PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2010]株式会社テクノハウスブースレポート

News

[InterBEE2010]株式会社テクノハウスブースレポート

2010-11-29 掲載

Clarity3000

ブースの正面ではイギリスのPixelPowerのHD/SDマルチグラフィックスシステム「Clarity」がステレオスコピック3Dに対応したことが紹介されていた。これまで搭載されていた3Dオプションをさらに拡張して、ステレオスコピックのグラフィックスを提供するというものだ。セパレートL/RステレオやSide-By-Sideステレオに対応。セパレートL/R ステレオの場合は2つのハードが必要になる。

technohouse-1.jpg ステレオスコピックに対応したClarity3000

technohouse-2.jpg Depthやpositionをリアルタイム調整できる

ConvergentDesign 「nano3D」

米国のConvergentDesign 「nano3D」も注目の製品だ。2009年のNAB2009で「nanoFlash」という名称でCFカードを使ったレコーダを発表した。昨年のInter BEE 2009でもテクノハウスのブースで紹介を行った。今年のNAB2010では、nanoFlashを2台使って3Dの記録や再生を行うというコンセプトが発表され、米国ではnano3Dという名称で8月に発売を開始した。国内では、10月から発売を開始している。

上下に2つnanoFlashを組み合わせ、それぞれ「L」と「R」に分けてHD-SDIの信号を受けて、それぞれをCFカードに記録するという仕組みだ。記録するときは、2台同じタイミングでそれぞれ記録を開始できるようにスイッチがある。再生も同様に可能だ。「Line-by-Line方式」や「Side-by-Side方式」の2種類の3D映像収録・再生にも対応している。

ファームウェアをnanoFlashからnano3D用にアップデートすることによって既存のnanoFlashをnano3Dに対応することができる。逆に、通常の2DのHD-SDIもしくはHDMIの信号を記録する場合は、中のファームウェアを戻して書き換えることによってnanoFlashとして使うことができる。

technohouse-3.jpg 3Dに対応したHDポータブルコンパクトフィールドレコーダーnano3D。最大で280Mbpsのビットレートを選択することが可能

technohouse-4.jpg 2台のうち上をマスター、下をスレーブとすることにより、3D映像に必要な2ch分のHD映像をワンタッチで記録する


[ Category : , ]
[ DATE : 2010-11-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

PRONEWS Radio ”10周年記念InterBEE2017特集号”

今年も好評!聞くだけでInter BEE早わかり! PRONEWS Radio InterBEE2017の見所まとめを最終日1回限りで“まるっ”と現地からラジオ番組でお届けします... 続きを読む

[InterBEE2015]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

InterBEE2015会場で見かけた、ブースを華やかに彩るコンパニオンさんをご紹介します。皆さん快く撮影に応じていただけました。ありがとうございました! 写真をクリックする... 続きを読む

[InterBEE2012]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

InterBEE2012会場で見かけた、ブースを華やかに彩るコンパニオンさんをご紹介します。皆さん快く撮影に応じていただけました。ありがとうございました! ... 続きを読む

Inter BEE 2012 スペシャルレポート

国際放送機器展 "Inter BEE"(インタービー)が、今年は11月14日(水)から11月16日(金)にかけて千葉幕張メッセにて開催されました。PRONEWSでは今年もInt... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[Wonder7]miracle03:InterBEE3日目!最終日に映像新時代の夜明けを見た!

小寺信良 @nob_kodera 時代はオールインワン? InterBEE2011最終日は、ソニーのコンパクトスイッチャー「MCS-8M」を取材した。オーディ... 続きを読む

[Wonder7]miracle02:InterBEE2日目!お宝を掘り起こせ!

高野光太郎 @takanok 2日目、前々から気になっていたGoPro2を銀一ブースに観に行って来ました。GoPro1との違いはHDMI出力が付いたこと、画質が... 続きを読む

[Wonder7]miracle01:InterBEE初日!すばらしき映像業界のお祭りへようこそ!

高野光太郎 @takanok 今日はCanonブースでのEOS C300のセミナー仕込みに時間を取られ、残念ながら、ほとんど情報収集は出来なかった。またUst練... 続きを読む

[InterBEE2011]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

写真をクリックすると拡大画像を別ウインドウで開きます。 写真をク... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2010]株式会社テクノハウスブースレポート