PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.07 ブロードキャスト周辺の注目すべきアレやコレや
News

[CES2014]Vol.07 ブロードキャスト周辺の注目すべきアレやコレや

#Report NOW! #CES2014

2014-01-11 掲載

「Super Joey」を発表するdishのチャーリー会長

CMスキップ路線を拡大させるアメリカのdishの新サービス

CES2014_07_05427.jpg 操作画面。AutoHop機能の有無など視聴形式を個別に設定できる

アメリカの衛星放送プラットフォーム会社であるdishが、新サービスである「Super Joey」を発表した。これは同社の衛星放送受信機能付きのDVRである「Hopper with Sling」にチューナーをさらに2台追加したもので、同時に8チャンネルを録画することが可能。dishはアメリカの携帯電話会社スプリントの買収を巡ってソフトバンクと競った会社だ。

CES2014_07_04818.jpg AutoHop機能も提供するSuper Joey

Hopper with Slingはプライムタイムの4大ネットワーク全番組を録画しておき、放送後8日間いつでも視聴が可能になる「PrimeTime Anytime」機能を搭載している。さらに「AutoHop」を有効にすると、PrimeTime Anytime機能で録画した番組は、翌日の午前1時以降から自動CMスキップ再生が可能となる。早送りやCMスキップボタンを押すのではなく、そもそもCMが再生されない。

CES2014_07_04821.jpgWireless Joey

当然ながら米国でも4大ネットワークから訴訟が起こされて係争中であるが、CMスキップが有効になるまでに時間差を設けるなどして対抗している。またHopper with Slingはスマートフォンやタブレットにも対応しており、昨年のCESの最高賞を受賞した製品でもある。

CES2014_07_04820.jpg LGのスマートテレビがVirtual Joeyに対応

今回のCESで同時に発表された「Wireless Joey」は、WiFiを経由してワイヤレスで家中どこでも視聴できるようにするもの。インターネット接続の有無は関係なく、セットアップが簡単な家庭内の無線映像伝送装置だ。5GHzの802.11acに対応し、伝送速度は1.3Gbpsだ。また「Virtual Joey」はここのテレビにボックスを接続することなく、1台のボックスからLGなどのテレビのアプリや、PlayStation3と4を通じての視聴が可能になるものだ。

CES2014_07_04822.jpgSONYのPlayStation3と4にも対応

また視聴可能端末としてアマゾンの「kindle fire」が追加されることもアナウンスされた。同時録画チャンネル数を増加させ、家中のどのテレビでも、出先も含めたどのデバイスでももっとテレビを見られるというのがdishの提案である。

CES2014_07_04829.jpgkindle Fireにも対応すると発表

CMスキップなどは日本ではなかなか考えられない話であるかもしれないが、先日ソニーかキーノートで発表したクラウドベースドTVサービスなどと合わせて、アメリカのテレビはこうして確実に変わっていこうとしている。

テレビ局や動画配信サービスにも対応可能な高速ファイル伝送システム

CES2014_07_05343.jpg FTPソフトライクな「Sliver Bullet for File Transfer」の起動画面

こうした「いつでもどこでももっとテレビ」という要求にも応える技術の展示が、ラスベガスのホテルでプライベート展示された。日本のSkeedが提供する高速ファイル伝送ソフトウエアである「Sliver Bullet」である。「Sliver Bullet」はインターネット上で大容量のファイルを伝送させる場合に発生する遅延やスピードの低下に対して、安定した高速伝送を確保するものだ。通常のファイル転送はプロトコルとしてTCPを使うことが多いが、これは確実な転送を確保するために様々な「確認」を行いながら転送するので時間がかかることが多い。これに対して同社の「Sliver Bullet」は、プロトコルにUDPをベースとした独自の技術を採用しているので、高速伝送が可能になるというものだ。

CES2014_07_05328.jpgFFFTPを使った一般的なフェイル転送の状況

一般的にはUDPはデータを送りっぱなしで「確認」を取ることをしないので、データの欠落が生じたり、逆に帯域を使いすぎて他の電装に悪影響を及ぼすことがある。同社はこれを解決するために、独自のプロトコルと帯域制御技術を用いており、特許取得済みだそうだ。

CES2014_07_05335.jpgSliver Bullet for File Transferでの転送状況

実際のデモでは、100MBのファイルをアイルランドからラスベガスのホテルのWiFi経由で転送した場合、通常のFTPソフトで4分半程度かかったものが、Sliver Bulletを使うと1分20秒ほどで転送された。一般的には回線遅延が多いなど、条件が悪いほど改善させるのだという。

Sliver BulletはFTPソフトのようなソフトウエアやWEBベースのサービス、あるいはSDKとして提供されるので、既存のハードウエアやシステムアプリへの組み込みが可能。利用シーンとしてはインターネット、モバイル、衛星などあらゆる回線上での利用が可能で、放送局の局間や海外支局からの伝送、プロダクションやポスプロとのやりとりなどに利用されているという。今後は放送局のニーズが高い報道取材現場から撮影したファイルを高速伝送したり、カメラに内蔵されたWiFiや、スマートフォンなどからダイレクトに高速ファイル伝送できるようなサービスも検討していくという。

今後映像の世界では4K化やファイルベース化によってますます巨大なファイルのやりとりが行われていく。回線側の増強も進むであろうが、こうした高速ファイル伝送技術の利用ニーズは高いものと思われる。

Txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.06 [CES2014] Vol.08

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2014]Vol.07 ブロードキャスト周辺の注目すべきアレやコレや