PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:Panasonic]4K8KからHDR、MoIPなどのIPを活用した映像ソリューションまで幅広い製品を展示。今年で創業100周年!

News

[NAB2018:Panasonic]4K8KからHDR、MoIPなどのIPを活用した映像ソリューションまで幅広い製品を展示。今年で創業100周年!

2018-04-19 掲載

Panasonicブース動画

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Panasonicブースレポート

創業100周年を迎えるパナソニックは、放送局のほか映画やドラマ・番組制作、文教・イベント、スポーツ制作向けに分けそれぞれに最適なソリューションの提案を行った。その他にも、「MoIP」や「HDR」などのコア技術を中心とした展示となった。ブースにはパナソニック(松下電器)が創業した当初に販売していた二股ソケットからの歴史的な変遷をコンパクトにまとめたコーナーのほか、いくつかのコーナーに100周年のロゴを配したディスプレイが見受けられた。

放送局向けのコーナーでは、新開発の大判4.4Kセンサーを搭載した、2/3型レンズマウント対応の4KスタジオカメラAK-UC4000シリーズや、新たにライブ出力対応した4KシネマカメラVARICAM LTを出展したほか、光伝送システム対応のHDカメラAK-HC3500Aや1080p 4倍速撮影対応のスタジオ中継カメラAK-HC5000のほか、P2 CastやP2 BridgeによるP2ワークフローやMoIPによるIPネットワークソリューションが参考出展されていた。

4Kスタジオカメラ「AK-UC4000」

4KスタジオカメラAK-UC4000。新開発の大判4.4Kセンサーを搭載した2/3型レンズマウント対応の4KスタジオカメラでHDR(HLG)やBT.2020のほかハイスピード撮影にも対応している。12G-SDIやTICO over SDI(4K over 3G-SDI)出力のほかMoIPを備えており、スタジオでの撮影のほかスポーツ中継など様々な運用環境へ柔軟に対応可能。

HDスタジオハンディカメラ「AK-HC5000」

AK-HC5000はスポーツイベントなどで躍動感のあるスローモーション撮影が可能なスタジオハンディカメラで、最大4倍速のスローモーションに対応。写真はビルドアップユニットAK-HBU500GJやリモートオペレーションパネルAK-HRP1000などを組み合わせた状態。

VARICAM LT

VARICAM LTはVARICAM 35と同じスーパー35mmイメージセンサーを搭載しており、広ダイナミックレンジ、広色域、高感度の4K映像収録を実現。デュアルネイティブISO(800/5000)を搭載し、暗い照明の下でもネイティブISO5000で、よりクリアな撮影が可能。

マグネシウムボディを採用しているほか、コンパクトなボディーデザインとなっており、ジンバルやドローンに搭載やなど幅広い撮影スタイルでの撮影に対応可能。レンズマウントはEFレンズマウントを標準としているがオプションでPLマウントとの交換をユーザー自身で行うことが可能。

また、今年2月にリリースしたVARICAM LT Version 6.0により、ライブオペレーション向けの機能が強化され、同社のリモートオペレーションパネル(以下:ROP)「AK‐HRP1000/1005GJ」での制御が可能となった。ROPの操作に適した現場での画作りが行えるよう、新たにシェーディングモードをVARICAM LT本体に追加。シェーディングモードでは、色補正を行っているライブソースとは別にV-Logで記録可能なため、劇場やファッションショーといったライブイベントのポスト制作に役立つだろう。

VARICAMシリーズ用のHDカラービューファインダー「AU-VCVF2GJ」

VARICAMシリーズ用のHDカラービューファインダーAU-VCVF2GJ。有機ELパネルを採用することで低遅延かつ忠実な色再現を実現。現行のVARICAMビューファインダーAU-VCVF1G/VCVF10Gの後継機種になる。

Y-Get(スポットメーター)機能のほか、波形モニタ表示やフォルスカラー表示、ゼブラ表示の機能を搭載しており、フォーカスアシスト機能として、2倍、3倍、4倍の拡大表示が可能。また、フォーカスが合っている映像の輪郭部分を赤、緑、または白色で表現するピーキングカラー表示やフォーカススクエア機能(領域ごとにフォーカスが合っている度合いを四角形の大きさで表示)などのフォーカスアシスト機能を搭載している。

コンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」

コンパクトシネマカメラAU-EVA1。新開発の5.7Kスーパー35mmイメージセンサーを搭載しており、4K/10ビット4:2:2に対応している。VARICAM Lookを継承する14ストップの広ダイナミックレンジV-Logガンマや広色域V-Gamutに対応しているほか、デュアルネイティブISO(800/2500)による低ノイズの実現とハイフレームレート(4K最大60fps/2K最大240fps)撮影が可能。

また、ファームウェアアップデートEVA 2.0により、ALL-Intraコーデックや、RAW出力、放送用コーデック、リモートオペレーションのサポートなどの機能が追加される。

ライブプロダクションセンター「AV-HLC100」

ライブプロダクションセンターAV-HLC100。パン/ティルトやズームといったカメラコントロール機能を搭載した1MEスイッチャー。簡単操作を実現しておりワンマンオペレーションによるライブストリーミングに対応している。HD-SDIのAW-HE130のほか、IP対応のAW-HE40シリーズなどの旋回台タイプのカメラのほか、NewTekのNDIにも対応。

12G-SDI対応4K/2KライブスイッチャーAV-HS8300シリーズ

12G-SDI対応の4KライブプロダクションスイッチャーAV-HS8300シリーズ。アップコンバート/ダウンコンバート方式による4K/2Kサイマルシステムのほか、同時入力による4K2K切り替えシステムに対応。4K/2Kが混在する制作環境においてシームレスに運用可能。4Kモード時80入力、HDモード時160入力に対応しており、クロマ/ルミナンスキーなどのキーヤーのほかビデオメモリーやアニメーションワイプなどの機能を搭載している。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.02 パナソニック三井氏に高いNR効果を発揮するAU-EVA1の新ファームウェアについて聞く

txt・構成:編集部 カメラに強力なノイズリダクション搭載でポストプロダクションの負担軽減へ パナソニックは、シネマカメラのVARICAMシリーズや、最新ファームウェア... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.04 注目の360°VRの課題は、どこで、なにで、なにを見るのか

txt:稲田出 構成:編集部 AR/MR/VRがもたらす未来とは テレビは4K/8Kの時代を迎え、解像度的には一般の視聴には充分といえる状況になってきた。テレビの進歩は... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.03 これまでの放送と、これからの放送〜HDRとSDRがもたらすものとは

txt:稲田出 構成:編集部 これからのHDRとSDRワークフローに必要なモノ 次世代の放送として4K/8Kが目前に迫り一部では開始しており、時代も変化を迎えている。従... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2018レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 AfterNABの会場はコンパクトではあるものの、50社近いメーカーが出展している。前回に引き続きブースの紹介をしていこう。 エーディ... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2018]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2018レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月23、24日の2日間東京・秋葉原のUDXにおいて「After... 続きを読む

[NAB2018もうひとつの視点]Vol.02 NABの次の主役はAIとマシンラーニングに

txt:江口靖二 構成:編集部 映像制作の世界に一気に押し寄せてくるAIの波 今年のNABの傾向として、一気にAIやマシンラーニングが表舞台に上がってきた感がある。これは数... 続きを読む

[NAB2018:Angenieux]12倍の高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」や新型アナモフィックズームレンズ「Optimo Anamorphic 42-420 A2S」を展示

12倍のマルチフォーマットの高倍率ズーム「Optimo Ultra 12x」 IBC 2017で発表された12倍のズームレンズ「Optimo Ultra 12x」が展示されて... 続きを読む

[NAB2018:DJI]複雑なシーンや動きの激しいシーンでも滑らかな撮影を実現する「DJI FORCE PRO」と「DJI Master Wheels」を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

特集記事

Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018:Panasonic]4K8KからHDR、MoIPなどのIPを活用した映像ソリューションまで幅広い製品を展示。今年で創業100周年!