PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]キヤノンブース:EOS Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」が人気。CINEMA EOS SYSTEM 8Kの参考展示も!
News

[CP+2018]キヤノンブース:EOS Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」が人気。CINEMA EOS SYSTEM 8Kの参考展示も!

#Canon #CP+2018

2018-03-04 掲載

キヤノンブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

小型軽量のEOS Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」が人気

「EOS Kiss M」をはじめとするEOS Kissシリーズを使った撮影体験コーナー。待たなければ体験できないほと人が集まっていた

キヤノンブース一押しの新製品は、2月26日に発表したミラーレスカメラ「EOS Kiss M」だ。入門向けシリーズ向けシリーズのブランドとして有名な「EOS Kiss」の名を使った初めてのミラーレスカメラで、小さくて軽いというのが第一印象だ。重量は約390gで、常時携帯もできそうと思わせる外観を実現している。

小型で軽量なミラーレスカメラ「EOS Kiss M」

ボディは小型化しているが、強力なオートフォーカスや4K動画撮影にも対応する。新映像エンジンDIGIC 8と約2,410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーの搭載し、AFの測距エリアは画面内の約88%✕100%に対応する。新機能として、瞳AF機能も搭載やファイルサイズを縮小した新しいRAWフォーマット「CR3」を導入しているのも特長だ。

小型ながら4K(3840×2160)で24pの4K動画に対応しているのも特長だ

ぐりぐりと動くAIストロボ「470EX-AI」が面白い

AIバウンス撮影モードを搭載した「470EX-AI」

キヤノンの新製品のストロボ「470EX-AI」は、とにかくユニークだ。世界初となるバウンス撮影を自動化する機能を搭載しており、ストロボの向きが自動的に動く仕組みを搭載している。自動的にストロボの向きが分かる様子は必見だ。ブース内でも大変な注目を浴びていた。

とにかくストロボの向きが自動的に動く。その様子は必見だ

自動的にバウンスができる仕組みは、水平と垂直にそれぞれプリ発光を行い、反射光を測定する。その測定結果を計算して適切なバウンス角度を算出し、自動で角度を設定するという手順で実現をしている。

EFレンズの描写性能や操作性を支える光学技術を解説

CP+は新製品を体験だけでなく、各製品を支える技術の裏側を知ることも醍醐味だ。キヤノンブースでは、EFレンズの描写性能や操作性を支える光学技術を解説するコーナーが設けられていた。LレンズやTS-Eレンズなどの技術の理解を深めることで、機材選びや使いこなしもしやすくなるはずだ。

ブースの一部に設けられていた光学技術を紹介するコーナー

キヤノンは、蛍石の人口結晶生成技術の開発に成功。蛍石の凸レンズと高分散凹レンズを組み合わせることで、赤・緑・青3色の焦点がほぼ一致した理想的な色収差補正を実現しているという。

左上が人口結晶。カットして硝材(中央)にし、加工。右上が完成

キヤノンのEFレンズには、TS-Eレンズと呼ばれるピントの合う範囲と遠近感をコントロールできるアオリ機能を搭載したマニュアルフォーカスレンズをリリースしている。ティルトはレンズを傾けることによりピントの合う範囲を調整できる。シフトは、レンズを水平、垂直方向にずらして歪みを補正することができる。

ミニチュアを乗せた回転する円形の台をTS-Eレンズで撮影。強烈な遠近感の様子をリアルタイムにモニタで確認することができるようになっていた

手ブレ補正はいまでこそ各種カメラメーカーのレンズやボディに搭載されているポピュラーな技術だが、キヤノンが一眼レフ用交換カメラレンズに世界で初めて搭載。2009年にはハイブリッドISを開発し、角度ブレとシフトブレの正確な検知と同時補正を世界で初めて可能にしているなどを紹介していた。

EF70-200mm F2.8IS SUM用ISユニットの構造を紹介。スイッチを押すとISユニットが動くようになっていた EFレンズのカットモデルの紹介 EF11-24mm f/4L USMのカットモデル。レンズ構成は11群16枚。世界最大口径と言われている外径φ87mmの研削非球面レンズが印象的 EF16-35mm F2.8L II USM|概要のカットモデル

CINEMA EOS SYSTEMで撮影された映像最先端映像の体験コーナー

CINEMA EOS SYSTEMで撮影された映像を楽しめる「最先端映像体験」コーナー

最先端映像体験コーナーでは、EOS C200やEOS C700などのCINEMA EOS SYSTEMの展示や、スタジアムの観戦体験をリアルに再現する8Kカメラ・マルチプロジェクションやTBS「世界遺産」などの4K映像の上映を行っていた。

参考展示されていたCINEMA EOS SYSTEM 8K

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-03-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:キヤノン編

製品レポート EOS C300 Mark III CINE-SERVOレンズ 業務用... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]新開発センサー搭載により16+Stopsの高ダイナミックレンジと低ノイズを実現した「EOS C300 Mark III」

4K120P撮影に対応したデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」 キヤノンがNAB2020で展示予定だった新製品「EOS C300 Mark III」は、... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]1.5倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵したEFシネマレンズ「CINE-SERVOレンズ」シリーズ

CN10×25 IAS S/E1(EFマウント)、CN10×25 IAS S/P1(PLマウント) キヤノンがNAB2020で発表予定だったのは、8Kカメラに対応する光学性能... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]業務用4Kディスプレイ7製品のファームウェア発表

DP-V3120/V2421/V2420/V2411/V2410/V1711/V1710のファームウェア発表 キヤノンは、同社の業務用4Kディスプレイ7製品(DP-V3120... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2018]キヤノンブース:EOS Kiss初のミラーレス「EOS Kiss M」が人気。CINEMA EOS SYSTEM 8Kの参考展示も!