PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2016]キヤノンブース:東京オリンピックに向けた映像機器の新製品を多数展示
News

[CP+2016]キヤノンブース:東京オリンピックに向けた映像機器の新製品を多数展示

#Canon #CP+ #CP+2016

2016-02-26 掲載

キヤノンは東京オリンピックのゴールドパートナーということもあり、ブース正面に「新世代の表現力でかつてない感動を。」を掲げ、カメラ撮影体験コーナーでは各種スポーツものを被写体として登場させていた。業務用映像機器としてEOS C500やXC10のほか、4K HDRディスプレイや、8K臨場感映像体験コーナー、A2出力対応のインクジェットプリンターPIXUS PRO-1000などを出展していた。

CP+はコンシューマー対象のイベントだが、今年のキヤノンはこうした業務用対象の製品が多い印象で、スチルカメラおよびデスクトップ・プリンターのカテゴリーで東京オリンピックのゴールドパートナーになったことが、こうした展示に現れているようだ。

EOS-1D X Mark IIハンズオンに長蛇の列。ほかキヤノン製品が揃い踏み!

CP2016_canon_00283 EOS-1D X Mark IIは、新開発のセンサーや画像エンジンにデュアルDIGIC6+を搭載しており、ファインダー撮影時最高約14コマ/秒の高速撮影を実現

今年はデジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機EOS-1D X Mark IIのほかEOS 80Dや5060万画素センサーを搭載したEOS 5Ds RおよびEOS M3などのミラーレス一眼といった製品を中心に来場者の関心を引きつけており、ハンズオンコーナは順番待ちの行列ができていた。キヤノンはフィルム時代のEOSあたりから報道関係のシェアを伸ばしており、現在ではニコンと2分するほどになっていることから、オリンピックを景気に一気にシェアを拡大していく作戦のようである。

CP2016_canon_00290 4096×2160の4K60p撮影やフルHDで最大約120fpsの高速撮影にも対応可能なEOS-1D X Mark II。操作部分は基本的には、EOS-1D Xと同じだ

4月下旬発売予定となっているEOS-1D X Mark IIは、スポーツ撮影では欠かせない連射機能や迅速なかつ正確なAF性能といったデジタル一眼レフカメラとして基本的な部分での性能向上のほか、クイックリターンミラーの動作に伴う振動によるブレを防ぐミラー振動抑制システムや、4K60p収録に対応したEOS MOVIE機能などが搭載されており、フラッグシップ機としての性能や機能を備えものとなっている。

CP2016_canon_01370 EF-S18-135mmやステレオマイクDM-E1など新製品のアクセサリーを装着したEOS 80D。フルHD60p撮影が可能

また、3月に発売されるEOS 80Dも「日本の瞬間を。」をキャッチコピーにしており、オリンピックなどのスポーツ撮影を意識したものとなっている。センサーサイズはEOS-1D X Mark IIが2020万画素フルサイズで、EOS 80Dは2420万画素のAPS-Cとなっており、画素数的には80Dの方が若干多くなっているが、面積で倍近いEOS-1D X Mark IIはその分高感度になっており80DがISO100-16000に対しISO100-51200だ。

CP2016_canon_01340 Connect Station CS100とミラーレス一眼EOS M10。CS100は、NFC対応のカメラやビデオカメラをかざして、写真や動画を1TBの内蔵ハードディスクに保存しTVなどで鑑賞可能。EOS M10はキレイに撮れる、かわいく撮れるなどいろいろな撮影モードを搭載しており、6色のカラーバリエーションがある CP2016_canon_00266 業務用映像機器コーナーにはEOS 500CやHDRモニターの試作機などが展示されていた CP2016_canon_00276 XA35/30の海外バージョンといえるVIXIA HF G40とLEGRIA G40。いずれもHD対応で4Kではない。そろそろこのクラスの4Kモデルがほしいところ CP2016_canon_DSC01354 8K対応のHDRモニターを参考出品 CP2016_canon_01405 CP2016_canon_01420 8K臨場感映像体験コーナー。正面と左右の画面に映像が映し出され、あたかもその場にいるような体験が可能。アミューズメント施設導入を念頭においたというわけではなく、8Kという高画質がもたらす奥行き感や臨場感を実際に体験してもらうという志向だ CP2016_canon_01350 インクジェットプリンターPIXUS PRO1000。12色インクを採用することで、色域の拡大と暗部の表現力の向上を図ったもので、プラグイン画像処理ソフトウェアにより同社のレンズ交換式カメラとの連携をさらに強化 CP2016_canon_01351 参考出品の大型プリント対応のインクジェットプリンター
キヤノンブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-02-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:キヤノン編

製品レポート EOS C300 Mark III CINE-SERVOレンズ 業務用... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]新開発センサー搭載により16+Stopsの高ダイナミックレンジと低ノイズを実現した「EOS C300 Mark III」

4K120P撮影に対応したデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」 キヤノンがNAB2020で展示予定だった新製品「EOS C300 Mark III」は、... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]1.5倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵したEFシネマレンズ「CINE-SERVOレンズ」シリーズ

CN10×25 IAS S/E1(EFマウント)、CN10×25 IAS S/P1(PLマウント) キヤノンがNAB2020で発表予定だったのは、8Kカメラに対応する光学性能... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]業務用4Kディスプレイ7製品のファームウェア発表

DP-V3120/V2421/V2420/V2411/V2410/V1711/V1710のファームウェア発表 キヤノンは、同社の業務用4Kディスプレイ7製品(DP-V3120... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2016]キヤノンブース:東京オリンピックに向けた映像機器の新製品を多数展示