PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示
News

[NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示

#Canon #CINEMA EOS SYSTEM #NAB2018 #EOS C700 FF

2018-04-11 掲載

Canonブース動画

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」登場

ブースの最大の目玉はCINEMA EOS SYSTEMの最上位機種「EOS C700 FF」だ。トップエンドな映画製作やテレビ制作、CMをターゲットとしたカメラで、発売は7月の中旬予定。価格はオープン、市場想定価格は税別363万円前後。受発注商品という扱いになる。

フルフレームモデルのEOS C700 FF。4K・8K機材展で聞いた話だが、FFの外観に機種名の刻印にFFなどの文字も入ることはない。従来機種と一緒で見分けはできないという

EOS C700 FFの特長は、5.9Kのフルサイズのセンサーの搭載。スチルカメラの36×24mmフルサイズではなく、17:9の38.1×20.1mmとなる。センサーはEOS C700 FFのために新開発をしたもので、これまでの現行のCINEMA EOSカメラと比べても低ノイズで、15Stopを超えるダイナミックレンズを実現している。

XF-AVC、Cinema RAW、ProResでの記録可能で、Cinema RAWはCodex社製レコーダー「CDX-36150」の使用時に利用できる。PQとHLGの両方のモニタリングやUser LUTにも対応する。アナモフィックレンズは現行EOS C700でも対応していたが、より縦に大きいEOS C700 FFはアナモフィックレンズの親和性をさらに高めている。

デュアルピクセルCMOS AFも大きな特長で、最近の映像制作はオーバー4Kで映像制作によりピントがよりシビアに求められてきたり、映像制作のオペレーションの規模感もどんどんとミニマイズされてきている。キヤノンとしてはそうした傾向を踏まえてEFレンズ使用時に高精度なオートフォーカスが可能なAF機能を有効活用してほしいと提案をしている。

また、内蔵のNDフィルターが現行EOS C700はターレット式で回転するものだが、今回のFFはスライドタイプのNDフィルターに変更されている。マウントは、現行EOS C700同じくEFとPLの両方を用意している。B4マウントの放送用ENGレンズに関しては別売のB4マウントアダプターMO-4E(EOS C700 FF用)/MO-4P(EOS C700 FF PL用)を使用することにより装着できる。

プライムレンズに20mmの焦点距離の「CN-E20mm T1.5 L F」が登場

キヤノンのEFシネマレンズのプライムレンズで先日発表した焦点距離20mmの「CN-E20mm T1.5 L F」がさっそく展示されていた。発売は10月上旬。価格はオープンで、市場想定価格は税別46万円前後。

特長は、4K画質でT値は1.5の明るさを実現しているところだ。センサーサイズは、スーパー35mm相当、35mmフルサイズ、APS-C、APS-Hに対応する。絞り羽根枚数は11枚の奇数枚で、ボケ味をきれいに出せる。フォーカスの回転角は300°で、スチル用EFレンズに比べて滑らかで微妙なフォーカシングも可能になっている。CN-Eレンズの前玉径はすべて統一で114mm、全長も同じ高さを実現しており、レンズの交換しても同じような形で使えるように統一されている。

12G-SDI端子を搭載した業務用4Kディスプレイ「DP-V2421」「V1711」

12G-SDI端子を搭載した24インチの「DP-V2421」と、17インチの「DP-V1711」の展示も行われていた。DP-V2421は、現行の24インチの「DP-V2420」の後継機種で、DP-V1711は17インチの「DP-V1710」の後継機種。

12G-SDI端子を搭載した17型の業務用4Kディスプレイ「DP-V1711」

17インチのDP-V1711の発売は4月下旬を予定。価格はオープンで市場想定は150万円。特長は、これまで3G-SDI端子搭載の4KディスプレイではSDIケーブルを4本必要としていた4K/60p映像の送受信が、12G-SDI対応ケーブル1本で受信可能になる。最大4本映像を4K映像の入力に対応し、4つのチャンネル切り替えることが可能。それ以外は、現行の1710と基本的に変わらない。また、現行のDP-V1710とDP-V1711の2機種は300cd/m2までだが、6月下旬開始予定の有償アップグレードライセンスの購入で600cd/m2まで上げることが可能になる。

DP-V2421は、24インチの4Kリファレンスディスプレイで、発売は4月下旬、価格はオープンで市場想定は316万。こちらも4K映像をケーブル1本で受信可能な12G-SDI端子を搭載。4本で4Kが入り、チャンネルでスムーズに切り替えが可能。最大1200cd/m2の高輝度に対応し、RGBのLEDを使っていて、色域を広く表現することができる。

マスターモニタとして使用したり、ポスプロ、スタジオの編集用に使える「DP-V2421」

4K放送用カメラ対応のポータブルズームレンズ3機種と中望遠レンズが新しく登場

4月3日に発表された4K放送用カメラ対応のポータブルズームレンズの新製品も一部展示されていた。先日発表されたのは3機種で、7.5mmからの24倍のレンズ「CJ24e×7.5B」が6月下旬発売予定。同じく4.3mmワイド端からの14倍のワイドレンズ「CJ14e×4.3B」が8月下旬発売予定。7.6mmから18倍のレンズ「CJ18e×7.6B」で11月下旬の発売予定。それぞれのレンズは4Kレンズで小型軽量、4Kの性能を有しながら3分の2インチのHDRレンズとほぼ同等サイズの実現を特長としている。

4K放送用ポータブルズームレンズ「CJ24e×7.5B IRSE S」

こちらも4月3日に発表されたワイド端9mmから66倍の箱型のレンズ「UHD DIGISUPER 66」が展示されていた。発売日は8月下旬を予定。ワイド9.3mmからズーム比86倍のフィールドズームレンズのフラッグシップモデル「UHD DIGISUPER 86」やワイド9mmからズーム比90倍の「UHD DIGISUPER 90」がすでに発売しているが、そこに今回発表された中望遠のフィールドレンズが加わる。UHD DIGISUPER 66は、さほど望遠が必要ないシチュエーションでの撮影をされる中継システムや、60倍クラスでも十分な放送をターゲットにしている。

倍率66倍で焦点距離600mmの中望遠撮影に対応した「UHD DIGISUPER 66」

新製品ではないが「UHD DIGISUPER 66」のさらに上位で、UHDの中でもプレミアムというカテゴリに入る最上位クラスの「UHD DIGISUPER 86」も展示されていた。ある意味キヤノンを代表するレンズといってもいいだろう。

86倍ズームの「UHD-DIGISUPER 86」

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Broadcast & Cinema EXPO 2020]Edit:Canon

今回はキヤノン特集です(10月12日実施)! ■Part.01:「EOS R5/R6の魅力を語るユーザー対談」 作例や8Kワークフローを余すことなくご紹介するユーザー対談。... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:キヤノン編

製品レポート EOS C300 Mark III CINE-SERVOレンズ 業務用... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]新開発センサー搭載により16+Stopsの高ダイナミックレンジと低ノイズを実現した「EOS C300 Mark III」

4K120P撮影に対応したデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」 キヤノンがNAB2020で展示予定だった新製品「EOS C300 Mark III」は、... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]1.5倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵したEFシネマレンズ「CINE-SERVOレンズ」シリーズ

CN10×25 IAS S/E1(EFマウント)、CN10×25 IAS S/P1(PLマウント) キヤノンがNAB2020で発表予定だったのは、8Kカメラに対応する光学性能... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]業務用4Kディスプレイ7製品のファームウェア発表

DP-V3120/V2421/V2420/V2411/V2410/V1711/V1710のファームウェア発表 キヤノンは、同社の業務用4Kディスプレイ7製品(DP-V3120... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示