PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [inside DaVinci 15]Vol.04 私はDaVinci Resolve 15をこう使う~千葉 孝氏の場合

News

[inside DaVinci 15]Vol.04 私はDaVinci Resolve 15をこう使う~千葉 孝氏の場合

2018-07-06 掲載

txt:千葉 孝 構成:編集部
千葉 孝
(株)ソニーPCL入社。ハイビジョン推進部にて、ハイビジョンカメラの研究開発に関わる。その後、撮影技術プロダクションを経て、1998−2007年渡米。ニューヨークに本拠を構え、テレビ、映画、PVなどの数々の作品に関わる。日本に帰国後はCMを中心にDP、DITとして活躍する。カメラマンとしてだけでなく、4K撮影とデジタルワークフローの構築を得意分野とし、多数の映画、ドラマなどのテクニカルアドバイザーを手がける傍ら、自らDaVinci Resolveを私用したカラリストとしても活躍する。現在フリーランス。
zapmania@gmail.com

フェラーリ+ランボルギーニ+ポルシェ≒フェランボルシェ?!

いやはや、トンデモナイことになってきた。

前回のメジャーアップデートでFairlightと統合された時もかなり驚いたが、DaVinci Resolve 15からはFusionだと?!まったくもって今回の異常事態をどう捉えたらいいのか。下手なたとえを承知であえて表現すると…

ある日突然、高級スポーツカーであるフェラーリがタダ(同然)で買えることになった!うひょー!

で、ブイブイ(死語)言わせて喜んで乗ってたのもつかの間、あの高級外車ランボルギーニと統合!

そして今回、あのポルシェと合体!ここにきてめでたく、3車一体のフェランボルシェがタダ同然で乗ることができるようになった!という感じか。

っていうかお前それ乗りこなせるんか?→今ココ

自分は正直、日常の業務でDaVinci Resolveを使用する際、Fairlightページはほぼスルーだ。それは自分が音のプロではないからだ。しかしFusionは非常に興味がある。のだが…。正直、Fusionは本業であるカメラマン仕事の範疇を越えてるのは確かだ。しかしこの時代、本業とか言ってしまっている時点で感覚が古いのでは?とここで自問自答が始まる。

なぜならColorのページを覚えるだけでも一苦労、知れば知るほど奥の深い世界が待っているというのに、さらに究極の奥地、前人未到の未開地Fusionの世界を提示されて、映像界に生息する全人類がぼう然としているところではないだろうか。

というわけで、とりあえず自分は(まだ)Colorページを中心にした使い方をしている。皆さんご存知だと思うがせっかくなのでここでいくつか強化された部分をご紹介したいと思う。

筆者が参加した撮影現場より

LUTブラウザとShared Nodesに注目

まず今回のアップデートで超絶便利になった機能が、LUTブラウザだ。

これまでLUTは「当ててみないと分からない」という困った仕様だったのだが、今回から任意のテイクに借りに当ててみた状態でLUTを選択できる。これは凄い。望んでいるLOOKを得るためのスピード感が全く変わってくる。個人的には今回一番大きな変更点だと思っている。

その他に超絶便利なのが新しいShared Nodes機能だ。

あるクリップの任意のノードをシェア(共有)することで他のクリップにも自動的に影響される超絶便利な機能だ。こいつも劇的に作業効率を上げてくれるだろう。たとえば自分の使い方としてはマスターショットに対しLOOKを作成し、そのノードを他のクリップにシェア、それぞれのクリップの微調整をしてタイムライン全体のLUTとNRとFilmGrainはTimeLineモードで作成。という具合だ。

単純な考えだが作業効率が上がる=作業時間の短縮=余った時間はより細かなブラッシュアップのための時間が作れると考えると、今回の変更点は単に新機能の追加にとどまらず、より緻密なグレーディングが可能になったと(無理すれば)言えるだろう。

GTX 1080を搭載したノートPCで出張グレーディング

ちなみに筆者は普段の作業は自宅PCだが、外ではGTX 1080を搭載したノートPC「Razer Blade Pro」を持ち歩き、制作会社などで出張グレーディングを行うことが増えてきた。その場合、電車移動など以外はDaVinci Resolve Mini Panelも携行している。

きちんとキャリブレーションされたモニターさえあれば高度なグレーディングもお気に入りのカフェでできる時代になった(パブリックスペースの場合、守秘義務があるので人目につかないような座席限定ではあるが)。

実際、ポスプロのマシンスペックだとCUDA漢の8枚差し!というのも実際あるのだろうが、今のところ筆者はGTX 1080一枚でも何とか仕事はこなせている。ノートPCの場合、スペックの貧弱さを上回る携行性の高さを評価したい。

また最近いろんな制作会社とお仕事をさせて頂いていると、ポスプロに入るまでもない案件でも、ある程度素敵なLOOKは作りたいという要望を良く聞く。

DaVinci Resolveの性能が上がり、ノートPCのスペックも上がっていくことを考えると今後はそのような「出張グレーディング」というニーズがますます増えて行くのではないだろうか。

とまあ、つらつらと書いてしまったが、完全にユーザーの理解度を飛び越えていると感じるDaVinci Resolve 15である。この超絶モンスター級スーパーカーをいつかは完全に乗りこなしたいものである。

txt:千葉 孝 構成:編集部
Vol.03 [inside DaVinci 15] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

この記事に関連する記事一覧

[inside DaVinci 15]Vol.03 私はDaVinci Resolve 15をこう使う〜岡田太一氏(スタッド 代表)の場合

txt:岡田太一 構成:編集部 岡田太一 Film Editor。株式会社スタッド 代表取締役。CGからキャリアをスタートし、CM業界において一通りのポスプロ工程を経験... 続きを読む

[inside DaVinci 15]Vol.02 新しく統合したビジュアルエフェクトやモーショングラフィックを実現する「Fusion」を検証

txt:中ノ子基高 構成:編集部 中ノ子基高 400年以上続く博多人形宗家の博多人形師。株式会社セントラル・チャイルド代表取締役。日本HPE福岡制作センター長。他社取締... 続きを読む

[inside DaVinci 15]Vol.01 映像業界最大規模のツール登場〜Blackmagic Designの岡野氏にDaVinci Resolve 15の魅力を聞く

txt:編集部 構成:編集部 カラーからVFXまで、話題のツールを徹底紹介 NAB Show 2018でもっとも話題になった発表といえば、Blackmagic De... 続きを読む

特集記事

IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。
CES2018 CES2018
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2018をレポート。
最新カメラ探訪2018 最新カメラ探訪2018
国内3大メーカーが世に問う「映像表現を進化させるプロダクト」とは?最新カメラ事情を紹介。

トップ > 特集 > [inside DaVinci 15]Vol.04 私はDaVinci Resolve 15をこう使う~千葉 孝氏の場合