PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.02 パナソニック三井氏に高いNR効果を発揮するAU-EVA1の新ファームウェアについて聞く

News

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.02 パナソニック三井氏に高いNR効果を発揮するAU-EVA1の新ファームウェアについて聞く

2018-06-12 掲載

txt・構成:編集部

カメラに強力なノイズリダクション搭載でポストプロダクションの負担軽減へ

パナソニックは、シネマカメラのVARICAMシリーズや、最新ファームウェアにアップデートしたAU-EVA1(以下:EVA1)を展示。ブースの注目は、NABに引き続いてCine Gearのタイミングでもファームウェアアップデートを公開したEVA1の新機能だ。商品設計部の三井隆博氏にファームウェアアップデートの詳細について聞いてみた。

パナソニック商品設計部の三井隆博氏
――今年のパナソニックブースの見どころはどこですか?

今回の弊社ブースではVARICAMシリーズからEVA1、GH5シリーズまでのトータルのラインナップで訴求させて頂いております、弊社のカメラのルックは、VARICAMからGHシリーズまで統一感を持たせており、バジェットに応じてカメラを選んで頂くことが可能です。このユーザーの方から高い評価を頂いているトータルのラインナップをアピールしたくて、このような展示とさせて頂きました。

最新の動向としましては、5月31日にEVA1のVer.2.5というソフトウェアアップデートデートをリリースしました。4月2日にVer.2.02をリリースしたばかりですが、いち早くお客様の要望にお応えするたねに、このようなタイミングでのリリースさせて頂きました。

EVA1のファームウェアがVer.2.5にアップデート

最も大きなアップデートは、ノイズリダクションの強化です。これまでもカメラ内でのノイズリダクションを搭載しておりますが、今回はより強力な効果が得られるオプションを追加致しました。

元々パナソニックのカメラは、ノイズリダクションをカメラの中であまりかけない思想で設計されています。ノイズというのは映像信号の中でももっとも細かい信号ですし、ノイズをカメラの中でも消していくと被写体の細かいところが消えていくので、後で再現することはできません。我々としては、ノイズを自然に保ちつつ、ノイズの量をいかに減らすかという思想でこれまでカメラを設計してきました。

EVA1もそんな思想で設計をしており、自然なノイズに仕上げているため、ポストプロダクションのノイズリダクションできれいに落とすことができます。しかし、をご購入頂いたユーザー様からはポストプロダクションでノイズリダクションをかける時間がない、もしくはポストプロダクションを行う時間がないという声を多く頂きました。

このような要望をにお応えするため、Ver2.5ではより高いNR効果を発揮する「SMOOTH」と呼ばれるオプションを追加しました。「SMOOTH」を実行すると、ディテールはわずかにソフトになりますが、ノイズは大幅に低減できます。これにより、いわゆる”撮って出し”のプロジェクトにも安心してご使用頂けるかと思っております。

新しく追加された「SMOOTH」オプション

また、サポートするレンズを4本追加しました。

■キヤノン

  • EF 24-105mm F4L IS II USM
  • EF-S 17-55mm F2.8 IS USM

■タムロン

  • SP 35mm F/1.8 Di VC USD
  • SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
――EVA1で動かないレンズもあるのですか?

リバースエンジニアリングにてEFマウント対応を行っているため、サポートできていないレンズもあります。サポートするためにはレンズ一本一本の動作検証とソフトウェア対応が必要です。当社のWebサイトに動作検証済みレンズのリストを掲載しておりますので、そちらでご確認頂くことができます。

――そのほかのEVA1の動向を聞かせてください。

バージョンVer.2.02から422Intra 400Mに対応しまして、 Netflixの認定カメラリストに追加されました。それにより、Netflixオリジナル作品で多く使われているVariCamシリーズのサブカメラとして使用頂ける事例が増えております。これはまさに同じLookやLogを継承しているからだと思っております。またEVA1単体としても自主製作映画、ドラマなど日本国内外問わず世界中で使用されており、嬉しい限りです。

――ファームウェアのバージョン2.0でRAWの出力に対応しましたがユーザーの反応はいかがでしょうか。また、最後にEVA1のアピールもお願いします。

ユーザー皆様からの反応は非常にいいですね。RAWが快適に編集できるというのは皆様に喜んでいただいております。また、ATOMOSさんは6月1日にSUMOのファームウェアの公開を開始しまして、5.7K RAWに対応して頂きました。Shogun Infernoのファームウェアはシネギア後にリリースされる予定です。

最後になりますが、今回のCine gearではVariCamシリーズ、EVA1、そしてGHシリーズと、当社シネマカメラの全ラインナップを展示させて頂きました。ハイエンドからローエンドまでルックを統一感を持たせたることで、制作市場の全てのクリエイターにアートのツールを提供したい、そんな想いでやっとここまで揃えたラインナップです。Panasonicの本気度を感じて頂き、ぜひ、素晴らしい映像作品制作のツールとして使って頂けたらと思います。

ブースには非圧縮V-RAWを直接記録するVARICAM PUREをはじめ、VariCam35、VariCamLT、VariCamLTのライブシステムなど、全ラインナップが展示されていた
txt・構成:編集部
Vol.01 [Digital Cinema Bülow VII] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2018-06-12 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[QBEE2018]Vol.02 九州放送機器展2日目。外は豪雨でも中は熱いぜ!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 今年も雨だったQBEE最終日 QBEE最終日は土砂降りの雨の中からスタート。さすがに開場時... 続きを読む

[QBEE2018]Vol.01 九州放送機器展の初日。隠れたお宝を探せ!

txt/movie:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部 QBEE初日を迎えて QBEEの始まりはいつも雨、レインマンは誰だ?! QB... 続きを読む

[QBEE2018]Vol.00 恒例となった九州放送機器展、今年は“嵐”の予感?!〜事前予習編

txt岡英史 構成:編集部 搬入DAY 毎年前日はド晴天な会場 7月の予定は毎年恒例の九州放送機器展からスタートする。良く聞かれるのは「NABにも行ってる... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.05 Cine Gearでシネマ業界注目のレンズメーカーを拝見 レンズ/周辺機器編

txt:編集部 構成:編集部 ATOMOSブース:Sumo19に対応する「AtomOS 9.1」を発表 Cine Gearの展示会場の注目は、レンズメーカーの展示だ。シ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.04 ラージセンサー搭載のデジタルシネマカメラに注目

txt・構成:編集部 今年のCine Gearの展示ブースから注目を挙げるならば、各社からリリースが相次いでいるラージセンサー搭載のデジタルシネマカメラだろう。RED MON... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.10 Cine Gear探訪5:栁下隆之編〜レンズ、アクセサリーで気になったもの

txt:栁下隆之 構成:編集部 暑い!熱い!会場から いやいや、これは参った!と思うほどの、2日目の入場もまさかの行列。入り口のセキュリティーチェック待ちなのだが、10... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.09 Cine Gear探訪4:岡英史編〜大人の遊園地で刺激的な日々を満喫

txt:岡英史 構成:編集部 ■Cine Gear EXPOブラリ まさに映画業界裏方の遊園地! Paramount Pictures ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII~Cine Gear 2018]Vol.03 カールツァイス小倉氏にラージフォーマット対応Supreme Primeについて聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeのルック、小型化、軽量を実現できた理由を明かす! カールツァイスは5月24日、新しいハイエンドシネレンズシリーズ「Sup... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VII]Vol.08 Cine Gear探訪3:手塚一佳編〜オタク社長的会場の歩き方

Cine Gearは映画の祭典。見慣れたニューヨークのセットと、3つのスタジオ建屋、巨大なプール、会議室など、パナマウントスタジオの多くを占拠して行われる一大イベントだ txt:... 続きを読む

特集記事

QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。
PRONEWS AWARD 2017 PRONEWS AWARD 2017
2017年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。

トップ > 特集 > [Digital Cinema Bülow VII]Vol.02 パナソニック三井氏に高いNR効果を発揮するAU-EVA1の新ファームウェアについて聞く