PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2019]Vol.02 続々と登場したラージフォーマット対応シネマレンズから「レンズ部門」の受賞を発表
News

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.02 続々と登場したラージフォーマット対応シネマレンズから「レンズ部門」の受賞を発表

#PRONEWS AWARD 2019

2019-12-24 掲載

1 2

各社から独特のルックを実現したシネマレンズ登場

今年のシネマレンズ業界のトピックはずばり「独特のルックを実現したシネマレンズ」だ。キヤノンは「Sumire Prime」、シグマは「Classic Art Prime」、トキナーは「Tokina Vista One」を発売。発売は来年のため今年のノミネートから外れているが、ツァイスも「Supreme Prime Radiance」を発表した。カメラマンからは、デジタルっぽさのない独特のルックを備えたレンズを求める声が大きく、各社レンズメーカーはそれに応えた形だ。

キヤノンのSumire Primeは、これまでのEFシネマレンズから基本的な光学設計を継承しつつ、より被写体を印象づける柔らかな映像描写を実現するための調整が行われている。PLマウントを採用し、7種類の焦点距離で発売中。

トキナーVista Oneは、シングルコートの光学系やシングルコートの非球面フロントエレメントを採用し、コントラストの低下やレンズフレアのコントロールを可能にしている。焦点距離は18mmから105mmの6本で、T値は1.5。それ以外は、35mmフルフレームより大きな46.7mmのイメージサークルや約300°のフォーカス回転角、ブリージングがほとんど生じないなど、Vista T1.5と同じ仕様となっている。

シグマのClassic Art Primeシリーズは、これまで14mmから135mmまでの10本のプライムレンズシリーズの光学設計を基に、コーティングを見直すことによってクラシックな外観を実現。10個セットでのみ入手可能。

キヤノンSumire Prime(左)、トキナーVista One(中央)、シグマClassic Art Prime(右)

ラージフォーマット対応のズームレンズ「Premista」登場

富士フイルムは、ラージフォーマット対応のハイエンドシネマズームレンズ「Premista」を発売。一部の国内のレンタル機材店でもレンタルがスタートしている。富士フイルムはこれまで多数のスーパー35mmフォーマット対応PLマウントズームレンズを発売してきたが、Premistaは初のラージフォーマット対応ズームレンズだ。

46.3mmのイメージサークルを備えており、ソニーのVENICE、ARRIのALEXA、ALEXA Mini LF、RED MONSTRO、キヤノンEOS C700などに対応。「28-100mm T2.9」と「80-250mm T2.9-3.5」2本のラインナップで、28-100mmはズーム全体でT値は2.9、80-250mmも最大開放T値はT2.9だが80-250mmは200カラ250mmの間でT値が高くなる仕様になっている。

Leitz CINEからはラージフォーマット対応のプライムレンズ「Leitz Prime」登場

Leitz CINEは、ビスタビジョンのイメージサークルをもつプライムレンズ「Leitz Prime」を発売。18mmから180mmまでの12本構成で、そのうち8本のデリバリーがスタートした。T値は180mmがT2.2、それ以外は全てT1.8。前径は114mmとなっている。

Leitz Primeの特徴は、性能の高さだ。Summilux-Cはレンズ性能テストで高い数字を実現しているが、Leitz Primeはフルフレーム対応で、そのSummilux-Cを超える性能の高さを実現予定とのこと。

ニコンから開放F値0.95を実現した大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」が登場

シネマレンズではないが、ニコンはフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を発売。特徴は0.95という浅い被写界深度だ。フォーカスリングの回転角は約300°と大きく、微妙なピント合わせができる仕組みを実現している。描画は、0.95の開放からシャープで、絞ると被写界深度がそのまま深くなっていく感じだ。

PRONEWS AWARD 2019 レンズ部門ノミネート製品

以下がカメラ部門のノミネート製品となる。

  • キヤノン「Sumire Prime」
  • トキナー「Vista One」
  • シグマ「Classic Art Prime」
  • 富士フイルム「Premista28-100mmT2.9/80-250mmT2.9-3.5」
  • Leitz CINE「Leitz Prime」
  • ニコン「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2019年大晦日に思うこと-

6KフルサイズCMOSイメージセンサー搭載や使いやすさが特徴のシネマカメラ「PXW-FX9」 大賞 XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FX9」 ソニー ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.05 編集・VFXソフトやソリューションから「ポストプロダクション部門」の受賞を発表

「ポストプロダクション部門」は、プロダクション業界向けの優れたサービスやソリューションを表彰する部門だ。まずは2019年末までに発売されたノミネート製品から紹介しよう。 AI... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.04 ジンバル、三脚の新製品から「カメラサポート・アクセサリー部門」受賞を発表

DJI、Zhiyun、FeiyuTech、Gudsenからミラーレス向けジンバルの新製品登場 2018年はDJIやZhiyunのDSLR用ジンバル新製品で大いに沸いたが、20... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.03 スイッチャーやミキサーの新製品から「配信&スイッチャー部門」の受賞を発表

スイッチャーは、映像・放送業界におけるIPビデオ伝送への移行、そしてライブ配信の隆盛が進むうえで、注目度が増している機材だ。以前から小規模なイベントやセミナー向けが増えてきているが... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.01 ミラーレスからシネマまで「カメラ部門」の受賞を発表

2019年は6Kシネマカメラが続々登場 2019年のシネマカメラ業界は、6Kシネマカメラが話題になった年だった。 100万円台クラスから紹介していくと、キヤノンは5.9... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.00 映像業界の2019年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 第10回を迎える「PRONEWS AWARD」。毎度この年の瀬の時期に思うことは、今年も映像業界市場に様々なプロダクトやサービスが投入され... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [PRONEWS AWARD 2019]Vol.02 続々と登場したラージフォーマット対応シネマレンズから「レンズ部門」の受賞を発表