PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.01 Cine Gear Expo 2017にみるムービープロダクションの…
News

[Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.01 Cine Gear Expo 2017にみるムービープロダクションの最新キーワード

2017-07-14 掲載

ハリウッドの中心で行われる機器展

6月初頭のハリウッドはすでに夏の気候。日本よりも乾燥しているので体感ではそれほど暑さを感じないものの、連日30℃位まで気温は上がり、強い直射日光が照りつける。日没もすでに夜8時を廻らないと夕闇は訪れない。アメリカ西海岸は西側に遮るモノがなく、太平洋の水平線へ落ちる夕陽でマジックタイムが長いこともハリウッドが100年もの間、映画の都として栄えて来た大きな理由だ。横からの強い夕陽の自然光はサイドからキーライトを生み出し、これが印象的な演出を際立たせるいくつもの陰影マジックを生み出してきた。

そんなハリウッドで、今年も映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」が米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオ内で6月2~3日の2日間にわたって開催された。今年で22年目を迎えるCine Gear Expoは、主に映画撮影現場で使用されるカメラ、特機、周辺機材などを一堂に集めた、完全に映画制作者向けの展示会である。

ラスベガスで行われるNAB SHOWや日本のInterBEEなど、他の放送機材も多く出展する展示会とは大きく異なり、特機を中心にクレーンや特殊撮影用の走行車両など、どれも映画撮影機材に特化された撮影周辺機材が並ぶ、世界屈指の映画撮影機材イベントだ。

また会場がコンベンションホールなどではなく、メジャースタジオ内のオールドニューヨークの街中を模したオープンセットと、その周辺のStage(スタジオ)の中で行われる様は、まさにハリウッド映画のロケ現場を疑似体験できる感覚で、本場ハリウッドの楽しい雰囲気の中で開催される。

REDとPanavision+DJIの隆盛

RED Digital Cinema、DJI、Panavisionが展示されているStage2。終日多くの入場者で入場規制が行われた

今年のCine Gear Expoで注目だったのは、スタジオエリアへの入場門を入ってすぐにある、RED Digital Cinema、DJI、Panavisionが一体となったStage2での展示だろう。入場者の誰もがまず最初に目にする場所でもあり、終日大人気で一時は入場規制が行われるほどの長蛇の列ができていた。

RED Digital CinemaのブースにはDSMCとしてスチルパネルの展示もある

RED Digital Cinema社は今年NABへは参加せずに、このCine Gear Expoへの参加にプロモーションを集中。2、3年前には見られた放送関係へのアプローチは一切排除し、4K~8Kの幅広いカメララインナップとともに、様々な周辺機材メーカー、サードパーティとソリューション展示を行っていた。会場に入ってすぐに目につくのは、REDが掲げるメインコンセプトである、DSMC(Digital Srill Motion Camera)を表したスチル作品のパネル展示だ。

REDのテストシューティングブースに、車のカスタマイズ工場をモチーフにしたセット。火花が散るグラインダーの溶接部分のアップをロボットアームに取り付けられたREDカメラでコントロールしながら撮影を体験できる

また奥に設けられたカメラ撮影コーナーは、今年はポルシェのホットロッドカスタマイズ(解体?)工場を模したセットを設営。実物のグラインダーで火花が散る現場を撮影するという、REDお得意のエキセントリックなシチュエーションで、撮影者がクローズアップポイントには近寄れない部分も、ロボットアームで近距離リモート撮影を体感できるなど、相変わらずの派手な演出で来場者の視線を集めた。

RED Digital CinemaのブースにはDSMCとしてスチルパネルの展示もある

展示コーナーの一番奥のケースには、デビットフィンチャー監督がNetflixのオリジナルドラマ「Mindhunter」のために作られた特別仕様のREDカメラ、“Xenomorph(ゼノモーフ)”も展示。展示機材はNo.13(不吉?!)のナンバリングが施され、昨年の同時期にネットのニュースなどで流れた写真とは少し異なる形状となっていた。

筐体デザインが、映画「エイリアン」に出てくる異星人の怪物=Xenomorphに似ている事から同じ呼称が付けられており、その仕様もRED Weapon Dragon 6Kセンサーを搭載し、7インチタッチパネル液晶、Paralinx社製ワイヤレスシステムにWi-Fiアンテナ・アレイ、レンズコントロールユニット、ワイヤレス・オーディオ、Goldマウントのバッテリープレート他、幾つかの特殊機能が装着されているという。

その奥にはDJIの展示コーナーがあり、DJIは直前に発表した手のひらサイズの最新型ドローン「Spark」も展示。その他、RONIN 2での様々なカスタマイズ仕様の展示を行っていた。

Panavisionの8KカメラMILLENNIUM DXLのレンタル事業が本格始動。今回はHDR対応のOLEDビューファー、PRIMOなど新たなオプションも多数登場

このStageの一番奥に陣取ったPanavision社は自社製8Kカメラ、“MILLENNIUM DXL”を本格稼働(レンタルのみ)。昨年発表したREDの8K WEAPONをベースにI/Oなどの入出力などをカスタマイズしたこのモデルが本格レンタルを開始している。

今年はさらにオプションとして、OLEDを採用したHDR対応の電子ビューファー“PRIMO”やPX-Pro スペクトル・フィルター、新たなT1.8のプライムレンズシリーズ「The Primo Artiste Lenses」を今年度末に発売するなど、いくつかの新製品の発表もあった。またブース奥には8K HDRのミニシアターを設け、8K HDRのデモ映像などが上映されるなどHDR制作ソリューションなどにも力を入れているようだ。

Panavision社はかつてこのCine Gear Expoでも一番メインの出展メーカーだったが、2010年以降の一時期には出展辞退するほど経営状況が思わしくなかった時期もあった。しかし2014年の12月にオンセット(現場)でのカラーグレーディングソリューションのスペシャリスト、マイケル・シオーニ氏が率いるLightIron社を買収し、オンセットのカラーマネジメントシステムのレンタルなどに加えてアナモフィックレンズのブーム活況、そして昨年発表したMILLENNIUM DXLの発表によってかつての隆盛を取り戻しているようだ。その裏には大きく変わった経営陣の努力の現れもある。


[Digital Cinema Bülow VI] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-07-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017]Vol.01 Cine Gear Expo 2017にみるムービープロダクションの…