PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]オタリテックブースレポート
News

[InterBEE2012]オタリテックブースレポート

#オタリテック #Inter BEE 2012

2012-11-19 掲載

親会社のオタリが製造したマルチトラックレコーダーのようなトランスポート系製品を中心に関連製品を扱っていたが、DAWの普及とともに扱う商品の主軸がミキサーやスピーカーなどの海外オーディオ製品が中心になっている。もちろんレコーダーもまったくなくなったわけではないのだが、InterBEEのような展示会でお目にかかることはほとんどない。オタリ製品として出展された製品は、デジタル光ファイバー伝送装置LWB(Lightwinder Broadcasting)やコメンタリーBOXなどであった。

輸入製品としては、タッチスクリーンで操作性を大幅向上したLAWO社のオーディオコンソールmc²56やJünger Audioのラウドネスコントロールプロセッサー、GENELECのDSPスピーカーシステム、Artistインターカムシステム、RIEDELデジタルマトリ クスインカムなどである。

LAWO

InterBEE2012_otari_1.jpg タッチスクリーンにより操作性が大幅に向上したLAWOオーディオコンソールmc²56。日本国内でも多くの導入事例を持ち中継車など限られたスペースへの設置に最適。最新バージョンを国内初披露された

Jünger Audio

InterBEE2012_otari_2.jpg Jünger Audioのラウドネスコントロールプロセッサー。日本の現場環境にあわせてカスタマイズされた2chラウドネスコントロールプロセッサーD*AP LM2-JSのほか、制作の現場に最適な4chラウドネスコントロールプロセッサーD*AP LM4など InterBEE2012_otari_3.jpg Jünger AudioのT*AP Television Audio Processorの操作画面。主にテレビ送出やスタジオやアーカイブ用に設計された広帯域8chプロセッサーで写真のWebベースでのコントローラーは標準装備となっている

GENELEC

InterBEE2012_otari_4.jpg GENELECのモニタースピーカーシステム。DSPシリーズによるサラウンドデモンストレーションや部屋の音響特性を測定し、計測・分析することで、再生レベル差補正や距離遅延補正、周波数特性補正を行い自動で最善なモニタリング環境を設定できるAutoCalなどが披露された

RIEDEL

InterBEE2012_otari_5.jpg RIEDELの Artistデジタルマトリクスインターカムや新製品のコメンタリーシステムArtist CCP-1116など。光ネットワークシステムMediorNet Compactにより映像・音声・通信データの統合・分配・信号処理に特化してシンプルな構成にすることが可能

オタリLWBシステム

InterBEE2012_otari_6.jpg オタリLWBシステム。中継放送現場で扱われるマイク信号やMADI、インターカム信号、SDI&HD-SDI ビデオ信号、制御信号を1本の光カメラケーブルで伝送することができる。可搬型ユニットLWB-16Mと中継車用のラックマウント型LWB-64の2種類のベースユニットが用意されており、コメンタリーボックスを接続することで、デジタルコメンタリーシステムとしても使用することが可能

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2016]オタリテックブース:LAWO、Riedel Communicationsなどの新製品を展示

オタリテックは、LAWOのオールインワンコンソールmc2シリーズや、Riedel Communications社のインカム関連製品、PointSourceAudio社の新製品、カス... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2013]オタリテックブース:ビデオプロセッサーLAWO V_pro8に注目

Jünger Audio、GENELEC、LAWO、Lake People、VSM Control、RIEDEL、Communicationsなど多くの輸入製品を手掛けているが、... 続きを読む

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) 実演... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]オタリテックブースレポート