PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2016]ケンコー・トキナブース:レンズコンバーター、フィルター、バッグ、三脚などの新製品100アイテムを展示

News

[CP+2016]ケンコー・トキナブース:レンズコンバーター、フィルター、バッグ、三脚などの新製品100アイテムを展示

2016-03-01 掲載

トキナーレンズのほか、ケンコーのレンズコンバーター、フィルター、バッグなどのアクセサリー用品、輸入製品、スリックブランドの三脚、双眼鏡、天体望遠鏡など数多くの取り扱い商品があり、今回トータルの新製品は100アイテムほどになるという。

CP2016_kenko_DSC00622 昨年発売のフルサイズデジタルカメラ用ズームレンズトキナーAT-X 24-70 F2.8 PRO FXと 2月発売となるAPS-C対応の広角ズームレンズトキナーレンズAT-X 14-20 PRO DX。いずれもニコン用とキヤノン用がある

交換レンズの新製品としては、2月発売となるトキナーレンズAT-X 14-20 PRO DXや、昨年発売のAT-X 24-70 F2.8 PRO FXのほか、近日発売予定の100mmT2.9 MACRO CINEMAレンズ、SAMYANGの50mmF1.2 Aspherical、21mmF1.4 ED Aspherical(いずれもAPS-Cカメラ用)、ニコン用のKenkoテレプラスHD1.4倍DGXおよび2倍DGXなどがある。

CP2016_kenko_00603 SAMYANGの50mmF1.2 Aspherical、21mmF1.4 ED Aspherical。いずれもAPS-Cカメラ用でソニーEマウント用およびマイクロフォーサーズなどに対応可能 CP2016_kenko_01550 デジタル接写リングセット10mm/16mm。すでにキャノンやニコン、ソニーNEX用があったが今回ソニーEマウント用が5月発売となる CP2016_kenko_DSC00620 ニコン用のKenkoテレプラスHD1.4倍DGXおよび2倍DGX。今夏発売が予定されている CP2016_kenko_00610 参考出品の360°デジタルカメラ。画角190°の広角レンズを搭載しており、フルHD30fps収録が可能なほか、スマホに専用アプリSYMax360をインストールすることで遠隔操作で写真や動画を撮影することが可能 CP2016_kenko_00604 Panoview DSC360には防水ハウジングやハンドルバー、シートポストマウントなどのアクセサリーが用意されている

参考出品としてフィッシュアイを搭載したアクションカメラPanoview DSC360のほか、各社のレンズに対応したマイクロフォーサーズやソニーαマウント、キヤノンEOS Mマウント対応の各種アダプターなど展示されていた。

CP2016_kenko_00618 中判フィルムスキャナーKFS-1420BFおよび35mm判フィルムスキャナーKFS-1450。手軽に手持ちのフィルムをデジタイズできるもので、本体にLCDモニターを装備しており、PCなしでSDメモリーにデジタイズ可能。価格は2万円ほど

その他新製品として、中判フィルムスキャナーKFS-1420BFおよび35mm判フィルムスキャナーKFS-1450、双眼鏡、天体望遠鏡用の電動赤道儀SKYMEMO T(参考出品)、スリックブランドの三脚、ヘッドなどを展示。

CP2016_kenko_DSC0645 天体望遠鏡用の自動追尾赤道儀SKYMEMO T(参考出品)。地上の景色と星空を同じフレームに収めて撮影する星景写真に対応した0.5倍速追尾モードや天体追尾、タイムラプス機能などを装備しているほか、Wi-Fiによりスマホからのコントロールが可能 CP2016_kenko_DSC00628 スリックのエアリーV100三脚。収納時には500mlペットボトルとほぼ同じ直径で長さは80cmほどの小型軽量な三脚で、最大150cmほどの高さまで伸長可能。昨年末発売となっているがカラーバリエーションが披露されていた CP2016_kenko_00630 クイックシューKBH-45A/38A/25A。別売のシステムヘッドKBH-10Nをクイックシューの替わりに取り付けることでビデオ雲台として活用できるアクセサリー CP2016_kenko_DSC01564 cokinのスクエアNUANCESシリーズのハーフHDやNDフィルター。NDフィルターは真空蒸着によりコーティングされており、可視光から近赤外領域までフラットな特性を実現している。ハーフNDのコーティングは表面硬度が高く摩擦に強いほか、反射の少ない特殊なコーティング技術を採用している

ケンコーといえば各種写真用のフィルターで定評があるが、cokinのスクエアNUANCESシリーズのハーフHDやNDフィルターが新製品として出展されていたほか、ブース正面には水や汚れを弾く撥水コーティングが施されたPRO1D Lotusシリーズとして37-82mm径の各種NDが水を弾く実演を交えて披露されていた。

CP2016_kenko_00580 ブース正面には水や汚れを弾く撥水コーティングが施されたPRO1D Lotusシリーズとして37-82mm径の各種NDが水を弾くところを実演 CP2016_kenko_01575 すでに撥水・撥油機能を備えた高透過率レンズ保護フィルター が発売されているが、PRO1D Lotusシリーズとして37-82mm径の各種NDが7月発売となる CP2016_kenko_01557 BEASTGRIP PROは昨年Kickstarterで商品化を果たしたもので、それを核にスマホを本格的な撮影システムとして使用できるようにシステムアップしようとするもの。ゲージには37mm径のフィルター取り付けられるようになっており、スマホ用に用意されたレンズではなく写真用のフィルターやレンズを装着できる CP2016_kenko_01559 BEASTGRIP PROを中心として同社が扱うLEDライトやマイク、各種アタッチメントレンズなどのシステムアップが紹介されていた

スマホに搭載されたカメラの画質が良くなったことで、すでに海外のテレビ取材などで利用されているが、こうした現場で使用する上で必要なアクセサリーとしてBEASTGRIP PROというゲージを中心としてLEDライトやマイク、各種アタッチメントレンズなどのシステムアップが紹介されていた。


[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]HK YONGNUO LIMITEDブース:キヤノンEFマウント搭載のスマートフォン型カメラを展示

中国のカメラアクセサリーメーカーのYongnuoは、特にスピードライトや交換レンズでお馴染みのメーカーで、交換レンズはAFに対応したラインナップを揃えていることでも有名だ。 ... 続きを読む

[CP+2019]サイトロンジャパン/Anhui Changgeng Opticsブース:話題の中国レンズメーカーがシネマレンズを発表。シネズームとプライムレンズを展示

PLマウントのシネマズームでシネマ業界に参入 Anhui Changgeng Optics Technologyは中国に本社を置くメーカーで、LAOWAブランドでお馴染み... 続きを読む

[CP+2019]パナソニックブース:LUMIX Sシリーズの体験コーナーに大行列ができるほどの大盛況

パナソニックのフルサイズミラーレス体験コーナーが大盛況 パナソニックブースの注目はなんといってもLUMIX Sシリーズの展示だ。パナソニックブースには長い行列ができていて、体... 続きを読む

[CP+2019]ニッシンジャパンブース:マシンガンストロボの後継機種が2機種登場。待望のクリップオンタイプも展示

クオーツ発光管のモデルが2機種登場。MG10を含めて3ラインナップへ ブース側面に設置されていたタッチ&トライコーナー ニッシンは2012年に高耐熱クオーツ管搭載マ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[CP+2019]プロフォトブース:小さな筐体に従来機種以上の機能を凝縮したモノブロック「B10」登場

プロフォトブース注目の新製品はモノブロックストロボの「Profoto B10」だ。ぱっと見た印象はとにかく小さくて、2灯でも持ち運べそうな外観をしている。軽量小型なのでトップライト... 続きを読む

[CP+2019]カールツァイスブース:Lightroom CC搭載のフルサイズ対応デジタルカメラ「ZEISS ZX1」が日本初展示

ボディ1台で撮影、編集、シェアができるカメラ「ZEISS ZX1」 展示の目玉は、photokina 2018で発表されたハイエンドのデジタルカメラ「ZEISS ZX1」だ。... 続きを読む

[CP+2019]東芝メモリブース:ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計されたmicroSDカードEXCERIAや、4K/8K動画対応のSDメモリカードEXCERIA PROを展示

東芝メモリは、ドライブレコーダーや監視カメラの常時録画を想定して設計された高耐久microSDカードEXCERIAや、高速連写・4K/8K動画撮影に対応したSDメモリカードEXCE... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2016]ケンコー・トキナブース:レンズコンバーター、フィルター、バッグ、三脚などの新製品100アイテムを展示