PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.02 ソニー平井社長のCES基調講演で開幕
News

[CES2014]Vol.02 ソニー平井社長のCES基調講演で開幕

#Report NOW! #CES2014

2014-01-08 掲載

昨日のプレスカンファレンスから一夜明けて、1月7日CES2014展示会初日を迎えた。展示会に来場者が流れ込む前に恒例の基調講演が朝8時半より始まる。今年は、CEA会長 Gary Shapiro氏を皮切りにソニー平井一夫社長兼CEOの基調講演で幕を開けた。昨日のソニープレスカンンファレンスから繋がる平井氏の講演を今回は取り上げてみたい。

失敗を恐れず、機能や利便性より「感動」を提供する

CES2014_02_02.jpg ソニー平井一夫社長兼CEO / プレゼン映像は手書きの絵。さまざまな「WOW」が重要

CES2014の最初のKeynoteは久々にソニーが担当し、平井一夫社長兼CEOが壇上に立った。

プレゼンテーションは「子供の頃は好奇心がいっぱいの子供だった」と、自身の子供の頃の話から始まった。好奇心が人々の想像力を掻き立てるものであると述べ、さらに話は子供の頃いつも見ていたテレビ番組「ロンパールーム」の話にまで及び、自身の体験も含めて、Curiosity(好奇心)やWOW(驚き)が想像力の原動力になると語った。

人々にはこうしたEmotional Valueが必要で、それを日本語で「感動(Kando=Emotional Involvement)」と延べ、これがソニーの製品づくりに最も需要であると強調した。

CES2014_02_03.jpg 過去の失敗事例をあえて紹介

1979年のウォークマン、1982年のコンパクトディスク、1994年のプレイステーションなどは、いずれもこうした背景から生まれたものであったことを振り返りながら、「しかし我々は失敗もしてきた。そしてそれが挑戦の原動力になっている」として、「ベータマックス」や「dash」などの過去の失敗をあえて紹介。

CES2014_02_04.jpg ベータマックスの広告

さらに、1975年のベータマックスの広告コピーである「WATCH WHATEVER WHENEVER」を引き合いに出し、「これは40年前の我々の思いであり、この思いをいま実現させていく」と失敗を恐れない、機能や利便性よりは「感動」を提供できる製品作りに取り組んでいく決意を示した。

CES2014_02_05.jpg ベータマックスの失敗がベータの成功を生んだ

壁が窓になるというコンセプト「Life Space UX」

CES2014_02_06.jpg 超短焦点の4Kプロジェクター

製品としては「Life Space UX」という、生活空間における新しい映像製品のコンセプト製品を披露した。これはサイドボード家具のようなラックに入った超短焦点の4Kプロジェクターと、天井から吊り下げる照明のような形状で、テーブルの上に映像を投射するもの。前者はラックを壁に沿わせた状態で最大147インチの大画面で4K映像を投射できる。レーザー光源で2000ルーメン。プレゼンテーションではテレビを見るというよりはビーチの映像や街角の映像などを投射することで、あたかもその場所にいるような感動を提供したいとのこと。平井氏自身も社長室で銀座の街角の4K映像を実際に体験して、いままでにはない「感動」を得た体験を披露した。

CES2014_02_07.jpg 照明のようなタッチ可能なプロジェクター

後者は天吊りのプロジェクターで、タッチ操作が可能。ダイニングテーブルのような日常の生活用品に、ニュースや家族からの写真を表示させるというコンセプト。ディスプレイでも可能なことだが、水をこぼしても問題無く、日常生活に新しい映像利用を提供するものだ。テーブル面の色や形状に左右されないために、目に見えない補助光を照射して動作精度を上げている。

PS4でクラウドベースTVサービス

CES2014_02_08.jpg PlayStation Now

また、ソニー・コンピュータエンタテインメント社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏も登壇し、PlayStation 4が昨年12月28日の時点で、販売累計420万台を突破した事を発表した。さらに、PlayStationの過去のゲームソフトなどをクラウド経由で提供する新サービス「PlayStation Now」を発表。PlayStation 4、PlayStation 3、PlayStation Vita、テレビ、タブレット、スマートフォンで過去のPlayStationゲームなどを楽しめるもの。

CES2014_02_09.jpg Cloud-based TV Serviceを発表する平井氏

注目すべきは「Cloud-based TV Service」を発表。これはテレビ番組をPlayStation 4をハブとして、PlayStation Vita、スマートフォン、タブレット、テレビで視聴できるもので、ライブ放送、オンデマンド、クラウドDVR機能も提供するもの。アメリカでは年内開始、日本では未定とのこと。

Txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.01 [CES2014] Vol.03

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.02 ソニー平井社長のCES基調講演で開幕