PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.06 IBC2016から見えた未来予想の景色

News

[IBC2016]Vol.06 IBC2016から見えた未来予想の景色

2016-09-26 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

コンテンツデータセンターとしての放送局再構築

ibc2016_06_ip-datacenter

今年のIBC2016における開催6日間(8日~13日)の登録来場者数合計は55,796名と、昨年(55,182名)を約600名ほど上回る結果となった。会場数も14ホールから15ホールへと1ホール増え、1,800社を超える出展社のうち、249社(団体)の新規参加社が含まれるなど、参加する企業にもIPを基盤とする世代交代とともに、多様化する各種ソリューションの進展・変革も顕著に進んでいるように思われる。

特にヨーロッパでは放送のIP化において、デジタルデバイスによる視聴リテラシー(通信視聴デバイスの使い方などの常識)の普及も中高年層も含めて進んでいる中で、放送局がブロードキャスト以外のコンテンツデータセンターとして再構築し、今後のマスメディアとしての生き残りをかけて、早急なIP化構築を意識しているようだ。

さらにコンテンツの差別化として期待されるHDRの分野でも、この1年で明らかにユーザー側の知識が向上しており、中にはスマートフォンの輝度測定アプリを使用して各社のHDRデバイス(ディスプレイなど)の性能を計っていく局やプロダクション関係者も増えたという。

放送方式という点でPQとHLGの規格規定が決まってきたが、反面HDRについてはあくまで最終視聴環境の問題が大きく、家庭や個人といった末端での視聴環境が、どの程度どういう規格でどのような視聴環境を提供できるかという課題は大きく、民生用テレビやデジタルデバイスの進展により、これからの展開がはっきりと見えないのが現状だ。

シネマレンズ活況

同特集の冒頭でもお伝えした通り、今年は各社から新たなレンズが大量に発表され、一大レンズ祭りとなった。ここで紹介できなかった小さなメーカーやレンズ関連商品も多く出ていたようだ。タイミング的にも、大判センサーカメラが一気に発表された2012~2013年ごろの影響もあり、カメラはあるが対応するレンズの製品層が薄いという状況だった。そのころから設計開発が始まったシネマ向けの大判センサー対応レンズ群がここに来て軒並み発表段階を迎え、一挙に表に出て来たように思われる。

IBC開催地がCooke、カールツァイス、アンジェニューなど欧州系のレンズメーカーの地元でもあることから、なおさら力が入っていた。この展開は今年11月のInterBEEでも期待できそうだ。そのほかのトレンドでは、VR関係でノキアのOZOを始め数社の出展はあったものの、今年のNABほどの盛り上がりもなく、ドローン関係は同時期にラスベガスで開催されていたドローン系展示会の影響からか、出展自体も少なかったのが印象的だった。

IBC2016 フォトダイジェスト

■ARRI
ibc2016_06_arri-sxt

今年春に3月に発表したALEXA SXTの実機を展示。従来の3.4K ALEV IIIセンサーを搭載、新型の基板アーキテクチャによりUHD(3840×2160)をProResフォーマットおよび4K Cine(4096×2637)で記録可能。従来のオープンゲート(Open Gate)による4:3と16:9のセンサーモード切り替えが可能で、アナモフィックレンズによるシネスコ撮影も可能。ARRIRAWとProRes記録に対応。

SXTは、AMIRAが持つカラーマネージメントエンジンを採用しつつ、ALEXAセンサーによるフィルム制作環境の広色域をサポート。ALF-2(ARRIのルックファイル2)、ASC CDL(カラーディシジョンリスト)に加え3D LUTに対応。ALF-2はARRI MiniとAMIRAと同じルックにできる。またBT.2020にも対応している。このSXTにもキヤノンEOS C700、Panasonic VARICAM PUREと同じ形状の、CODEXのメディアドライブが装着出来るので、フォーマットは違うがメディア共有が可能。ほかにもXRキャプチャードライブ、ソニーS×S、CFast2.0などが選べる。

ibc2016_06_arri-kaneko

SKYPANELの大型ロングバージョンや、NABで発表されたハイブリッド・スタビライズシステム、TRINITYのコーナーも人気だった。日本からスタビライズカメラシステムのベテランオペレーター、金子雪生氏もIBC会場に来場し、見事なオペレーティングを披露して注目を浴びていた。

■アビッドテクノロジー
ibc2016_06_avid-01

IBCでは、ソフトウェア定義型ストレージ・プラットフォーム「Avid NEXIS」の最新技術として、大規模プロダクションや放送局向けのリアルタイム共同編集などハイパフォーマンスを提供する「Avid NEXIS | E5」エンジンや、オーディオ編集システムのProToolsの最新バージョン「ProTools 12.6」の公開、「ProTools | HD」の最新ライセンスオプションを発表したアビッドテクノロジー。その他IP、UHD関連の各種最新ソリューションやアライアンスパートナー・プログラムの発表を行った。

■朋栄
ibc2016_06_fora-01

4KハイスピードカメラのFT-ONEのカメラヘッド分離モデル「FT-ONE-LS」を参考展示。2倍速4Kのリアルタイム出力も可能で、既存のFT-ONEにくらべて暗部でのノイズが改善された。そのほかビデオスイッチャーHVS-390HSの後継機、4K対応の「HVS-490」や12G-SDI対応のフレームシンクロナイザー/カラーコレクターの「FA-9600」を参考展示・初公開。

■AJA Video Systems
ibc2016_06_aja-00

IPベースのビデオ&オーディオのワークフローをサポートする新しい2機種のミニコンバーター「IPR-1G-HDMI」「IPR-1G-SDI」を発表。プロテクションスイッチングをサポートしたSMPTE 2022-7を含むブロードキャストIPパイプラインの冗長性と信頼性を向上させる、KONA IPに対応した新機能を備えたデスクトップソフトウェアv12.5を発表した。これはKONA IPにSMPTE 2022-7を追加、シームレスなプロテクション・スイッチングを提供。ユーザーはIPネットワーク上のビデオを簡単にルーティングするために、2つの別々のネットワークを上部と下部のSFP+ケージから同じ非圧縮データストリームの送信が可能だ。さらにAJAコントロールパネルにHDR10メタデータ対応。

ibc2016_06_aja-01

省スペースで高性能かつ費用対効果の高い信号ルーティングを可能にする64入力/64出力対応の3G-SDIルーター「KUMO 6464」。ビデオとオーディオの入出力デバイスKONA、T-TAPおよびIo製品のver.12.5ドライバーとソフトウェア、RovoCamのRovoRx-SDI HDBaseTレシーバーとRovoControl v2.0ソフトウェアなどを発表。

■グラスバレー
ibc2016_06_gv_edius

EDIUS 8の最新バージョン、8.22を出展。4月公開のEDIUS 8.2から、モーショントラッキング、ドラフトプレビュー、プライマリーカラーコレクションの機能を追加。プライマリーカラーコレクション機能がより強化され、GPUによる高速化や対応するカメラLogの種類を追加や、より多くのLogデータに対応するためにカスタムLUTファイルのインポートに対応し、LUTが提供されているLogデータすべてに対応しているほかBT.2020、HDRへの対応も追加された。

■RED Digital Cinema
ibc2016_06_red-02-8k

噂の8Kカメラ、RED WEAPON with HELIUM 8K S35 sensor[Limited Edition]を一般初公開。RED初の白い筐体に多くの来場者が興味を惹かれていた。8K HELIUMはRED本体のブースのほか、カールツァイスやLeicaのCW Sonderopticといったシネマレンズメーカーのブースにも展示してあった。

ibc2016_06_red-01

来年のIBC2017は、同じオランダ・アムステルダムRAI会場にて、9月15~19日(カンファレンスは14日~18日)の期間で開催される予定。

txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.05 [IBC 2016] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-09-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2018]Vol.07 大量中華ブースが繰り広げる「もうひとつのCES」〜真の主人公ここにあり

“DESGIN & SOURCE”と銘打たれた新設ブース。しかしその実態は…。大きさはほぼLVCCサウスホールと同じ規模面積。このテントの大きさを見るだけでも価値あり…。 txt... 続きを読む

[CES2018]Vol.06 制作・開発者目線から見たCES2018〜なぜ僕らはCESに足を向けるのか?

txt:清水幹太 編集部 /  構成:編集部 見方によって景色は大きく変わる これを書いている筆者は、普段はテクニカルディレクター及び開発者として様々な制作・開発プロジ... 続きを読む

[CES2018]Vol.05 気になるディスプレイ関連の注目ポイント

txt:江口靖二 / 編集部 構成:編集部 CES2018で気になったディスプレイ製品色々 サムスンのメディア向けカンファレンスで発表された「The Wall」 ... 続きを読む

[CES2018]Vol.04 CES2018で静かに盛り上がる「なんかいい」UX大系

txt:清水幹太  / 構成:編集部 直感的な“なんかいい”もの VRに人工知能、暗号通貨、あるいはAIスピーカー等々、最新技術の動向を色濃く投影するCESではある... 続きを読む

[CES2018]Vol.03 カメラコントロールボックスCCB-WD1で広がる映像の可能性

txt:小寺由子 編集部 / 構成:編集部 米国ラスベガスにおいて、恒例のCES2018が開催された。以前はその年の新製品や今後のコンセプトモデルなどが多数発表され、各社新製... 続きを読む

[CES2018]Vol.02 時代の潮目〜これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018

txt:江口靖二 編集部 / 構成:編集部 CES2018のキーワードとは CESはご承知の通り、ここ数年テレビやデジタル家電だけの領域ではなく、IoTやAIなども含め... 続きを読む

[CES2018]Vol.01 混沌のCES開催〜“非接触性”の増加、未来のモビリティ提案

txt:西村真里子 編集部 / 構成:編集部 全く予想のつかないCES 今年のCESはいろんな意味で大いに荒れた。それは展示内容もそうだが、会期中珍しくラスベガ... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.03 常に新しいメディアであり続けられる中国のテレビ放送

txt:小寺信良 構成:編集部 北京取材も本日で3日目。最終日は明日だが、この日はもうブースをたたむメーカーも出てくるそうで、フルで取材できるのは本日が最後となる。国外企業が... 続きを読む

[BIRTV 2017]Day.02 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場!Panasonic他

「AU-EVA1」を入念にチェックする岡カメラマン。詳しいレポートが期待できそうだtxt:小寺信良 構成:編集部 ついにAU-EVA1の実働モデルが登場! | Panason... 続きを読む

特集記事

CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。

トップ > 特集 > [IBC2016]Vol.06 IBC2016から見えた未来予想の景色