PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

News

[InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート

2011-11-24 掲載

池上通信機は、Gateway to the FileBaseをテーマに16-bit 3G対応フルデジタルHDTVカメラシステム HDK-97A/APやフルデジタルマルチパーパスHDTVカメラ HDL-45E、ウルトラハイスピードカメラ HiMotionⅡ、LCDカラービューファインダー、3M/E・2M/Eデジタルスイッチャー HSS-330、ハイビジョン伝送装置 HTN-430といった新製品のほか、4/3 CMOS UnicamHDやHD-SDIレコーダー、7.4型OLEDビューファインダー、FED次世代マスタモニターなどを参考出品した。

UnicamHD

参考出品された4/3型のCMOSセンサーを採用したUnicamHD。PLレンズマウントを採用しており、撮像素子は890万画素の単板式となっている。

池上通信機 次世代FEDマスターモニター

技術展示となっていた次世代FEDマスターモニター。インパルス駆動により、動画ボケが発生せず、視野角の影響を受けにくい。また、ダイナミックレンジの広い映像再現が可能で、ITU-R BT.709やSMPTE-C、EBUの色再現が可能。

IXJ-Q001

HD-SDIレコーダー IXJ-Q001。4系統のHD-SDI入力を備えており、4入力録画と1系統の再生を同時に行うことが可能。

HDK-97A

16-bitフルデジタルの3G-SDI 1080p/59.94Hzネイティブ出力を搭載したHDTVカメラシステム HDK-97A。新開発230万画素プログレッシブCCDを搭載しており、S/N62dB、2000lx/F10を実現している。1.5Gフォーマット運用時にはオプションのTRUNK回線が使用可能。カメラヘッドとCCU間では、HD-SDI信号の双方向伝送が可能となっている。

HLM-907WR

9インチLCDモニター HLM-907WR。2系統のHD/SD-SDI入力のほかアナログコンポジット入力が可能。WFMやベクトルスコープ、オーディオレベル表示ができるほか、USB端子にマウスを接続することにより操作やファイルの保存が可能。15型のLCDカラーモニター HLM-1504WRも新製品として出展されていた。

GF MEDIA DUPLICATOR

ファイルベースCM素材複製機 GF MEDIA DUPLICATOR。コピー元になるGFPAKを、CM搬入用 GFPAK four Deliveryに最大10個まで同時一括コピーすることができる。セクタ単位で書き込みを行うため完全なクローンコピーが可能で、メディアチェック機能により高い信頼性を誇っている。

HSS-330

3M/E・2M/Eデジタルスイッチャー HSS-330。HSS-3000のテクノロジーを継承する高機能をコンパクトな3Uの本体に凝縮したスイッチャーで、オプションのRAMレコーダーや外部DFEもHSS-3000と共用可能となっている。入出力構成が16×8、24×8、24×12の3タイプから選択できるほか、操作卓もライブ用途とプロダクション用途で2タイプが用意されている。クロスポイントボタン数によっても操作卓サイズを3タイプから選択可能。

池上通信機 60GHz帯ミリ波伝送装置

HD-SDI信号を非圧縮で伝送できる60GHz帯ミリ波伝送装置。技術展示なので、型番等はないが、双方向通信が可能なので本線とリターンの回線を遅延なしで同時に構成する事ができる。

XYZ Real True Camera RTC-21

XYZ Real True Camera RTC-21。通常のRGB3版式カメラよりも広い色域を撮影することができるカメラで、平均色差△E≦1というわずかな色の差も定量的に解析できる精度をもつ。被写体の色を正確に取得できるため、電子商取引などの色によるトラブル防止に応用可能としている。300万画素の1/2.8型CMOSセンサー3板式で、QXGA(2048×1536/15fps)とHD(1920×1080/30fps)の2タイプがある。

池上通信機 次世代FEDマスターモニター

RTC-21用のビューアーにより、色度座標上の特定部分を指定することで、撮影画面上のどの部分が指定した色域か表示される。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2015:池上通信機]NHKとの共同開発・ハンドヘルド8Kカメラシステムの試作機を披露

池上通信機は、新しい8K超高精細テレビカメラの試作機SHK-810を初めて一般公開した。同社はNHKと2002年来8Kカメラの共同開発を進めてきており、今回の新カメラは第四世代目。... 続きを読む

[InterBEE2014]Ikegamiブース:新HDTVドッカブルカメラ「HC-HD300」を発売。手頃な価格帯ながらトップエンドの放送品質を実現

池上通信機(Ikegami)のHDTV放送用カメラは、2014アジア競技大会で約200台が中継用放送カメラシステムとして活躍した。現場で信頼と扱いやすさでは今も変わらず、世... 続きを読む

[InterBEE2011]富士フイルム株式会社ブースレポート

昨年富士フイルムに統合され、フジノンが扱っていた放送機器等業務用の光学製品は富士フイルム光学デバイス事業部の扱いになった。2006年に富士フイルムの100%子会社になったころから業... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり... 続きを読む

[InterBEE2011]AJA VIDEO SYSTEMSブースレポート

アスクが国内代理店を行なっているAJA VIDEO SYSTEMSは、Ki Proや先般発表になったIo XTやアップ/ダウン/クロス・ミニコンバーターUDC、シネスタイルのカメラ... 続きを読む

[InterBEE2011]パナソニック株式会社ブースレポート

今年のパナソニックはLink together Link to the future ~Evolving AVC-World~をコンセプトにP2HD シリーズやAVCCAMシリーズ... 続きを読む

[InterBEE2011]Inter BEE 2011 ブースレポート

InterBEE2011に出展している各ブースの写真やレポートを掲載しております。 株式会社アイ・ディー・エクス 株式会社アスク アビッドテクノロジー株式会社 ... 続きを読む

[InterBEE2011]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

Vision blue メインの展示は、2Kg前後の小型軽量カメラ向けにヴィンテンが出したカメラサポートシステム「Vision blue」。ヴィンテンでは従来まで「Vinten P... 続きを読む

[InterBEE2011]株式会社計測技術研究所ブースレポート

UDR-N50 4K2K記録対応のコンテンツクリエーション向け非圧縮レコーダー「UDR-N50」がInter BEEで初公開されていた。同社のUDRシリーズと呼ばれる非圧縮レコーダ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2011]池上通信機株式会社ブースレポート