PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]シグマブース:デジタルシネマ業界に参入。Made in Japanで魅せるレンズメーカーの底力

News

[CP+2017]シグマブース:デジタルシネマ業界に参入。Made in Japanで魅せるレンズメーカーの底力

2017-02-28 掲載

ほとんどのカメラメーカーが、センサーにベイヤー配列のCMOSセンサーを採用しているが、シグマはフィルムと同じ3層構造のセンサーFoveonを採用している。またカメラもSIGMA sd QuattroシリーズやSIGMA dp Quattroシリーズといったユニークな製品を開発している。同社は現在一見して一眼レフカメラのようなデザインのカメラは販売しておらず、コンデジタイプのカメラも生産を終了している。この傾向は数年前Quattroシリーズのカメラを発表したころから始まっており、従来のカメラという既成概念から脱皮し、新境地を目指しているようだ。

カメラメーカー大手はコンデジの販売低迷に直面しているが、これはスマートフォンの普及や中国、韓国など海外メーカーの台頭を考えれば当然予想されたことで、企業としていつどのように方向転換するかの問題でしかなかったといえよう。そうした中で一足早く方向転換を果たし、生産もカメラ本体はもちろんのこと、周辺機材や金型、パーツに至るまで同社の国内工場である会津で生産されているという。Foveonセンサーを開発した会社の買収もそうだが、徹底した内製化をメイドインジャパンで実現していこうというものである。ある意味、カメラやレンズに対して使う上でのこだわりや性能はもちろん、写真に対する思い入れを持っているコアなユーザーをターゲットにした「製品開発」と「ものつくり」を目指しているといえる。

斬新なデザインと先進的な技術をもとに高級志向に舵を切った同社だか、シグマのブランドを定着させるには今後の製品開発にかかっている。昨年発表したデジタルシネマ用のレンズのラインナップは、まさしく同社の勢いを感じる。今回FF High Speed Prime Lineとして単焦点レンズ5本およびHigh Speed Zoom Line 2本、FF Zoom Line 1本の計8本のズームレンズを発表しており、本格的にデジタルシネマ業界に参入した。ちなみに同社は元々レンズ専業メーカーで、カメラメーカーになったのは70年代後半である。今回のデジタルシネマ用レンズを発表したことで、Foveonセンサーを搭載したデジタルシネマカメラが世にでてくるのだろうか。個人的には大いに期待したい。

昨年末発売になった18-35mm T2と50-100mm T2のほか、24-35mm T2.2 FFが出品された。24-35mm T2.2 FFはEFおよびEマウントモデルのみで、発表となった単焦点レンズを含むすべてのレンズはPL、EF、Eマウントモデルが用意されている 24-35mm T2.2 FFはスーパー35を超える大型のイメージセンサーを持つ最新のデジタルシネマカメラにも対応したモデルラインでフルフレームのイメージサークルをカバー 昨年末に発売されたHigh Speed Zoom Lineの50-100mm T2。スーパー35対応のズームレンズでズーム全域でT2の明るさを実現 High Speed Zoom Lineの18-35mm T2。このモデルも昨年末に発売になったもの。50-100mm T2同様、スーパー35対応のズームレンズでズーム全域でT2の明るさを実現している 20mmから85mmまで5本すべてT1.5で統一されたFF High Speed Prime Line。レンズ前枠径も95mmに統一されている。レンズの全長はEFおよびEマウントともにそれぞれのレンズで異なっているがPLマウントモデルは未定となっており、可能な限り全長も統一されるようだ FF High Speed Prime Lineの単焦点レンズ20mm T1.5 FF。レンズ左の突起は1/4のネジが切ってあるサポートとなっており、フォローフォーカスの装着やEFやEマウントでは1kgを超えるレンズ質量を支え切れない可能性があるための処置のようだ FF High Speed Prime Lineの単焦点レンズ35mm T1.5 FF。デジタルシネマ用レンズなので、ピントや絞りリングには0.8のギアになっている FF High Speed Prime Lineの単焦点レンズ24mm T1.5 FF。距離メモリは現状FTとなっており、絞りメモリ同様、レンズ左右どちらからでもアクセスできるよう左右両面にメモリがある フルサイズ対応の超望遠ズームレンズSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary。加速度センサーを利用した手ブレ補正機構OSや最新のアルゴリズムで高速なオートフォーカスを実現した超音波モーターHSM、フォーカスリミッターなどを装備している。シグマのほかキヤノンおよびニコンのマウントに対応 大口径単焦点レンズSIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art。開放F1.8の大口径が生み出す大きなボケを活かすため、軸上色収差を徹底的に排除し、高コントラストでヌケが良いクリアな画質を実現

シグマブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-02-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2017:SIGMA]初参戦のNABの理由〜シネマレンズHigh Speed Prime Line「14mm T2 FF」および「135mm T2 FF」を発表

SIGMAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2017]SIGMAブース(動画)

NAB2017のSIGMAブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

以前は写真用の三脚も手掛けていた同社だが、ビデオ用の三脚に力を入れ始め、現在ではビデオ業界でLibecのブランド名を知らない人はいないほどだ。最近は三脚を中心にスライダーやビデオ用... 続きを読む

[CP+2017]Manfrottoブース:三脚やLEDライト、バッグなどを中心に、取扱いブランド製品も多数展示

マンフロットは、写真用三脚やビデオ用三脚のほか、LEDライト、バッグなど写真関係の機材を中心に、同社のもつGITZOやAvenger、Colorama、Lastoliteなどのブラ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

[CP+2017]ケンコー・トキナーブース:カメラ、レンズ、三脚などスチル製品が勢揃い

カメラやレンズのほか三脚やフィルターなど各種写真用品を総合的に扱っているケンコー/トキナーは今年も数多くの新製品を出展した。また、主にプロフェッショナル向けの商品を扱う関連会社KP... 続きを読む

[CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

コシナは、同社が扱うCarl ZeissおよびVoigtländerブランドをブース左右対称にしたコーナーに分け、各種レンズの新製品を出展した。Voigtländerブランドでは参... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [CP+2017]シグマブース:デジタルシネマ業界に参入。Made in Japanで魅せるレンズメーカーの底力