PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.01 CES2019開催〜「コネクテッド時代」から「データ時代へ」今年も立ち上がる多様な新技術と新製品

News

[CES2019]Vol.01 CES2019開催〜「コネクテッド時代」から「データ時代へ」今年も立ち上がる多様な新技術と新製品

2019-01-08 掲載

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部

2019年のテックトレンドを追うCES2019開催前に

CES2019がいよいよ始まる。今年は2019年1月8日から1月11日(現地北米)までの4日間で世界150カ国以上から約18万人が集まり、4,500社程の企業の出展やセッションをもとに2019年以降の家電を中心としたテックトレンドを占う。

今回も各分野で活躍中の方々を招聘し、多元的に多様性を持ってCESに臨んだ。PRONEWS編集部でもそんな混沌さを伝えるべく、多様なアプローチ視点でCESを語ってみたい。

PRONEWS編集部

開催に先立ち毎年メディア向けには「テックトレンド」「Unveiled(CESイノベーションアワード受賞企業の展示)」が展開される。当記事ではメディア向けに発表、紹介されたものから注目の内容を紹介する。

「コネクテッド時代」から「データ時代へ」

CESの主催であるCTA(Consumer Technology Association)のマーケットリサーチ部門のトップであるスティーブ・コーイング氏らがテックトレンドセッションで紹介したCES2019のトレンドとしてあげていた技術は主に以下8つ。

  1. 5G
  2. スマートホーム(コネクテッド&インテリジェンス)
  3. 人工知能、IoTはInternet of Things からthe Intelligent of Thingsへ
  4. テレビ(8K、QLED、字幕)
  5. VR/AR
  6. 自動運転
  7. デジタルヘルス
  8. レジリエントテクノロジー

アメリカでは5Gが昨年末より試験的にスタートし、今年サービス利用が本格化するので、冒頭で5Gに触れられるのは納得が行く。また、CESでIoTを語られるようになって久しいが、この数年の間にAmazon Alexa、Google Assistantなどの人工知能を活用したプロダクトなども増えInternet of Thingsはthe Intelligence of Things(より賢いモノとコトのつながり)へと進化しているとの紹介も面白い。

ここで聞き慣れない言葉と言えば最後の「レジリエントテクノロジー(Resilient Technology)」だろう。レジリエントとは回復という意味で、自然災害や人的災害からのダメージからしなやかに復旧するためのテクノロジーを称してレジリエントテクノロジーと称していたが、自然災害や人的災害(テロなど)から早急に回復できる都市、太陽光を活用した調理器具などのサステナブルなプロダクトなどを指す。

企業も国連のSDGsを意識した活動が増えるなか、CESの中でもレジリエントやサステナブルという言葉が強調されるのも自然な流れだろう。

ここからはCESのテックトレンドセッションを聞いた上での筆者の注目ポイントをUnveiledで紹介されたプロダクトとともに紹介していく。

5G

年始にソフトバンク宮内氏も「2019年は5G元年」という表現をしていたように、今年は5Gに関するニュースを多く耳にすることになるだろう。アメリカではすでに昨年からVerizonやAT&Tが5G商用サービスを数十拠点で開始している。また、5Gを巡っては米国と中国の対立も気になるところでもある。CESのセッションではすでに次世代通信規格6Gについても語られる予定なのも面白い(「6G and the Quantum Internet」)。

カリフォルニアのD-Linkは5Gゲートウェイを紹介しており、いよいよ一般家庭での5G利用が行われる実感が湧いてくる。

音声認識

昨年のCES2018の印象は「Googleに染まったラスベガス」で、CES2018およびラスベガスの街中Google Assistantの看板、Googleのポップアップテント、スタッフがいたるところで目についた。音声認識Amazon Alexaに追いつけ追い越せを目指したプロモーションだったのだが、今年もラスベガスのモノレールには「Hey Google」の文字が目に着く。

さて、一方のAmazon Alexaはすでに20,000個以上の互換性あるプロダクトがリリースされ、機能も6,000以上存在していると発表されていた。中国の自動運転車メーカーであるBYTONのメディアカンファレンスでもAmazon Alexaを搭載した車内システムを紹介していた。CESでは今年も音声認識分野におけるAmazon VS Google対立構造を多くの場所で意識することになりそうである。

BYTONのプレスカンファレンスでAmazon Alexaとのパートナーを発表した。

テレビの進化にも人工知能

2018年12月にNHKが8K放送をスタートさせたが、家電を中心としたテクノロジートレードショーであるCESでも8Kはもちろん注目されている。Samsungは8K QLEDを発表予定だ。

CES主催CTA調べだと8Kテレビの出荷は増加傾向になり、スクリーンサイズも拡大方向にあるようである。8Kは65インチもしくはそれ以上が視聴に最適なサイズになるようで、より大きな画面を求める人達がアメリカ市場では増えていくとの予測である。

家庭内のあらゆるプロダクトに人工知能機能が付き始めるこれから、IoTはInternet of Thingsからthe Intelligence of Things(より賢いモノとコトのつながり)となる時代には、テレビもインテリジェンスになる。IBM Watsonを組み合わせるとブロードキャストされているテレビ映像にも、ローカルな情報を掲載させることができるようになるそうだ。

「デジタルアシスタント」の存在を意識する

今年も会場には、Hey,Googleの広告が目立つ。会期前日の会場から

Amazon Alexa、Google Assistant、IBM Watsonなどはインテリジェンスな「デジタルアシスタント」である。しかも拡張可能だ。テレビの字幕、車内でのコントロールなどの例を上記では紹介したが、生活の困り毎がある際に「デジタルアシスタントがいたらどのように解決してくれるだろう?」という視点で考えると新しいサービスのアイデアが生まれるかもしれない。

優秀なデジタルアシスタントがいればこの原稿を書くのを手伝ってもらいたいと考えるが、読者の皆様はどのようなデジタルアシスタントを必要とするのだろうか?ヒントとなる「インテリジェンスなデジタルアシスト」事例をCES本番期間中もたくさん発見しお届けしたいと考える。

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部
[CES2019] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.01 CES2019開催〜「コネクテッド時代」から「データ時代へ」今年も立ち上がる多様な新技術と新製品