadicamM2を日本初展示

銀一ブース動画 銀一ブースレポート 銀一は新製品のSteadicamM2を日本初展示したほか、今年からディストリビューションを開始したTransvideoの液晶... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」 展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2015]銀一ブース:スチル・ムービーの撮影機材を展開。ATOMOS SHOGUNの展示も