PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2018:NewTek]各製品のアップデートやコンバーターとストレージの新製品、仮想化されたコントロールルームソフトウェアを展示

News

[NAB2018:NewTek]各製品のアップデートやコンバーターとストレージの新製品、仮想化されたコントロールルームソフトウェアを展示

2018-04-23 掲載

360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

完全にソフトウェアベースだから実現できる仮想化されたコントロールルームソフトウェア

NewTekはコモドールコンピュータのアミガのコンピューター上で動くVideo Toasterを発表して以来、ビデオ関係のプロセッシングをすべてソフトウェアで行う製品を世に送り出している。現在リリースされているTriCasterのインプット、アウトプットのハードウェアだが、中の処理はソフトウェアによって行われている。

展示されていた「NewTek Virtualized Products」 NVPの構成

そんなNewTekは、NABの会期に合わせて発表したNVPと呼ばれる「NewTek Virtualized Products」を発表。完全に仮想化された環境内で独自の操作が可能なライブプロダクションソリューションというものだ。

局の事例として、VizrtのViz Opusコンパクトコントロールルームオートメーションシステムと44入力のVMC1を使ってロスのCGのアプライアンスを3台立ち上げてプロダクションを行い、プロダクションが終わるとスピンダウンして何もなかった状態に戻すという使い方を紹介。

新しいハードウェアをその都度足していくよりも、この方が自由度が上がってコストの増加も抑えられるだろうとのこと。将来的にはこのようなソフトウェアの方向に向かうとNewTekは考えており、発表をしたという。

Photoshopで作成してAfter Effectsでアニメート後、TC1やIPシリーズでリアルタイム出力できる「NewTek LiveGraphics」

NewTek LiveGraphicsというアドビのAfter Effectsのプレグインのソフトウェアも発表された。PhotoshopのPSDデータを取り込み、After Effectsでプラグインで書き出し、NewTek IPシリーズまたはTriCaster TC1システムで最大4K UHDまでの解像度でインポート、カスタマイズおよび出力することができるというものだ。

4K UHDをNDIに変換する「Connect Spark Pro」やコンバーター「NewTek NC1 Studio I/O IP Module」を発表

ハードウェアの新製品では、4KのHDMI 2.0のポートから4Kのビデオとオーディオを入力してNDIに変換するポータブルNDIコンバータ「Connect Spark Pro」を発表。Ethernet経由の電源に対応するPoE対応で、ケーブル1本で接続が完結してパワーを供給しながらNDIを送出できる。サイズも小さく、カメラの背後に装着できるようになっている。アメリカでの小売価格は995ドルで、発売自体は来四半期の予定。IBCまでには販売を開始するという。

また、SMPTE 2110のストリームを4つ受けてNDIのストリームにコンバートするコンバーター「NewTek NC1 Studio I/O IP Module」を発表。4ストリームのインまたはアウトの両方共できる。

4チャンネルのNDIストリーミングやMAMを備えた大容量の「NewTekリモートストレージ」

SMS(Studio Network Solutions)というストレージメーカーと組み、NewTekブランドでストレージを販売することも発表した。24TB、48TB、96TBの3種類あり、SMSのEVOというモデルがベースになっている。同時に複数のNDIフィードを録画ができたり、録画フォーマットが選択できる。また、MAMも入っていてTriCasterからコントロールをしてプレイバックも4系統いっぺんにできる製品となっている。

TriCaster TC1やNewTek IPシリーズの無償アップグレード

16の外部入力をもつTC1と44入力のVMC1の2つにいくつか無償のアップグレードが発表された。1つがタッチスクリーンのサポートで、タッチスクリーン用の簡素化したユーザーインタフェースを追加したり、オーディオのルーティングがこれまで出力だけだったが、新バージョンから入ってきているすべてのオーディオチャンネルをDanteに出力、またはAES67のデジタル出力としてネットワークに流すことができるようになる。


[ Category : , ]
[ DATE : 2018-04-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Film Shooting Rhapsody]Vol.03 知っておきたいフィルムの知識

txt:荒木泰晴 構成:編集部 フィルムの種類 ■柔らかい調子のフィルム、硬い調子のフィルム コダックのカタログには4種類の16mmフィルムが載っており、タングステン... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody]Vol.02 なぜフィルムが選ばれるのか?

1973年「ヨーロッパの高速道路」ロケ。背景はスイス、マッターホルン。カメラはアリフレックス35IIC。35mm映画カメラでもスタッフは4名、左からセカンド助手の私、木村監督、関口... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び] Vol.05 個性的なモデルをラインナップするFILMPOWERの「Nebula 4100 Slant」/「Nebula 4500 5-Axis Slant」

txt:飯田雄平 構成:編集部 独創的かつ革新的な製品を生み出しているFILMPOWER 今回比較したジンバルの中でも、かなり個性的な特徴をもつ機種が、このFILM... 続きを読む

[Film Shooting Rhapsody]Vol.01 アナタがフィルムで撮影できない理由とは?

1995年IMAX用「MSM9801」カメラをアメリカでテスト。左は岸本セカンド助手、ファインダーを覗いているのは北村コーディネーター txt:荒木泰晴 構成:編集部 ... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.07 強化された最大積載量と操作性を向上させたFeiyuTechの新製品「AK」シリーズについて聞く

txt:編集部 構成:編集部 FeiyuTechは2018年12月14日より、デジタルカメラ向けの2種類の片手用ジンバル「AK2000」と「AK4000」の国内販売を開始... 続きを読む

[CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

txt:江口靖二 構成:編集部 筆者はもともとテレビ業界の人であるが、最近はAIやブロックチェーンにも手を染めてしまっている。こうして17年ほど連続でCESに参加していると、... 続きを読む

[10万円以下のジンバル選び]Vol.06 ジンバルに新しいスタイルを巻き起こすZhiyunの新製品「CRANE 3 LAB」と「WEEBILL LAB」

txt:編集部 構成:編集部 Zhiyun(ジーウン)は、InterBEE2018で日本初公開となるCRANE 3 LAB(クレーンスリーラボ)とWEEBILL LAB(... 続きを読む

[CES2019]Vol.11 「ラストワンマイル」市場を取れ!モビリティCES最前線

txt:西村真里子 構成:編集部 CES2019の特徴の一つとして、昨年までのビジョンを語るフェーズから実行フェーズに移ったことがあげられるだろう。ポジティブに言うと... 続きを読む

[CES2019]Vol.10 なくならないでほしいCESの多様性を象徴した「牧歌的」プロダクトたち

txt:清水幹太 構成:編集部 CESでは多くの体験型デモンストレーションがある。VR体験や、シミュレータ、車に乗ってみたりなど、多くの参加者が新しい製品の新しい体験のた... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [NAB2018:NewTek]各製品のアップデートやコンバーターとストレージの新製品、仮想化されたコントロールルームソフトウェアを展示