PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.04 シャープ、カメラ事業再参戦?8Kビデオカメラを鋭意開発中

News

[CES2019]Vol.04 シャープ、カメラ事業再参戦?8Kビデオカメラを鋭意開発中

2019-01-11 掲載

txt:小寺信良  構成:編集部

CES2019にシャープが久々に出展した。今回は8K Ecosystemの一部として参考出展した8Kビデオカメラのお話しを伺ってきた。

マイクロ4/3を採用したミラーレスタイプのデジカメに見えるが、静止画だけでなく8Kの動画が撮影できるのがポイント。シャープの8Kカメラと言えば、プロフェッショナルにはアストロデザインと共同開発した8Kカムコーダー「8C-B60A」を思い浮かべるところだが、同じビジネスソリューション内で、もう少しコンシューマからプロシューマ向けの市場を狙う製品として現在開発が進められている。

シャープブースにて参考出展されたミラーレス型8Kカメラ

マイクロ4/3のセンサーはシャープの自社開発。画像処理エンジンもシャープ製を採用し、50万円を切る価格での発売が予定されている。シャープには現在イメージング商品がなく、製品化されれば「液晶ビューカム」以来という事になる。従って商品企画とICは自社だが、設計は某メーカーとの協業だという。

上部にはFn1〜3のボタンと録画ボタン

テレビ技術で培った自社製H.265のハードウェアエンコーダを搭載し、8K/30Pの映像をSDカード1枚に記録する。HDMI2.1の出力を供え、ケーブル1本での8K出力が可能だという。RAW収録を見送ったことでシネマ系のプロユーザー向けではない事はわかる。一方でHDRは、HLGでの撮影・収録に対応する。

背面のタッチスクリーンはバリアングル仕様で5インチと大きめ

HDMI2.1と言えども8K解像度での伝送は、実質2~3m程度と言われているが、現時点で受け側のテレビもシャープ製が想定される。したがってカメラ側、テレビ側の入手出力チップを追い込んでいけば、5〜6mぐらいまで伸張できるのではないかと言う。8Kサイズともなれば、かなり画面から離れて視聴することが想定されるため、5~6mのケーブル長は欲しいところである。

出力端子カバーには、マイク、HDMI、USB Type-Cのほか、Audio Inの文字が見える

なおマイクロフォーサイズの動画カメラとしては、パナソニックLUMIX GHシリーズやBlackMagic DesignのPocket Cinema Camera 4Kあたりを思い浮かべるところではあるが、これらはすべて4Kのカメラである。

マイクロフォーサーズのレンズで8Kの描画が可能なのか、既存マイクロフォーサーズレンズの素性が試されることになるだろう。加えて電子手ブレ補正については、つい最近まで4Kでの手ブレ補正ができなかったこともあり、8Kでは相当厳しい事になるだろう。光学補正でどこまでいけるのかも含め、様々な評価が必要となる。

今回の展示は残念ながらモックアップだったが、すでに社内では実動モデルにてデバッグ中だといい、正式な発表は4月に開催のNAB2019を予定しており、リリースは2019年の上期だという。いよいよ8Kも目の前に迫ってきたというわけだ。

txt:小寺信良 構成:編集部
Vol.03 [CES2019] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2019]Vol.09 これからの世界と自分を見据えるためのSXSWの歩き方

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 SXSWの「未来が見える場所」からの脱皮 毎年SXSWインタラクティブイノベーションアワードでは「ブレイクアウトトレンド」とい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.08 映画でSXSWを勝ち抜くためには?勝利の掟を知る

SXSWは、世界でも注目されるべき映画祭のひとつ 世界に数多くある映画祭でもSXSW(以下:SXSW=映画祭)は異色だと言われている。もちろん作品ラインナップにも現れているが... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.07 データサイエンティストが見たSXSW2019の行方

txt:後藤真理絵(ヤフー株式会社) 構成:編集部 Ethical AIとは何か 2019年3月8日~3月13日まで、米国テキサス州オースティンで開催されたSXSW20... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.06 SXSW2019セッション紹介。コンテンツ体験のデータ化と「想像力」

txt:佐々木淳 構成:編集部 リベラル・オピニオンと「エモーショナル」の喧騒 スタートアップ&イノベーション・ショーケースとしての隆盛も一段落し、2000を超すセッシ... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.05 「Sony Wow Studio」三年目の施策。ソニーらしさ健在、賢者との対話に注目

txt:古賀心太郎(アマナビ airvision)&編集部 構成:編集部 SXSW Sony主催WOW Studioでドローン関連セクション 2019年3月8日から... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.04 NHKが牽引する8Kの世界。そして聴覚、VRの可能性を探る展示に注目集まる

txt:岡本侑子(kiCk inc.) 構成:編集部 SXSW2019期間中、NHKエンタープライズはトレードショーで2つの展示を行い、NHKは、昨年に引き続き8Kシアターを... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.02 SXSWでAmazon、Netflixら新興勢の巨大プロモ合戦〜VOD勢力図に動きあり

txt:萩原明子 構成:編集部 引き続きSXSW Film部門について見ていこう。「SXSW2019」3月8日から17日まで行われた期間中、会場の内外で目立った動きをみせてい... 続きを読む

[SXSW2019]Vol.01 変化が止まらないSXSWには多様性しかない

txt・構成:編集部 SXSWとは、そもそも何なのか? SXSW2019(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)が今年も3月8日よ... 続きを読む

[CP+2019]Vol.02 ミラーレスカメラの時代到来にともなうレンズの行方とは

txt:稲田出 構成:編集部 レンズの新製品一斉に登場 昨日ほどではないものの朝から小雨が降るあいにくの天候となってしまったが、会場には昨日にも増して多くの来場者で... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.04 シャープ、カメラ事業再参戦?8Kビデオカメラを鋭意開発中