PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2019]Vol.04 ジンバル、三脚の新製品から「カメラサポート・アクセサリー部門」受賞を発表

News

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.04 ジンバル、三脚の新製品から「カメラサポート・アクセサリー部門」受賞を発表

2019-12-26 掲載

1 2

DJI、Zhiyun、FeiyuTech、Gudsenからミラーレス向けジンバルの新製品登場

2018年はDJIやZhiyunのDSLR用ジンバル新製品で大いに沸いたが、2019年はミラーレスカメラ用ジンバルが話題だ。

DJIは、Ronin-Sの重量のほぼ半分となる1.1kgの軽量化を実現したコンパクトなミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル「Ronin-SC」を発売。ペイロードは2.0kg以下で、新ポジションロックシステムを特徴とする。ジンバルのバランス調整が完了すれば、即座に撮影可能だ。

Zhiyunは、本体重量約980gと軽量ながら、ミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル「WEEBILL-S」を発売。合計総重量3kg前後のペイロードに対応し、CRANE 3 LABやWEEBILL LABでお馴染みのスリングモード(吊り下げ持ちグリップ)への変形機構を搭載。2019年中発売予定の別売ワイヤレストランスミッターを組み合わせれば、フルHD(1080p/30fps)の低遅延映像をジンバルからスマートフォンに伝送可能など、高い拡張性を特徴としている。

DJIのRonin-SC(左)、ZhiyunのWEEBILL-S(右)

FeiyuTechは、本体重量1.1kgと軽量なミラーレス/一眼用ジンバル「AK2000S」を発売。最大ペイロード2.2kgで、ローアングル撮影やジンバル操作の安定性を向上させる「バーサタイルハンドル」を付属。また、カメラの着脱が簡単に行える「クイックリリースプレート2.0」や、持ち運び/カメラの設置がより簡単になる「軸ロック機構」、新しいグリップデザインを採用している。

Gudsenは、デジタル一眼レフカメラに対応したハンドヘルドジンバル3軸スタビライザー「MOZA AirCross 2」を発売。バッテリーを含む本体重量は、約1.05kg。0.3kgから最大3.2kgのペイロードに対応し、プロユースのデジタル一眼レフカメラまで搭載可能。専用アプリMOZA Master Appを使うことで、搭載したカメラのバランスを自動調整し、ジンバルのリモートやフォロー制御やモーションタイムラプス撮影も可能。

FeiyuTechのAK2000S(左)、Gudsen TechnologyのMOZA AirCross 2(右)

なお、平和精機工業は同社初の小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」を発表したが、発売は2020年1月のため、今年のノミネートは対象外となった。

平和精機工業からビデオ雲台三脚とビデオモノポッドの新製品が登場

平和精機工業は、ビデオ雲台三脚とビデオモノポッドの新製品を発売した。

ビデオ雲台三脚「TH-Z」シリーズは、小型カメラ用三脚システム「ALLEX」の後継機種だ。ALXシリーズより耐荷重が強化され、なおかつ軽量コンパクトになった。ヘッドは、75mmボール三脚とフラットベース三脚、どちらにも取り付け可能なデュアルヘッド仕様。ManfrottoやSachtlerのカメラプレートと互換性があるスライドプレートは便利だ。

三脚システムの「TH-Z」と、TH-Zのヘッドの「TH-ZH」(右)

モノポッドでは、ビデオモノポッドの「TH-M」とビデオヘッド「TH-X H」付きセットモデル「TH-M KIT」の2種類を発売。TH-Mは、自立性能はそのままに利便性や操作性、メンテナンス性をさらに改良したHFMPの後継機種。ミニ三脚部分をフットペダルでロックさせると、ポール部分が回転しなくなるパーフェクトロックを採用。HFMPでは操作がしづらかった、ミニ三脚ロック時のヘッド部分のパン操作をスムーズに行うことができるようになり、マニュアルフォーカスとパン操作の両方を駆使した撮影を快適に行えるとしている。

ビデオモノポッド「TH-M」(左)、ビデオヘッド「TH-X H」付きセットモデル「TH-M KIT」(右)

ATOMOSから7インチHDRモニター兼レコーダーや同社初の小型モニターが登場

ATOMOSは、「SHOGUN 7」と「SHINOBI」を発売。SHOGUN 7は、7インチHDR、映画制作用モニター/レコーダー/スイッチャー。SHINOBIは、NINJA Vと同じHDR 1920×1080ディスプレイとカラー処理を搭載したATOMOS初の小型モニター。NINJA Vよりも軽い196gを実現し、バッテリーを中央に搭載することでバランスを取りやすくなっている。

ATOMOSのSHOGUN 7(右)とSHINOBI(左)

Blackmagic Designから5インチおよび7インチのモニタリング/収録ソリューション登場

Blackmagic Designは、5インチおよび7インチのモニタリング/収録ソリューション「Blackmagic Video Assist 12G」を発売。ProRes、DNx、Blackmagic RAWに対応しており、SDカードに収録が可能。7インチモデルはSDカードスロットを2つ搭載しているため、収録中でもフルになったカードを交換できる。USB-C拡張ポートも搭載しており、外部USBフラッシュディスクに接続して、直接収録も可能。

Blackmagic DesignのBlackmagic Video Assist 12Gの5インチモデル(左)と7インチモデル(右)

IDX、連結するIPLシリーズと小型軽量化を実現したImicroシリーズのVマウントバッテリー発売

アイ・ディー・エクスからはバッテリーの新発売が相次いだ。

1つ目は、Vマウントタイプリチウムイオンバッテリーの「IPL-150」と「IPL-98」。昨年の展示会からすでに展示を開始していたが、今年7月発売のため今回のエントリーとなった。特徴はPowerLinkと呼ばれる、ブロックのように繋げて最大4個まで連結が可能なところで、大容量・大電流供給が可能だ。

もう1つは、Vマウントマイクロタイプリチウムイオンバッテリーの「Imicro-150」と「Imicro-98」。Imicro-150で重量は約750gと軽量・小型で、最大出力154W(14A 11V時)のパフォーマンスが特徴。2つのD-Tap、V-Torchも搭載している。

Vマウントタイプリチウムイオンバッテリーの「IPL-150」と「IPL-98」(左)。Vマウントマイクロタイプリチウムイオンバッテリーの「Imicro-150」と「Imicro-98」(右)

PRONEWS AWARD 2019 配信/スイッチャー部門ノミネート製品

以下がカメラサポート・アクセサリー部門のノミネート製品となる。

  • DJI「Ronin-SC」
  • Zhiyun「WEEBILL-S」
  • FeiyuTech「AK2000S」
  • Gudsen「MOZA AirCross 2」
  • ATOMOS「SHOGUN 7」
  • ATOMOS「SHINOBI」
  • Blackmagic Design「Blackmagic Video Assist 12G」
  • 平和精機工業「TH-Z」
  • 平和精機工業「TH-M」「TH-M KIT」
  • アイ・ディー・エクス「IPL-150」「IPL-98」
  • アイ・ディー・エクス「Imicro-150」「Imicro-98 」

何が受賞するのか…?発表は、次頁!

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.06 PRONEWS AWARD大賞 -2019年大晦日に思うこと-

6KフルサイズCMOSイメージセンサー搭載や使いやすさが特徴のシネマカメラ「PXW-FX9」 大賞 XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FX9」 ソニー ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.05 編集・VFXソフトやソリューションから「ポストプロダクション部門」の受賞を発表

「ポストプロダクション部門」は、プロダクション業界向けの優れたサービスやソリューションを表彰する部門だ。まずは2019年末までに発売されたノミネート製品から紹介しよう。 AI... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.03 スイッチャーやミキサーの新製品から「配信&スイッチャー部門」の受賞を発表

スイッチャーは、映像・放送業界におけるIPビデオ伝送への移行、そしてライブ配信の隆盛が進むうえで、注目度が増している機材だ。以前から小規模なイベントやセミナー向けが増えてきているが... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.02 続々と登場したラージフォーマット対応シネマレンズから「レンズ部門」の受賞を発表

各社から独特のルックを実現したシネマレンズ登場 今年のシネマレンズ業界のトピックはずばり「独特のルックを実現したシネマレンズ」だ。キヤノンは「Sumire Prime」、シグ... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.01 ミラーレスからシネマまで「カメラ部門」の受賞を発表

2019年は6Kシネマカメラが続々登場 2019年のシネマカメラ業界は、6Kシネマカメラが話題になった年だった。 100万円台クラスから紹介していくと、キヤノンは5.9... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2019]Vol.00 映像業界の2019年を振り返ろう

年の瀬に振り返る映像業界の今と未来 第10回を迎える「PRONEWS AWARD」。毎度この年の瀬の時期に思うことは、今年も映像業界市場に様々なプロダクトやサービスが投入され... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [PRONEWS AWARD 2019]Vol.04 ジンバル、三脚の新製品から「カメラサポート・アクセサリー部門」受賞を発表