PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.01 データの時代へようこそ!テック・トレンド〜IoTは知性化し、ストリーミング・AR/VRマーケットは拡大する〜 MediaDay0…

News

[CES2020]Vol.01 データの時代へようこそ!テック・トレンド〜IoTは知性化し、ストリーミング・AR/VRマーケットは拡大する〜 MediaDay01

2020-01-07 掲載

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部

CES2020開催直前2020年のテックトレンドを追う

CES 2020がいよいよ始まる。今年も17万人強が世界160カ国以上からラスベガスに集まり今後のコンシューマー向けテクノロジープロダクトの動向を探るのにもってこいのイベントだ。しかも年始のラスベガス、浮かれた街で新しいテクノロジーやビジネス動向に触れるのはワクワクする。さて、展示会(1月7日~10日)開催前に、メディア向けの「テックトレンド」を紹介するセッションに参加した(1月5日「CES 2020 Tech Trend to Watch」)。

その内容は単にテクノロジープロダクトのトレンドを紹介するだけではなく、ハードウェアが中心だったCESが「Into the Data Age(データ時代へようこそ)」というタイトルでデータの重要性が更に増す時代にも見本市としてビジネスエコシステムのハブで居続けようとする態度と、ハードウェア・デバイスで再生されるコンテンツやビジネスエコシステムについても議論される場所であることを大きく打ち出していた。映像の未来を知るために今回も各分野で活躍中の方々を招聘し、多元的に多様性を持ってCESに臨んだ。PRONEWS編集部でもそんな混沌さを伝えるべく、多様なアプローチ視点でCESを語っていく。

PRONEWS編集部

■特集:CES2020 Index

コンテンツこそキングである

セッションのキーワードとして出てきたのは5G、AI、IoT(Internet of ThingsではなくIntelligence of Things)、そして「Contents is King(ハードウェアではなく、そこに掲載される)コンテンツこそキングである」。「Contents is King」は使い古された言い回しだがハードウェア中心だったCESが、一人複数台スクリーンを持ち、AIの進化により個人に最適なコンテンツを配信可能になる時代に、コンテンツ、特にストリーミングサービスを前に打ち出しているのが面白い。

CES 2020の基調講演は11あるうち2つはストリーミングサービスについて語られる。一つはNBC Universalが2020年春からスタートする「Peacock」。もう一つが、ドリームワークス・アニメーションの元CEOであるジェフリー・カッツェンバーグと、ヒューレット・パッカード(HP)の元CEOのメグ・ホイットマンが立ち上げ2020年4月のサービス開始を前に10億ドルほど調達をしている注目の動画ストリーミングサービス「Quibi」だ。

スマホを前提ディスプレイとし、縦横対応、10分程度の短尺動画に特化し若年層へのリーチを狙っている。スティーブン・スピルバーグが日没後にしか見られない特別ホラーコンテンツを仕掛けていたり、GoogleやP&Gもスポンサーとして決定しているなど、ハリウッドの事情に詳しいジェフリー&メグならではの仕掛けが盛りだくさんだ。ストリーミングビジネスはまだまだ拡大していく。そしてCESの展示プロダクトカテゴリーに今年「エンターテインメント&コンテンツ」というのが追加されたのも興味深い。

エンターテインメントだけではない。ビジネス現場でもコンテンツがより必要になってくる。例えば農業従事者が農作物や環境情報などをコックピットで確認する5G & IoT/AI時代にはいままでディスプレイに触れてなかった事業者にもディスプレイ(もしくはXR)でのデジタルコンテンツが必要になってくる。

5Gにおいては、CESを待ち構えていたかのように、2019年末にAT&Tがラスベガスの街を5G対応したという。まだ多くの人々は5Gをリアルな環境で体感してないが、インフラが整いつつある。これからの5G時代に、CESが2015年から大きく取り上げていたIoTはどのように変化するのか?テックトレンドで語られていた内容に触れていく。

モノの知性化:IoTはInternet of Thingsから進化し、Intelligence of Thingsへと

いままでのIoTは「Internet of Things(モノのインターネット化)」だったが、5Gで大容量データを扱うことが可能になり、またそのデータをAIで活用することによりIoTは「Intelligence of Things(モノの知性化)」に変化していくという(2019年でも言及はされていた)。

ただつながる、だけではなく、つながった上でどのようなサービスを提供していくのかが、より重要になる。いままでのIoTは単体のコンシューマープロダクトを指して語られることが多かったが、5G時代が本格化する時代のIoTはエンタープライズビジネスでの活用が主流になるとも言及していた。

そのエンタープライズIoTも二種類に分けられる。

  • Massive IoT:(低コスト、電力消費量少、データボリューム少、ただし大量に必要な)スマート農業、建造物、物流など
  • Critical IoT:遠隔医療、交通網、工場内の製造プロセスなど

たしかに今までIoTというとポイントプロダクトを指して語られることが多かったのが、これからはポイントプロダクトからも収集したデータも活用し、よりダイナミックに新しい産業のエコシステムを作ることが主流となってきそうである。

また「モノの知性化」だけではなく「コトの知性化」も進みそうである。例で示されたのはシリコンバレーにあるマクドナルドのR&D Labが開始したドライブスルーサービス。音声認識、ボットでオーダーから決済までを完了させるという。

スペックベースで語ることのできたハードウェアの時代から、ユースケースやビジネスシナリオを考え協業パートナーとのエコシステムを作る複雑化した時代にはCESのようにラスベガスの街中をあげての「ごった煮」のなかで、ハードウェアからソフトウェア・コンテンツ、自動車・家電グローバル企業からスタートアップまでテクノロジーを活用した様々な粒度、角度のビジネスプレイヤーが集まる場所というのは最適なのかもしれない。

これから本番を迎える前からメディアデイのセッションを聞いて「ごった煮」を楽しもうと改めて思った。本番が楽しみである。

txt:西村真里子・編集部 構成:編集部
[CES2020] Vol.02▶︎

[ Category : , ]
[ DATE : 2020-01-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [CES2020]Vol.01 データの時代へようこそ!テック・トレンド〜IoTは知性化し、ストリーミング・AR/VRマーケットは拡大する〜 MediaDay01