PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

News

[CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる

2019-01-18 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

筆者はもともとテレビ業界の人であるが、最近はAIやブロックチェーンにも手を染めてしまっている。こうして17年ほど連続でCESに参加していると、いよいよ本当のイノベーションが我々の社会で確実に進展しつつあると思う。

最初にあまり良い方法ではないのは承知だが、CESをカテゴライズすると以下の11ジャンルになる。これはCESのWEBでの分類だ。この11の区分けに意味があるのではなく、カバー範囲の広がりという意味で列記しておく。

  • 5G AND INTERNET OF THINGS(IOT)
  • ADVERTISING, ENTERTAINMENT & CONTENT
  • AUTOMOTIVE
  • BLOCKCHAIN
  • HEALTH & WELLNESS
  • HOME & FAMILY
  • IMMERSIVE ENTERTAINMENT
  • PRODUCT DESIGN & MANUFACTURING
  • ROBOTICS & MACHINE INTELLIGENCE
  • SPORTS
  • STARTUPS

範囲がとにかく広い。CESはConsumer Electronics Showの略だったのだが、昨年あたりから主催者は「CES is CES」だと言いはじめた。確かにコンシューマーエレクトロニクスとかデジタル家電という範疇ではカバーしきれない領域に年々増殖を重ねているからだ。

ではこうしたカテゴライズ軸を踏まえながらも、CES2019を4つのポイントにまとめ直してみる。

その1.映像視点

LGの8KナノセルTV

言うまでもなく、テレビはCESの主役ではない。CESだけではない、産業としてもそうではない。だが視覚に訴える映像は言うまでもなく必要不可欠だ。今年は8Kに言及する企業が大幅に増加した。それらの多くは中国と韓国系だ。すでにディスプレイのマーケットは14億人の人口と、1%だとしても1400万人の富裕層がいる。市場を牽引するのはこちらだ。8Kが来るとか来ないとかではなく、SDからHD、HDから4Kの経過を見ればわかるように、好むと好まないにかかわらず8K化する。これは8K放送がうまくいく、いかないないの話とは別次元でだ。目先は超解像技術がどうにかしてしまう。この流れの延長線上として、360リアリティオーディオも開発が進むと思われる。

ソニーの360リアリティオーディオのデモ

その2.自動運転

BYTONのカテゴリー3の自動運転車

自動運転とオートノマスビークルは整理して考えたほうがいい。前者は運転からの開放であったり、交通事故の減少という方向性。後者は人や物の移動をスマートにするというもっと根源的な話だ。自動運転のもとでは人は車内で何をするのか。このテーマに対しては、クルマの中で映像を見るという提案が少なくない。これは車酔い対策にかかっていると思う。

DENSOのオートノマスビークルのデモ

その3.話題先行だが油断できない

クアルコムの5G

5Gは世界中で先物食いをしすぎた。リアリティになるまでにはあと2年ほどは必要だ。ここで安心してはいけない。AIについては2極化が激しい。何でもかんでもAIを謳うものがあるのは事実だが、ディープラーニングが想像以上に進化していることを知っておく必要がある。ブロックチェーンはまだ5GやAI以上にまだまだ概念的なものにとどまる。この領域はCESではまだ具体的にカバーできていない。東海岸中心のスタートアップがどれだけ成果を出せるかにかかっている。

インテルが買収したMovidiusのVision Processing Units(VPUs) メディア&エンターテインメントにおけるブロックチェーンがテーマのセッション

その4.グローバル視点

LGのキーノート

LGが一人で元気だ。キーノートは総花的ではあるが、上流から下流まで一社で全部手がけようとしている唯一の会社と言ってもいい。一昔前の日本企業を彷彿とさせる。そんな中で、情報鎖国中の中国がじわじわ来ている。Baidu、JD、BYTONはGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)以上に注目しておく必要がある。ファーウェイの件からもわかるように、世界はIT大戦に突入しているくらいに考えておいた方がいい。

こんな中で、もちろんニッポン頑張れなのだが、CES会場の日本勢スタートアップはニホンジンだけ群れを作りがちだ。LGがそうであるように、ブースにガイジンだけを立たせるくらいの過激な発想があってもいい。

JD.comのブース J-Startupのブース

PRONEWS読者の多くは映像のプロフェッショナルだと思う。8Kが来るとか来ないとかではなく、本当のガラポンがやって来ると、オオカミ少年的に言っておきたい。そしてオオカミはいつか必ず来てしまうのだ。

txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.011 [CES2019] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2019-01-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2019]Vol.12 まとめにくいCSE2019をあえて総括してみる