PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2015]Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート

News

[SXSW2015]Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート

2015-03-27 掲載

txt:西村真里子 / 編集部  構成:編集部

世界中のスタートアップが目指す場所でもあるSXSW

SXSWはTwitterやLeap Motionがブレイクした場として世界中のスタートアップが目指す場所となっている。セッションも新しいアイディアを得たり、プロジェクトや会社をスタートするために相応しい内容が多い。その中でもグーグルの研究部門「Google X」プロジェクトディレクターのAstro Teller氏のセッションがスタートアップ企業に対しての心強いエールを送ってくれた。「失敗を恐れずに突き進むべし」。

SXSW_03_ASTRO-TELLER_Imageboard セッション内容は、グラフィックレコーディングされるのがSXSWセッションの特徴。当ボードはAstro氏セッションのレポートである

Google Glassや無人カープロジェクトなど、市場が驚く新しいプロジェクトを指揮するAstro氏。技術の進化スピードに負けずにプロジェクトを打ち出していくことにより技術進化と生活が結びつくと語る彼は「失敗を恐れずにチャレンジすることにより進化は加速する」という。Astro氏の言葉はチャレンジし続けるモチベーション高きスタートアップのみんなに大きな勇気を与えてくれる。立見も出るほどの満席御礼の人気セッションになる理由もうなずける。

SXSW_03_ASTRO-TELLER

新しいチャレンジの場として相応しいSXSWだが、スタートアップの登竜門である「アクセラレーター」プログラムに今年は日本人初ファイナリストまで残ったSIX Inc.のLyric SpeakerがBootstrap賞を受賞した。iTunesなどから音楽を一曲単位で購入できるようになり、音楽を気軽に入手できるような世の中にはなったが、失ってしまったものもある。それは歌詞および歌詞カード。かつてのCDアルバムには歌詞カードがついており楽曲を楽しむとともに歌詞にも心動かされた体験があった。そのエモーションをデジタル時代に再現させるべく生まれたLyric Speakerは音楽フェスから始まったSXSWでも評価を得た結果がファイナリストまで残り受賞するという素晴らしい結果に結びついたのだろう。

SXSw2015_03_six 「アクセラレーター」プログラムでプレゼンを行うSixチーム

企業のリブランディングの場としてのSXSW

「アクセラレーター」プログラムと同様、世界中のVCやメディアに注目されるのに最適な展示会場でも日本のスタートアップブースが一番盛り上がっていたと言われるほど日本勢が元気があった。ウェアラブル、ロボット、ドローン、センサー技術をベースとしたIoT関連のユニークなプロダクトがたくさん紹介されていた日本ブースだが、筆者が注目したのはスタートアップに混ざって展示をしている大企業の存在である。

■富士通「KAMPO ME!」
SXSW_03_KAMPO-ME

デジタルのチカラで漢方の処方を標準化し、誰でも利用しやすいようにと生み出された「KAMPO ME!」は富士通と北里大学が共同で研究しているプロジェクトである。富士通が持つセンサー技術を活用し、全身や脈拍測定を行い最適な漢方処方を施してくれるサービスだ。オーガニックやマクロビティックなどが早く健康志向が高まる米国の人にとても受けていたブースであるが、「富士通」ロゴよりもプロダクトそのものを紹介していたのが印象的だった。

■SONY「MESH project」
SXSW_03_SONY

昨年サンフランシスコで開催されたMaker Fairでも発表されていた電子ブロックMESHも展示されていた。MESHは各ブロックがLEDライト、モーションセンサー、マイク等の機能を持っていてユーザーの好みにあわせてブロックをつなげていくことができるのだが、SXSW展示ブースでは東京大学教授が顧問を務める電子回路技術AgICと組んで出展していた。ブロックを電子回路パネル上に移動させると自分が設定した通りの音が鳴るというデモをしていたのだが、ブース内にはSONY名を出さずにプロダクト、技術そのもので勝負していた。ものづくりに自信がある会社だからこそできる潔さである。

■DMM.makeブース
SXSW_03_DMM-Make

PRONEWSではLiveWedgeで御馴染みのCerevo岩佐氏が紹介するウェアラブル スノボデバイス XON SNOW-1を筆頭に、展示会場入口すぐの大きなブースを確保していたのはDMM.makeブースである。男性向け動画ブランドで、女性からするとちょっぴり企業名をいうのが恥ずかしい、と感じた時代は過ぎ、DMMはいまやメーカー支援の時代を先導する企業へと生まれ変わっている。LEDパネル付ヘルメットがいきなり会場でウェルカムしてくれるインパクトは大きく「Wired Japan」とおもわず言いたくなってしまう。インパクトと技術力を武器に複数社が参加したDMM.makeブースは日本のものづくりを支援する企業ブースとしてSXSWで大きな存在感を示していた。

展示ブースにおいてはプロトタイプ状態で、今後のマネタイズについては詳細決められてないものもあった。だが、まずはSXSWにチャレンジし世界の声を聞いたということが大きなアドバンテージとなるだろう。今後も失敗を恐れずに大胆にチャレンジするスタートアップが増えることを筆者は大いに期待する。

txt: 西村真里子 / 編集部  構成:編集部
Vol.02 [SXSW2015] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-03-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[DSJ2019]Vol.03 気になる表示装置と気になるアナ・デジ変換技術

txt:江口靖二 構成:編集部 シブくて新しい展示たち DSJは言うまでもなく日本最大のデジタルサイネージのイベントだ。デジタルサイネージには何かしらの表示装置が必要だ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [SXSW2015]Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート