PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2015]Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート

News

[SXSW2015]Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート

2015-03-27 掲載

txt:西村真里子 / 編集部  構成:編集部

世界中のスタートアップが目指す場所でもあるSXSW

SXSWはTwitterやLeap Motionがブレイクした場として世界中のスタートアップが目指す場所となっている。セッションも新しいアイディアを得たり、プロジェクトや会社をスタートするために相応しい内容が多い。その中でもグーグルの研究部門「Google X」プロジェクトディレクターのAstro Teller氏のセッションがスタートアップ企業に対しての心強いエールを送ってくれた。「失敗を恐れずに突き進むべし」。

SXSW_03_ASTRO-TELLER_Imageboard セッション内容は、グラフィックレコーディングされるのがSXSWセッションの特徴。当ボードはAstro氏セッションのレポートである

Google Glassや無人カープロジェクトなど、市場が驚く新しいプロジェクトを指揮するAstro氏。技術の進化スピードに負けずにプロジェクトを打ち出していくことにより技術進化と生活が結びつくと語る彼は「失敗を恐れずにチャレンジすることにより進化は加速する」という。Astro氏の言葉はチャレンジし続けるモチベーション高きスタートアップのみんなに大きな勇気を与えてくれる。立見も出るほどの満席御礼の人気セッションになる理由もうなずける。

SXSW_03_ASTRO-TELLER

新しいチャレンジの場として相応しいSXSWだが、スタートアップの登竜門である「アクセラレーター」プログラムに今年は日本人初ファイナリストまで残ったSIX Inc.のLyric SpeakerがBootstrap賞を受賞した。iTunesなどから音楽を一曲単位で購入できるようになり、音楽を気軽に入手できるような世の中にはなったが、失ってしまったものもある。それは歌詞および歌詞カード。かつてのCDアルバムには歌詞カードがついており楽曲を楽しむとともに歌詞にも心動かされた体験があった。そのエモーションをデジタル時代に再現させるべく生まれたLyric Speakerは音楽フェスから始まったSXSWでも評価を得た結果がファイナリストまで残り受賞するという素晴らしい結果に結びついたのだろう。

SXSw2015_03_six 「アクセラレーター」プログラムでプレゼンを行うSixチーム

企業のリブランディングの場としてのSXSW

「アクセラレーター」プログラムと同様、世界中のVCやメディアに注目されるのに最適な展示会場でも日本のスタートアップブースが一番盛り上がっていたと言われるほど日本勢が元気があった。ウェアラブル、ロボット、ドローン、センサー技術をベースとしたIoT関連のユニークなプロダクトがたくさん紹介されていた日本ブースだが、筆者が注目したのはスタートアップに混ざって展示をしている大企業の存在である。

■富士通「KAMPO ME!」
SXSW_03_KAMPO-ME

デジタルのチカラで漢方の処方を標準化し、誰でも利用しやすいようにと生み出された「KAMPO ME!」は富士通と北里大学が共同で研究しているプロジェクトである。富士通が持つセンサー技術を活用し、全身や脈拍測定を行い最適な漢方処方を施してくれるサービスだ。オーガニックやマクロビティックなどが早く健康志向が高まる米国の人にとても受けていたブースであるが、「富士通」ロゴよりもプロダクトそのものを紹介していたのが印象的だった。

■SONY「MESH project」
SXSW_03_SONY

昨年サンフランシスコで開催されたMaker Fairでも発表されていた電子ブロックMESHも展示されていた。MESHは各ブロックがLEDライト、モーションセンサー、マイク等の機能を持っていてユーザーの好みにあわせてブロックをつなげていくことができるのだが、SXSW展示ブースでは東京大学教授が顧問を務める電子回路技術AgICと組んで出展していた。ブロックを電子回路パネル上に移動させると自分が設定した通りの音が鳴るというデモをしていたのだが、ブース内にはSONY名を出さずにプロダクト、技術そのもので勝負していた。ものづくりに自信がある会社だからこそできる潔さである。

■DMM.makeブース
SXSW_03_DMM-Make

PRONEWSではLiveWedgeで御馴染みのCerevo岩佐氏が紹介するウェアラブル スノボデバイス XON SNOW-1を筆頭に、展示会場入口すぐの大きなブースを確保していたのはDMM.makeブースである。男性向け動画ブランドで、女性からするとちょっぴり企業名をいうのが恥ずかしい、と感じた時代は過ぎ、DMMはいまやメーカー支援の時代を先導する企業へと生まれ変わっている。LEDパネル付ヘルメットがいきなり会場でウェルカムしてくれるインパクトは大きく「Wired Japan」とおもわず言いたくなってしまう。インパクトと技術力を武器に複数社が参加したDMM.makeブースは日本のものづくりを支援する企業ブースとしてSXSWで大きな存在感を示していた。

展示ブースにおいてはプロトタイプ状態で、今後のマネタイズについては詳細決められてないものもあった。だが、まずはSXSWにチャレンジし世界の声を聞いたということが大きなアドバンテージとなるだろう。今後も失敗を恐れずに大胆にチャレンジするスタートアップが増えることを筆者は大いに期待する。

txt: 西村真里子 / 編集部  構成:編集部
Vol.02 [SXSW2015] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-03-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだtxt:小寺信良 構成:編集部 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panason... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.01 中国企業に席巻!一味違う製品が一堂に揃うBIRTV

txt:小寺信良 構成:編集部 いい意味で期待を裏切られたBIRTV 8月23日から25日まで3日間の予定で、中国は北京で開催される映像機材展「BIRTV」を取材した。... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.00 アジア地区の大規模放送機器展の一つであるBIRTVに注目せよ!

機会があれば訪問するべし!近くて遠い中国 ダイナミックに躍進を続けるお隣中国。すでに頭打ちであると言われているが、破竹の勢いで経済成長を遂げ、今や世界第2位のGDPを誇る中国... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.02 ムービープロダクションの2017最新キーワード

Cine Gear Expoにおけるその他の展示から、2017年のムービープロダクションのキーワードを探ってみたい。 「画づくりの個性重視」 特にこのところのシネマレン... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.01 Cine Gear Expo 2017にみるムービープロダクションの最新キーワード

ハリウッドの中心で行われる機器展 6月初頭のハリウッドはすでに夏の気候。日本よりも乾燥しているので体感ではそれほど暑さを感じないものの、連日30℃位まで気温は上がり、強い直射... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.02 九州放送機器展開催〜まだまだあるぞ注目の新製品

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 SIGMA ここ数年の同社のスチルレンズ・ラインナップは目を見張るものがある。特に... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.01 九州放送機器展開催〜おもしろい情報と製品が出揃うエキサイティングな展示

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 モックや参考出品物が実機・β機種として展示されるQBEE 入り口のサインが看板からデジ... 続きを読む

[QBEE2017]Vol.00 今年も始まる九州放送機器展にかける思い!〜事前予習編

txt岡英史 構成:編集部 今年は暑いか?熱いか? 7月と言えば、この時期最後の放送機器展示会が九州放送機器展(以下:QBEE)である。毎年はるばるQBEEを訪ねるのは... 続きを読む

特集記事

inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
Avid Media Composerのインターフェースを誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017ををレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。

トップ > 特集 > [SXSW2015]Vol.03 失敗を恐れずに突き進め!SXSWスタートアップレポート