PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.02 ついにベールを脱いだストリーミングミキサーを直撃!~Roland「VR-1HD」

News

[CES2019]Vol.02 ついにベールを脱いだストリーミングミキサーを直撃!~Roland「VR-1HD」

2019-01-09 掲載

txt:小寺信良  構成:編集部

噂の新製品「VR-1HD」をじっくり見てきた

現地時間の1月8日、米国ラスベガスにてCES2019が幕を開けた。すでにその3日前からプレスカンファレンスやイベントが開催されており、取材陣は会期始まる前からすでにくたくた。「まだ始まってもいない」という事実に愕然とする8日の朝からローランドブースへ詰めかけ、すでにネット上で噂になっている「VR-1HD」をじっくり見てきた。

セントラルホールの一番奥にあるローランドブース

VRシリーズは、スイッチャーとミキサーが一体化した「ビデオミキサー」というジャンルの製品で、2011年発売の名機「VR-5」でその歴史の幕を開けた。同年3月の東日本大震災をきっかけにネット中継需要が爆発、それを陰で支えた製品である。

そんなVRシリーズの最新モデルが、「VR-1HD」だ。オフホワイトのパネルに3クロスポイント、3フェーダーがあり、名前のとおりHD対応である。フロントパネルはオーソドックスなデザインだが、側面がやたらとかっこいい。

ブースでは実動モデルを展示 サイズ的にはこれぐらい 右側面がやらたとかっこいい

背面を見ればだいたいのスペックがわかる。HDMI入力×3、うち3番目はスルー出力がある。PGM出力×1、MONITOR(MENU)出力×1、USBのストリーム出力×1。USBメモリー用のスロットもある。

背面端子

天面にはグースネックマイク用のXLR端子×1、左側面には2つめのXLR端子、アナログLINE入力/出力×1、ヘッドホン出力×1。

左側端子群

映像スイッチング動作に関しては、少し説明が必要だろう。マニュアルでスイッチングするにはINPUTの3つのボタンを押すだけだが、その上のSCENEボタンに注目していただきたい。ここはPinPやSPLITがプリセットされているところだが、どの入力とどの入力の組み合わせというマニュアル操作はない。プリセットの中に、どのソースが上でどのソースが下、という組み合わせまで全部含めて記憶される。

つまり操作としては、下の3つで切り換えるか、SCENEで決まりのパターンにガツッと切り換えるかの2Way操作となる。SCENEのどれかを選んでいるときは、下の3つのボタンはPGMに出ていれば赤、といった色変化がなくなり、全部白発光となる。

SCENE選択時は入力ボタンは全部白になる

もう1つスイッチングの特徴的な機能が、Auto SWだ。これは3つの音声入力に対して映像を割り付けておけば、音声が来たときにその映像に切り替わるという機能である。つまり声によるスイッチングだ。誰かがしゃべり出したら、その人のカメラに自動的に切り替わるといった効果が実現できる。

そのほかオーディオ機能としては、ローランドならではの機能が搭載されており、ボイスチェンジだけでなく、リバーブや効果音、BGMなどもボタンに割り付けできる。

ボイスチェンジャーをはじめとするローランドならではの音声機能を搭載

HDMI3にスルー出力があることから、ゲーム実況などの使い方も想定されているのだろう。ゲーム画面と2人の対戦で3入力というわけだ。ゲームで手が離せなくても、音声で映像が切り替わるため、手放しでの中継も可能だ。

ブースでもゲーム実況を想定したブースが組まれており、多くの来場者が足を止めていた。もちろんそれだけでなく、オペレーションに不慣れな企業や学校などにも導入が進む事だろう。

今後はさらに開発を進め、3月末頃の製品化を目指すという。価格はまだ決定していないが、V-1HDよりは高いがV-1SDIよりは安いぐらいと考えていればよさそうだ。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.01 [CES2019] Vol.03(近日公開)▶

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2019]Vol.02 ミラーレスカメラの時代到来にともなうレンズの行方とは

txt:稲田出 構成:編集部 レンズの新製品一斉に登場 昨日ほどではないものの朝から小雨が降るあいにくの天候となってしまったが、会場には昨日にも増して多くの来場者で... 続きを読む

[CP+2019]Vol.01 カメラと写真の祭典「CP+2019」開催~カメラの新製品で注目すべき製品たち

txt:稲田出 構成:編集部 あいにくの雨模様でも会場は熱い! 2月28日から3月3日の4日間、パシフィコ横浜にて「CP+2019」が開催されている。カメラショ... 続きを読む

[CP+2019]開催直前:Vol.03 アジア発交換レンズ&ジンバルメーカーをチェック!

写真はCP+2018の会場の模様 txt:編集部 構成:編集部 今、カメラ業界を熱く盛り上げているのが、短期間で新製品を次々とリリースする中国発のメーカーだ。そこで... 続きを読む

[CP+2019]開催直前:Vol.02 注目メーカーの展示内容を事前にチェック!

txt:編集部 構成:編集部 今年も開催が間近に迫ったCP+2019。各メーカーブースの見どころを一挙に紹介しよう。 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ/ソ... 続きを読む

[CP+2019]開催直前:Vol.01 プロ向け動画エリアの注目はこれだ!

txt:編集部 構成:編集部 2月28日~3月3日に開催されるCP+2019。プロニュースでは、メディアパートナーとして今年もCP+2019の見どころを紹介する事前特集を... 続きを読む

[CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

txt:江口靖二 構成:編集部 筆者はもともとテレビ業界の人であるが、最近はAIやブロックチェーンにも手を染めてしまっている。こうして17年ほど連続でCESに参加していると、... 続きを読む

[CES2019]Vol.11 「ラストワンマイル」市場を取れ!モビリティCES最前線

txt:西村真里子 構成:編集部 CES2019の特徴の一つとして、昨年までのビジョンを語るフェーズから実行フェーズに移ったことがあげられるだろう。ポジティブに言うと... 続きを読む

[CES2019]Vol.10 なくならないでほしいCESの多様性を象徴した「牧歌的」プロダクトたち

txt:清水幹太 構成:編集部 CESでは多くの体験型デモンストレーションがある。VR体験や、シミュレータ、車に乗ってみたりなど、多くの参加者が新しい製品の新しい体験のた... 続きを読む

[CES2019]Vol.09 Shiftallのビール専用冷蔵庫が目指すのは、スマート在庫管理に基づくマイクロリテールのプラットフォーム

txt:江口靖二 構成:編集部 Shiftallがビール専用の冷蔵庫「DrinkShift」を発表した。ワインなど特化したスマート冷蔵庫と言えるものはすでにいくつか存... 続きを読む

特集記事

CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.02 ついにベールを脱いだストリーミングミキサーを直撃!~Roland「VR-1HD」