PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:富士フイルム]FZマウントやマイクロフォーサーズマウントのMKレンズ、PLマウント専用光学エクステンダーを使ったフジノンPLレンズを展示

News

[NAB2018:富士フイルム]FZマウントやマイクロフォーサーズマウントのMKレンズ、PLマウント専用光学エクステンダーを使ったフジノンPLレンズを展示

2018-04-18 掲載

富士フイルムブース動画

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

フィルムシミュレーションモードの「ETERNA」に注目。ミラーレスデジタルカメラ「X-H1」を展示

NABの富士フイルムブースにXシステムやGFXシリーズなどのミラーレスデジタルカメラのコーナーが設けられており、タッチ&トライができるようになっていた。来場者は、スチルを撮ったり動画機能を試していた。

富士フイルムはNABの同社ブースで初めてミラーレスデジタルカメラと交換レンズを体験できるコーナーを設置

こちらのコーナーで一押しの展示は2月15日に発表したデジタルカメラ「X-H1」だ。同時に発表したフジノンの「MKX」シリーズと組み合わせて展示を行っていた。X-H1には、シネマ関係で重宝できる「ETERNA」と呼ばれるフィルムシミュレーションモードを新しく搭載しており、こちらのモードのトーンを試している人が多かった。

ボディ内手ブレ補正機能を搭載したフラッグシップモデル「FUJIFILM X-H1」や「Xシリーズ」用交換レンズとして初のシネマレンズ「MKXレンズ」を出展

FZマウントやマイクロフォーサーズマウントのMKレンズを展示

Eマウントのシネレンズでお馴染みのMKシリーズのコーナーも興味深かった。1台はソニーのPMW-F5やPMW-F55と組み合わせて展示。こちらは海外のイギリスのMTF ServicesというメーカーがFZマウントに変換したMKレンズと組み合わせて展示を行っていた。

MKシリーズだけで専用の展示コーナーが設けられていた MKシリーズをFZマウントに変換に変換してソニーのPMW-F5やPMW-F55と組み合わせて展示

MTF Servicesでは、マイクロフォーサーズマウントにも変換できるサービスを提供しており、GH5と組み合わせて展示を行っていた。また、MKレンズにChroszielの電子ズームのモータを組み合わせて展示をしていた。

MKシリーズをマイクロフォーサーズマウントに変換に変換。パナソニックのGH5と組み合わせて展示が行われていた マイクロフォーサーズマウントのMKレンズをボディから外したところ。非常に興味深いサービスだ ChroszielのレンズコントロールシステムとMKレンズを組み合わせた例 MKレンズとソニーのミラーレスカメラにカメラスタビライザーを組み合わせた例

PLマウント専用の光学エクステンダーを使ったスーパー35のレンズとフルフレームのカメラを組み合わせて展示

PLマウントシネマレンズのブースでは、ソニーのVENICEとHK4.7×18と組み合わせた展示が興味深かった。VENICEはフルフレームのカメラで、HK4.7×18はスーパー35mmセンサーのPLマウントレンズだ。この組み合わせの中間にDuclos Lensesブランドで発売されているPLマウント専用の光学エクステンダーを使うことによって、HK4.7×18の像を拡大してフルフレームで使えるようになっていた。

最近はラージフォーマットのシネマカメラが増えてきているが、富士フイルムでは小型軽量で高品質なシネマレンズの開発に着手しているという。

PLマウントのコーナーは、HKシリーズやZKシリーズ、XKシリーズが展示されていた ソニーのフルサイズ6KカメラVENICEにDuclos Lensesの光学エクステンダーを使って18-85mmのレンズを組み合わせて展示 Duclos Lensesブランドで発売されているPLマウント専用の光学エクステンダー

46倍のズームを備えた4K対応の放送用ポータブルズームレンズを展示

放送用レンズでは、UA46x9.5とUA46x13.5に注目。特長が3つあり、1つが4Kの解像力を再現できること、もう1つが防振機能を改善、最後の1つは、46倍という高倍率を実現していることだ。

新製品の展示も行われていた放送用レンズの展示コーナー 標準ズームレンズ「FUJINON UA46x9.5」は広角9.5mmから望遠437mmまでカバーする焦点距離を備える

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現:CP+2020]Vol.09 富士フイルムブースの目玉はCP+前日に発表したX-T4のタッチ&トライ。動画撮影機能も大幅に強化

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+前日に「X-T4」を発表。CP+でタッチ&トライを予定していた 富士フイルムブース ※写真はCP+2019の様子 ... 続きを読む

[InterBEE2019]富士フイルムブース:4K放送用レンズの125倍ズームレンズ「UA125×8」やAF対応「UA107x8.4AF」を出展

高倍率放送用レンズの新製品2機種を国内初出展 今年のInter BEEの展示会場の中でも特に注目製品と言える4K放送用ズームレンズの「FUJINON UA125×8」... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.04 富士フイルム、AF機能を搭載した4K対応放送用レンズ「FUJINON UA107×8.4BESM AF」を初公開

txt・構成:編集部 8K放送用レンズの展示が人気 中国の中国工業情報化部は、2022年までの4Kテレビと8Kテレビの販売台数を盛り込んだ「超高精細映像産業発展行動計画... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルムブース(動画)

NAB2019の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2018]富士フイルムブース(動画)

NAB2018の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018:富士フイルム]FZマウントやマイクロフォーサーズマウントのMKレンズ、PLマウント専用光学エクステンダーを使ったフジノンPLレンズを展示