PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE2016]Vol.01 九州放送機器展開催〜ますます盛り上がる!今年も九州が熱い!

News

[QBEE2016]Vol.01 九州放送機器展開催〜ますます盛り上がる!今年も九州が熱い!

2016-07-22 掲載

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部

夏と共にやってくる九州放送機器展

毎年、夏本番と共に開催されるのが、九州放送機器展(QBEE)だ。規模的に小さいが、発見も多く穴場でもある。それはNAB Show等での参考出品だったものが稼動実機になっていたり、IBCやInterBEEに向けたサンプルがいち早く出ている事が多いことも挙げられる。

さらに土地柄なのか、出展者(メーカー)側も比較的のんびりで、来場者との距離感が意外にも心地よい。カメラ担当?として猿田氏と久々にタッグを組みMonkeyHillsでお送りしたい。初日は快晴で多くの来場者で会場は賑わった。朝から駆けずり回って14ブースのレポートをいつもの会場練り歩き方式で取材を行ったので見ていただければ幸いだ。

パナソニック

九州初お披露目となったAG-UXシリーズがブース前面の一等地にアクリルボックスの中に鎮座しているのが印象的だ。パナソニックのハンドヘルド4Kと言えばDVX200が真っ先に頭に浮かぶが、そのマイクロフォーサーズセンサーと筐体の大きさも含めて好き嫌いが分かれるところだろう。

QBEE2016_05923

では汎用的なデジ4Kはどうするのか?その回答として用意したのがAG-UXシリーズ。90と180の2機種があるが180はDVX200の機能簡易版としての4Kカメラ、90はHDデジの上位機種+4Kも撮れます的な考えで選ぶのが正解だ。VARICAM LTは価格も考えると、業務レンジでも扱えるカメラ。パナソニックのカメラたちは、中々悩ましい位置付になる。もちろん良い意味であれもこれもという気持ちになるのだ。

銀一

NABで発表されたThink TANK photoのビデオバックの展示があった。関西放送機器展ではまだ日本に無かったシネマカメラ系のローリーバックも今回は展示あり。もちろんステディカムの展示は最高峰のM1モデルを筆頭に4種類の体験デモ機を展示していた。

QBEE2016_05913
RODE

また、RODE社の全製品フルラインナップの展示は何時もながら見ていて気持ち良い。どんな製品なのか、実際に手に取る事ができるのは、この様な展示会では大きなアドバンテージだと思う。今回個人的に期待していたマイクに直付けのワイヤレス送信機は、従来の受信機で受け入れられる。2.4GHz帯を使用しているので世界中で使用可能だ。もう一つはiPhoneのライトニングコネクターに直挿しで使用可能なマイクケーブル。これが結構使い方を考えると重宝しそうだ。

QBEE2016_05910 QBEE2016_05911 QBEE2016_05912

マンフロット

ビデオカメラバックのCCシリーズがリニューアル。従来モデルより高さが増え、最近の高さのあるデジタルシネマ系のカメラに対応した。特に一番小さなモデルだとEOS C100 Mark IIのスモールパッケージにはまさにピタリとはまる。展示はもう一つ上のバックにEOS C300 Mark IIが入っていたが此方もジャストサイズで収納も良いはず。また樹脂ローラーが特徴のスライダー2機種も前面に展示されている。

QBEE2016_05952 QBEE2016_05954 QBEE2016_05953

平和精機工業

今回新製品の展示はなかったが、同社のRSシリーズの油圧ヘッドを他社製品の脚に取り付ける時に、若干の工夫が必要な場合のTIPSを紹介。しっかりその辺も考えられて作られているのは流石である。またInterBEEに向けて新製品の開発も進められている様なので、秋頃のアナウンスに期待したいところだ。

QBEE2016_05957

日本ビデオシステム(PROTECH)

業務系ユーザーには、痒い所に手が届く製品を数多く提供しているPROTECHブランドを展開する日本ビデオシステム。今回は残念ながら新製品の展示は無かったが、Vマウントバッテリーから色々な電圧を同時に出力してくれる通称「わけわけ君」WAKE-1は一台機材車に積んであるとロケが幸せになるかもしれない。また社長自らのプレゼンでは、この秋に大きな新製品が数点出る事を明言。InterBEEを楽しみにしたい。

QBEE2016_05960 QBEE2016_05959 txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部
[QBEE2016] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-07-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Extra.01 停電のエレクトロニクスショーその時考える“電気”のこと

txt:小寺由子&編集部 / 構成:編集部 印象的だった今年のCES2018 1月12日に幕を閉じたCES2018。様々な余韻を残しながら、例年にない大きな変化が見られ... 続きを読む

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [QBEE2016]Vol.01 九州放送機器展開催〜ますます盛り上がる!今年も九州が熱い!