PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2012]富士フイルムブースレポート

News

[InterBEE2012]富士フイルムブースレポート

2012-11-16 掲載

富士フイルムの主な新製品出展は、スタビライザー搭載ワイドレンジズームレンズXA-99×8.4BEや軽量PLマウントレンズZK3.5×85、可変NDアダプターND-P01といった各種光学機器製品のほか、記録メディアとしてプロフェッショナルディスクPD711が、撮影現場での正確な色調整、およびポストプロダクションへの正確な色情報の伝達を可能にするデジタル映像色管理システム Image Processing System IS-100などが出展された。 PLマウントレンズは最近同社が力を入れている光学製品の一つで、すでにHK3.1×14.5やHK4.7×18、HK7.5×24、HK5.3×75の4本がラインナップされていたが、カメラ側の小型軽量化やローコスト化に合わせたZKシリーズが加わった。また、昨年まで参考出展だったバリアブルNDフィルターが製品として発売となる。

ほかにもデジタル映像色管理システム Image Processing System IS-100や大容量のデータを安全かつ確実に保管するアーカイブサービスDATA BANK、CDおよびDVDのコピー防止技術、光ディスクの大容量化を可能とする二光子吸収記録メディア技術などのデモやアナウンスがあった。

interbee2012_fuji_0103.jpg

 スタビライザー搭載ワイドレンジズームレンズXA-99×8.4BE。広角8.4mmから望遠832mmまでカバーした高倍率レンズ。OS-TECH(光学シフト方式の防振機構)を標準装備しており、スポーツ中継などで威力を発揮する。またバーチャル対応高分解能エンコーダー出力を標準装備しており、バーチャルスタジオにおけるレンズ情報などが高精度に行うことができる。

interbee2012_fuji_0124.jpg

コストパフォーマンスに優れた望遠レンズXA77×9.5BESM。OS-TECH(光学シフト方式の防振機構)を標準装備およびバーチャル対応高分解能エンコーダー出力を標準装備しており、アクセサリーは現行シリーズを共用することが可能。

interbee2012_fuji_0111.jpg

軽量PLマウントレンズZK3.5×85。高い光学性能と小型軽量ボディを実現しながらも85~218mmのズームが可能。明るさはT2.9(85~218mm)~T4.0(300mm)となっている。なお、対応センサーサイズは27.45×15.44mm。

interbee2012_fuji_0114.jpg

可変NDアダプターND-P01。NDフィルターの濃度を1/64まで連続して可変できる。任意のアイリス(絞り値)を設定できるため、被写界深度を決めての撮影をフィルター交換なしに迅速に行うことが可能。

interbee2012_fuji_0118.jpg

 プロフェッショナルディスクPD711。高速転送・長時間記録を実現したプロフェッショナルディスク対応光ディスク。高画質、高音質で安定した高性能を発揮する。保存に適したアーカイブケースタイプやより大容量化が可能な3層、4層タイプも出展された。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) 実演... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

[InterBEE2012]オートデスクブースレポート

シアターデモンストレーションと体験コーナーでSmoke 2013が紹介されていた。シアターデモンストレーションでは、Smoke 2013の基本的な活用方法やユーザデモンストレーショ... 続きを読む

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞... 続きを読む

[InterBEE2012]ティアックブースレポート

テープレコーダーが主流だった時代からレコーダー関して定評のある同社は、CDやメモリーレコーダー、輸入ブランドbeyerdynamicのデジタルワイヤレスマイクロホンシステムやDRA... 続きを読む

[InterBEE2012]オタリテックブースレポート

親会社のオタリが製造したマルチトラックレコーダーのようなトランスポート系製品を中心に関連製品を扱っていたが、DAWの普及とともに扱う商品の主軸がミキサーやスピーカーなどの海外オーデ... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2012]富士フイルムブースレポート