PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:Panasonic]4K8KからHDR、MoIPなどのIPを活用した映像ソリューションまで幅広い製品を展示。今年で創業100周年!
News

[NAB2018:Panasonic]4K8KからHDR、MoIPなどのIPを活用した映像ソリューションまで幅広い製品を展示。今年で創業100周年!

2018-04-19 掲載

Panasonicブース動画

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

Panasonicブースレポート

創業100周年を迎えるパナソニックは、放送局のほか映画やドラマ・番組制作、文教・イベント、スポーツ制作向けに分けそれぞれに最適なソリューションの提案を行った。その他にも、「MoIP」や「HDR」などのコア技術を中心とした展示となった。ブースにはパナソニック(松下電器)が創業した当初に販売していた二股ソケットからの歴史的な変遷をコンパクトにまとめたコーナーのほか、いくつかのコーナーに100周年のロゴを配したディスプレイが見受けられた。

放送局向けのコーナーでは、新開発の大判4.4Kセンサーを搭載した、2/3型レンズマウント対応の4KスタジオカメラAK-UC4000シリーズや、新たにライブ出力対応した4KシネマカメラVARICAM LTを出展したほか、光伝送システム対応のHDカメラAK-HC3500Aや1080p 4倍速撮影対応のスタジオ中継カメラAK-HC5000のほか、P2 CastやP2 BridgeによるP2ワークフローやMoIPによるIPネットワークソリューションが参考出展されていた。

4Kスタジオカメラ「AK-UC4000」

4KスタジオカメラAK-UC4000。新開発の大判4.4Kセンサーを搭載した2/3型レンズマウント対応の4KスタジオカメラでHDR(HLG)やBT.2020のほかハイスピード撮影にも対応している。12G-SDIやTICO over SDI(4K over 3G-SDI)出力のほかMoIPを備えており、スタジオでの撮影のほかスポーツ中継など様々な運用環境へ柔軟に対応可能。

HDスタジオハンディカメラ「AK-HC5000」

AK-HC5000はスポーツイベントなどで躍動感のあるスローモーション撮影が可能なスタジオハンディカメラで、最大4倍速のスローモーションに対応。写真はビルドアップユニットAK-HBU500GJやリモートオペレーションパネルAK-HRP1000などを組み合わせた状態。

VARICAM LT

VARICAM LTはVARICAM 35と同じスーパー35mmイメージセンサーを搭載しており、広ダイナミックレンジ、広色域、高感度の4K映像収録を実現。デュアルネイティブISO(800/5000)を搭載し、暗い照明の下でもネイティブISO5000で、よりクリアな撮影が可能。

マグネシウムボディを採用しているほか、コンパクトなボディーデザインとなっており、ジンバルやドローンに搭載やなど幅広い撮影スタイルでの撮影に対応可能。レンズマウントはEFレンズマウントを標準としているがオプションでPLマウントとの交換をユーザー自身で行うことが可能。

また、今年2月にリリースしたVARICAM LT Version 6.0により、ライブオペレーション向けの機能が強化され、同社のリモートオペレーションパネル(以下:ROP)「AK‐HRP1000/1005GJ」での制御が可能となった。ROPの操作に適した現場での画作りが行えるよう、新たにシェーディングモードをVARICAM LT本体に追加。シェーディングモードでは、色補正を行っているライブソースとは別にV-Logで記録可能なため、劇場やファッションショーといったライブイベントのポスト制作に役立つだろう。

VARICAMシリーズ用のHDカラービューファインダー「AU-VCVF2GJ」

VARICAMシリーズ用のHDカラービューファインダーAU-VCVF2GJ。有機ELパネルを採用することで低遅延かつ忠実な色再現を実現。現行のVARICAMビューファインダーAU-VCVF1G/VCVF10Gの後継機種になる。

Y-Get(スポットメーター)機能のほか、波形モニタ表示やフォルスカラー表示、ゼブラ表示の機能を搭載しており、フォーカスアシスト機能として、2倍、3倍、4倍の拡大表示が可能。また、フォーカスが合っている映像の輪郭部分を赤、緑、または白色で表現するピーキングカラー表示やフォーカススクエア機能(領域ごとにフォーカスが合っている度合いを四角形の大きさで表示)などのフォーカスアシスト機能を搭載している。

コンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」

コンパクトシネマカメラAU-EVA1。新開発の5.7Kスーパー35mmイメージセンサーを搭載しており、4K/10ビット4:2:2に対応している。VARICAM Lookを継承する14ストップの広ダイナミックレンジV-Logガンマや広色域V-Gamutに対応しているほか、デュアルネイティブISO(800/2500)による低ノイズの実現とハイフレームレート(4K最大60fps/2K最大240fps)撮影が可能。

また、ファームウェアアップデートEVA 2.0により、ALL-Intraコーデックや、RAW出力、放送用コーデック、リモートオペレーションのサポートなどの機能が追加される。

ライブプロダクションセンター「AV-HLC100」

ライブプロダクションセンターAV-HLC100。パン/ティルトやズームといったカメラコントロール機能を搭載した1MEスイッチャー。簡単操作を実現しておりワンマンオペレーションによるライブストリーミングに対応している。HD-SDIのAW-HE130のほか、IP対応のAW-HE40シリーズなどの旋回台タイプのカメラのほか、NewTekのNDIにも対応。

12G-SDI対応4K/2KライブスイッチャーAV-HS8300シリーズ

12G-SDI対応の4KライブプロダクションスイッチャーAV-HS8300シリーズ。アップコンバート/ダウンコンバート方式による4K/2Kサイマルシステムのほか、同時入力による4K2K切り替えシステムに対応。4K/2Kが混在する制作環境においてシームレスに運用可能。4Kモード時80入力、HDモード時160入力に対応しており、クロマ/ルミナンスキーなどのキーヤーのほかビデオメモリーやアニメーションワイプなどの機能を搭載している。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.04 パナソニック、S1H Ver.2.0メジャーアップデートを提供開始

txt・構成:編集部 動画RAWデータ出力機能は急遽延期 パナソニックは5月25日、S1H初のメジャーアップデートなるファームウェア2.0を無償で提供開始した。しかし、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:パナソニック(ビジネス)編

製品レポート AW-UE100 AK-HC3900GJ/AK-HC3900GSJ KAI... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム

ST2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自のソフトウェア開発によって実現したIT/IPプラットフォーム パナソニックは、NAB2020で展示予... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]High Bandwidth NDIやSRTなどのIP規格に対応した4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100」

ネットワークを活用した映像配信が可能な4Kインテグレーテッドカメラ「AW-UE100」 パナソニックは、NAB2020で展示予定だった新製品として4Kインテグレーテッドカメラ... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]1080p HDR対応の新HDスタジオカメラ「AK-HC3900GJ」「AK-HC3900GSJ」(海外向けモデル)

トータルシステムとしての運用性を追求したHDスタジオカメラ(海外向けモデル)2モデルが登場 パナソニックNAB2020で展示予定だったHD Studio Camera(海外向... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]ディレクターカメラとしての使い勝手にこだわったデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」

4K60p 10bit撮影対応のデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」 パナソニックが今年の2月に発表したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」は、4K60p 1... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]「 DC-S1H」ファームウェアVer2.0でRAW動画出力、動画記録中のHDMIダウンコンバート出力に対応

幅広い映像制作現場に対応するS1HのファームウェアVer2.0を発表 パナソニックのLUMIX S1Hは、“シネマミラーレス”などと呼ばれることも多く、その名の通り幅広い映像... 続きを読む

[InterBEE2019]パナソニック/パナソニック システムソリューションズ ジャパンブース:新製品LUMIX S1HやAJ-CX4000GJを展示。S1Hは外部レコーダーによるProRes RAW記録の稼働デモ公開

S1HからNINJA Vへ5.9k30PのProRes RAW記録を稼働デモ公開 メインの展示はIT/IPプラットフォームを使ったスポーツ中継ソリューションだったが、カメラ関... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2018:Panasonic]4K8KからHDR、MoIPなどのIPを活用した映像ソリューションまで幅広い製品を展示。今年で創業100周年!