PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示

News

[NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示

2018-04-11 掲載

Canonブース動画

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」登場

ブースの最大の目玉はCINEMA EOS SYSTEMの最上位機種「EOS C700 FF」だ。トップエンドな映画製作やテレビ制作、CMをターゲットとしたカメラで、発売は7月の中旬予定。価格はオープン、市場想定価格は税別363万円前後。受発注商品という扱いになる。

フルフレームモデルのEOS C700 FF。4K・8K機材展で聞いた話だが、FFの外観に機種名の刻印にFFなどの文字も入ることはない。従来機種と一緒で見分けはできないという

EOS C700 FFの特長は、5.9Kのフルサイズのセンサーの搭載。スチルカメラの36×24mmフルサイズではなく、17:9の38.1×20.1mmとなる。センサーはEOS C700 FFのために新開発をしたもので、これまでの現行のCINEMA EOSカメラと比べても低ノイズで、15Stopを超えるダイナミックレンズを実現している。

XF-AVC、Cinema RAW、ProResでの記録可能で、Cinema RAWはCodex社製レコーダー「CDX-36150」の使用時に利用できる。PQとHLGの両方のモニタリングやUser LUTにも対応する。アナモフィックレンズは現行EOS C700でも対応していたが、より縦に大きいEOS C700 FFはアナモフィックレンズの親和性をさらに高めている。

デュアルピクセルCMOS AFも大きな特長で、最近の映像制作はオーバー4Kで映像制作によりピントがよりシビアに求められてきたり、映像制作のオペレーションの規模感もどんどんとミニマイズされてきている。キヤノンとしてはそうした傾向を踏まえてEFレンズ使用時に高精度なオートフォーカスが可能なAF機能を有効活用してほしいと提案をしている。

また、内蔵のNDフィルターが現行EOS C700はターレット式で回転するものだが、今回のFFはスライドタイプのNDフィルターに変更されている。マウントは、現行EOS C700同じくEFとPLの両方を用意している。B4マウントの放送用ENGレンズに関しては別売のB4マウントアダプターMO-4E(EOS C700 FF用)/MO-4P(EOS C700 FF PL用)を使用することにより装着できる。

プライムレンズに20mmの焦点距離の「CN-E20mm T1.5 L F」が登場

キヤノンのEFシネマレンズのプライムレンズで先日発表した焦点距離20mmの「CN-E20mm T1.5 L F」がさっそく展示されていた。発売は10月上旬。価格はオープンで、市場想定価格は税別46万円前後。

特長は、4K画質でT値は1.5の明るさを実現しているところだ。センサーサイズは、スーパー35mm相当、35mmフルサイズ、APS-C、APS-Hに対応する。絞り羽根枚数は11枚の奇数枚で、ボケ味をきれいに出せる。フォーカスの回転角は300°で、スチル用EFレンズに比べて滑らかで微妙なフォーカシングも可能になっている。CN-Eレンズの前玉径はすべて統一で114mm、全長も同じ高さを実現しており、レンズの交換しても同じような形で使えるように統一されている。

12G-SDI端子を搭載した業務用4Kディスプレイ「DP-V2421」「V1711」

12G-SDI端子を搭載した24インチの「DP-V2421」と、17インチの「DP-V1711」の展示も行われていた。DP-V2421は、現行の24インチの「DP-V2420」の後継機種で、DP-V1711は17インチの「DP-V1710」の後継機種。

12G-SDI端子を搭載した17型の業務用4Kディスプレイ「DP-V1711」

17インチのDP-V1711の発売は4月下旬を予定。価格はオープンで市場想定は150万円。特長は、これまで3G-SDI端子搭載の4KディスプレイではSDIケーブルを4本必要としていた4K/60p映像の送受信が、12G-SDI対応ケーブル1本で受信可能になる。最大4本映像を4K映像の入力に対応し、4つのチャンネル切り替えることが可能。それ以外は、現行の1710と基本的に変わらない。また、現行のDP-V1710とDP-V1711の2機種は300cd/m2までだが、6月下旬開始予定の有償アップグレードライセンスの購入で600cd/m2まで上げることが可能になる。

DP-V2421は、24インチの4Kリファレンスディスプレイで、発売は4月下旬、価格はオープンで市場想定は316万。こちらも4K映像をケーブル1本で受信可能な12G-SDI端子を搭載。4本で4Kが入り、チャンネルでスムーズに切り替えが可能。最大1200cd/m2の高輝度に対応し、RGBのLEDを使っていて、色域を広く表現することができる。

マスターモニタとして使用したり、ポスプロ、スタジオの編集用に使える「DP-V2421」

4K放送用カメラ対応のポータブルズームレンズ3機種と中望遠レンズが新しく登場

4月3日に発表された4K放送用カメラ対応のポータブルズームレンズの新製品も一部展示されていた。先日発表されたのは3機種で、7.5mmからの24倍のレンズ「CJ24e×7.5B」が6月下旬発売予定。同じく4.3mmワイド端からの14倍のワイドレンズ「CJ14e×4.3B」が8月下旬発売予定。7.6mmから18倍のレンズ「CJ18e×7.6B」で11月下旬の発売予定。それぞれのレンズは4Kレンズで小型軽量、4Kの性能を有しながら3分の2インチのHDRレンズとほぼ同等サイズの実現を特長としている。

4K放送用ポータブルズームレンズ「CJ24e×7.5B IRSE S」

こちらも4月3日に発表されたワイド端9mmから66倍の箱型のレンズ「UHD DIGISUPER 66」が展示されていた。発売日は8月下旬を予定。ワイド9.3mmからズーム比86倍のフィールドズームレンズのフラッグシップモデル「UHD DIGISUPER 86」やワイド9mmからズーム比90倍の「UHD DIGISUPER 90」がすでに発売しているが、そこに今回発表された中望遠のフィールドレンズが加わる。UHD DIGISUPER 66は、さほど望遠が必要ないシチュエーションでの撮影をされる中継システムや、60倍クラスでも十分な放送をターゲットにしている。

倍率66倍で焦点距離600mmの中望遠撮影に対応した「UHD DIGISUPER 66」

新製品ではないが「UHD DIGISUPER 66」のさらに上位で、UHDの中でもプレミアムというカテゴリに入る最上位クラスの「UHD DIGISUPER 86」も展示されていた。ある意味キヤノンを代表するレンズといってもいいだろう。

86倍ズームの「UHD-DIGISUPER 86」

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018]キヤノンブース:XFシリーズの最高峰モデル「XF705」やイベント向け高輝度モデルプロジェクター「LX-4K3500Z」を展示

キヤノンブース動画 キヤノンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

特集記事

10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。

トップ > 特集 > [NAB2018:Canon]EOS C700のフルフレームモデル「EOS C700 FF」や20mmのシネマレンズ「CN-E20mm T1.5 L F」を展示