PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE2016]Vol.01 九州放送機器展開催〜ますます盛り上がる!今年も九州が熱い!
News

[QBEE2016]Vol.01 九州放送機器展開催〜ますます盛り上がる!今年も九州が熱い!

2016-07-22 掲載

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部

夏と共にやってくる九州放送機器展

毎年、夏本番と共に開催されるのが、九州放送機器展(QBEE)だ。規模的に小さいが、発見も多く穴場でもある。それはNAB Show等での参考出品だったものが稼動実機になっていたり、IBCやInterBEEに向けたサンプルがいち早く出ている事が多いことも挙げられる。

さらに土地柄なのか、出展者(メーカー)側も比較的のんびりで、来場者との距離感が意外にも心地よい。カメラ担当?として猿田氏と久々にタッグを組みMonkeyHillsでお送りしたい。初日は快晴で多くの来場者で会場は賑わった。朝から駆けずり回って14ブースのレポートをいつもの会場練り歩き方式で取材を行ったので見ていただければ幸いだ。

パナソニック

九州初お披露目となったAG-UXシリーズがブース前面の一等地にアクリルボックスの中に鎮座しているのが印象的だ。パナソニックのハンドヘルド4Kと言えばDVX200が真っ先に頭に浮かぶが、そのマイクロフォーサーズセンサーと筐体の大きさも含めて好き嫌いが分かれるところだろう。

QBEE2016_05923

では汎用的なデジ4Kはどうするのか?その回答として用意したのがAG-UXシリーズ。90と180の2機種があるが180はDVX200の機能簡易版としての4Kカメラ、90はHDデジの上位機種+4Kも撮れます的な考えで選ぶのが正解だ。VARICAM LTは価格も考えると、業務レンジでも扱えるカメラ。パナソニックのカメラたちは、中々悩ましい位置付になる。もちろん良い意味であれもこれもという気持ちになるのだ。

銀一

NABで発表されたThink TANK photoのビデオバックの展示があった。関西放送機器展ではまだ日本に無かったシネマカメラ系のローリーバックも今回は展示あり。もちろんステディカムの展示は最高峰のM1モデルを筆頭に4種類の体験デモ機を展示していた。

QBEE2016_05913
RODE

また、RODE社の全製品フルラインナップの展示は何時もながら見ていて気持ち良い。どんな製品なのか、実際に手に取る事ができるのは、この様な展示会では大きなアドバンテージだと思う。今回個人的に期待していたマイクに直付けのワイヤレス送信機は、従来の受信機で受け入れられる。2.4GHz帯を使用しているので世界中で使用可能だ。もう一つはiPhoneのライトニングコネクターに直挿しで使用可能なマイクケーブル。これが結構使い方を考えると重宝しそうだ。

QBEE2016_05910 QBEE2016_05911 QBEE2016_05912

マンフロット

ビデオカメラバックのCCシリーズがリニューアル。従来モデルより高さが増え、最近の高さのあるデジタルシネマ系のカメラに対応した。特に一番小さなモデルだとEOS C100 Mark IIのスモールパッケージにはまさにピタリとはまる。展示はもう一つ上のバックにEOS C300 Mark IIが入っていたが此方もジャストサイズで収納も良いはず。また樹脂ローラーが特徴のスライダー2機種も前面に展示されている。

QBEE2016_05952 QBEE2016_05954 QBEE2016_05953

平和精機工業

今回新製品の展示はなかったが、同社のRSシリーズの油圧ヘッドを他社製品の脚に取り付ける時に、若干の工夫が必要な場合のTIPSを紹介。しっかりその辺も考えられて作られているのは流石である。またInterBEEに向けて新製品の開発も進められている様なので、秋頃のアナウンスに期待したいところだ。

QBEE2016_05957

日本ビデオシステム(PROTECH)

業務系ユーザーには、痒い所に手が届く製品を数多く提供しているPROTECHブランドを展開する日本ビデオシステム。今回は残念ながら新製品の展示は無かったが、Vマウントバッテリーから色々な電圧を同時に出力してくれる通称「わけわけ君」WAKE-1は一台機材車に積んであるとロケが幸せになるかもしれない。また社長自らのプレゼンでは、この秋に大きな新製品が数点出る事を明言。InterBEEを楽しみにしたい。

QBEE2016_05960 QBEE2016_05959 txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部
[QBEE2016] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-07-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE2016]Vol.01 九州放送機器展開催〜ますます盛り上がる!今年も九州が熱い!