PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2013]Vol.03 変わるもうひとつのトレンド〜iPhone周辺機器、ヘルスケア分野の拡大が目立つ
News

[CES2013]Vol.03 変わるもうひとつのトレンド〜iPhone周辺機器、ヘルスケア分野の拡大が目立つ

#Report NOW! #CES2013

2013-01-11 掲載

Txt:安藤幸央 構成:編集部

大きく変わる会場構成、これがすべてを物語る

185万平方フィート(約17万平方メートル)と巨大な展示会場を持つCESだが、昨年と会場構成が大きく異なり戸惑う参加者も多いようだ。まさにカオスな状態。特にCES 2010から始まったiPod/iPhone/iPadグッズ、周辺機器を集めたiLounge会場は大幅に拡大した。特にiPhoneケースや、モバイルバッテリー、モバイルスピーカー、ヘッドフォンなどの分野が大きく広がってきていることが分かり「これ、誰が使うの?」といったニッチな商品も展示されている。

CESへの参加が例年お決まりとなっていたMicrosoftの今年の参加は無かったが、パナソニックのキーノートスピーチに飛び入り風にMicrosoftのスティーブバルマーが登場し、会場を沸かせていた。

開催前日キーノートから

CES2013_04_1580.JPGMicrosoft スティーブ・バルマー氏と。Windows Phoneのカスタマイズ性をアピール

開催日前日のキーノートは、クアルコムCEOのDr. Paul E. Jacobs氏。クアルコムは、数多くのスマートフォンの心臓部であるCPUや通信チップを提供している企業として知られる。発表のキーワードは「BORN MOBILE」。デジタルネイティブな世代はもとより、それ以外の世代も、モバイルの活用で皆が色々なことが出来るようになるというコンセプトだ。

CES2013_04_CIMG2004.JPG NASCARレース中の DRIVE TRACKER での表示。レーサーの様子が分かる

また、NASCAR(米国で人気の市販車を改造した車のレース)の著名レーサーBrad Keselowski氏が登壇し、タブレット端末や、スマートTVのおかげでレース中の通信など臨場感のある情報を伝えることができる。よりファンとの距離が近くなることを期待するといった話がされた。

開催初日Keynote-基調講演から

CES2013_04_CIMG2637.JPG

開催初日、朝のキーノートはPanasonic社長の津賀一宏氏。津賀一宏氏は数百の特許登録のあるエンジニア出身の社長であり、エンジニアのこだわりや、エンジニアは世の中を良くしたいと常々思っているという話から始まった。顔認識でパーソナライズされた画面に変化するテレビの紹介から製品紹介が始まったが、Panasonicはテレビだけの企業ではないとのことで、車やオフィス、航空、エネルギーなどでも活躍している様子が紹介された。ビジネス向けとして20インチ 4K解像度のWindows8タブレット端末も紹介された。最後に、創業者である松下幸之助のDNAは変わらないとのコメントで締めくくられた。

CES2013_04_CIMG2707.JPG パナソニック社長本人の顔を認識し、パーソナライズされたゴルフ関連情報を中心としたテレビ画面が表れた様子

The Next Generation of Innovators Keynote

CES2013_04_CIMG3249.JPG

The Next Generation of Innovators Keynoteは若手企業家を集めた、パネルセッション形式の中規模のキーノート。どの登壇者も、自身の体験にもとづいたアイデアや、不便な事柄をサービスにし、会社の形にした起業家ばかりだ。

「コンピュータで、サービスを作ること自体はそれほど難しくなかったが、それを継続的に提供しつづけられる会社にすることが一番大変だった。今でもやっているところ」(Bump Technologies CEOのDavid Lieb氏。Bumpはスマートフォン同士を軽くぶつけることで、GPS位置情報から電話番号やSNS情報を交換できるアプリ)

Webやモバイルで病院を探すことができるサービス ZocDocは、CEO自身が旅先で鼓膜が破損して、病院を探すのに大変困った体験から、サービスを立ち上げたそう。現在はモバイルに対応したおかげで、ベッドから起きられない人など、さらに多くの人々に感謝されているとのことだ。

ソーシャルメディアに最適化されたWebブラウザを提供するRockmelt CEOは、自身がSNSを使う時に不便だと感じたこと、ブラウザは登場以来、あまり変化していないことを考えたことがRockmeltを作るきっかけになったそう。

各企業家とも、自分が不便だと思っていることを、本人にしかできない手法や方法で事業化し、色々な困難を乗り越えながら、少しづつではあるが、より良い世界を構築してきている。どの起業家も「いろいろ大変だけれども、これが自分の仕事なんだ」という心意気が感じられる発表であった。

未来を作るEureka Parkでの驚きの展示

Eureka Parkは昨年から始まった新しい試みで、それぞれが狭い簡易的なブースながらも、駆け出しのスタートアップや、新製品のデモ、アイデアが光るユニークなサービスや製品などであふれる展示コーナーだ。全体の中でもCESがイノベーションを支援/応援してくれているのが強く感じられるコーナーだ(Eureka:エウレカ / ユリイカとは、アルキメデスがアルキメデスの原理を発見した際、叫んだとされる「見つけた!」という意味の言葉)。

mauz (Spicebox LLC) : iPhone がマウスになる小型デバイス
http://spicebox.it/?page_id=108

mauzは、iPhone のDockポートに取り付けて、iPhoneそのものをマウスの代用として使ってしまう、ハード+アプリの仕組み。

Almond+ (Securifi) : タッチスクリーンルーター
http://www.securifi.com/almond CES2013_04_CIMG3585.JPGAlmond+ のホームルーター

タッチスクリーンを搭載した無線ネットワークルーター。ネット経由でなくとも本体そのもので設定でき、状態管理を画面で見ることができるのが便利な点。日本販売も予定されているそう。

PowerCube (Allocacoc) : キューブ型コンセント
http://www.allocacoc.com

PowerCubeは複数のコンセントの口を手軽に増設できる商品。100V電源だけでなく、イギリスなどで使われている220V用の端子や、USB充電用の端子のキューブ、壁や机に固定するための機器もあるようだ。Allocacocはオランダの会社とのこと。

VK-1 Headphones:ミニマルデザインのヘッドフォン
http://www.aedle.net CES2013_04_CIMG3749.JPG

VK-1は、ハイエンドのオーディオアクセサリーを扱うフランスのaedle社の新製品。来月世界発売予定で、フランスからの送付になるが、日本からも購入可能とのこと。現在、出荷までの80%の行程を終了しており、現在の状況をホームページでもお知らせしてくれている。限定版のカーボンバージョンも用意しているとのこと。

VT Technology : iPhone用赤外線リモコン
CES2013_04_CIMG3628.JPGあらかじめ登録しておいたリモコンにより、一眼レフカメラのリモコンシャッターをきっている様子

iPhoneで利用することのできる赤外線リモコンデバイス。主要メーカーの機器はデータベースに登録してあるものをダウンロードして使い、登録の無いものは、実際のリモコンで一度リモコン信号を覚え込ませてから使うそうだ。

大きく変わる周辺機器やインターフェース

Apple の製品はiPodなど一部を除いて、白と黒といったシンプルな色合いしか無く、また形の同じ機種で統一されているため、ケースや周辺機器を専門で提供するサードパーティが大きく活躍する市場が出来ている。最近のLightningケーブルの登場で、混乱を巻き起こりつつも、いち早く対応することによって新たなビジネスチャンスを狙っているメーカーも多いようだ。

今年の大きな特徴としては、例年以上にヘルスケア関連グッズが対等してきていることだ。自身で健康管理しなければいけないニーズが広がってきていることも追い風となっている。またヘルスケアグッズのコントロールや操作にスマートフォンとの連携で活用されていることが多い。スマートフォンの普及で、NFCやBluetoothで連携するアプリを簡単に配布/販売/流通する道のりができたことも影響している。初日のキーノートではVerizonがヘルスケア、教育、サスティナビリティに関する賞金1000万ドルのコンテストを実施するとアナウンスした。ここ数年は、ヘルスケア分野が確実にビジネスになると見込まれているのだろう。

Verizonからの公式発表Verizon Powerful Answers Award for Innovative Solutions to Global Issues
Powerful Answers 公式サイト


Vol.02 [CES2013] Vol.04

Twitterでの反応

CESに関連する皆さんのツイートを集めました。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-01-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2013]Vol.03 変わるもうひとつのトレンド〜iPhone周辺機器、ヘルスケア分野の拡大が目立つ