PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.52 映画「インターステラー」クリストファー・ノーラン監督&クルーによるQ&Aセッション

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.52 映画「インターステラー」クリストファー・ノーラン監督&クルーによるQ&Aセッション

2014-12-05 掲載

取材:鍋 潤太郎
会場となったTCLチャイニーズ・シアター。両側に「IMAX」の文字も見える

はじめに

ハリウッドでは、映画業界のギルド(組合)が各専門分野に分かれて存在している。例えば、皆さんもよく耳にされるであろう米監督組合、脚本家組合、映画俳優組合などが有名だが、VFX分野でもVES(ビジュアル・エフェクト・ソサエティ)がある。さて、これらのギルドでは最新技術や成果を業界内でシェアする為の講演会、セミナー、そして試写会などを定期的に開催している。このイベントをこまめにチェックしていると、有名監督自身が登場される講演会に参加出来るなど、極めて貴重な機会に恵まれる事もある。

INTERSTELLAR © 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

今回は、映画「インターステラー」の11月7日の全米公開に合わせて、ハリウッドのチャイニーズ・シアターにおいて、映画業界関係者向けの試写会+監督を含む制作クルーによるQ&Aセッションが開催された。

映画「インターステラー」は日本でも絶賛上映中という事もあり、ご覧になられた方も多い事だろう。大変タイムリーな内容である事から、今回は、その模様をざっくりと要約し、みなさんにご紹介する事にしよう。ちなみに、このQ&Aセッションは撮影現場レベルの話が中心で、映画のストーリーやネタばれ関連の情報は一切含まれておらず、これから映画をご覧になられる方も、どうか安心してご一読頂ければと思う。

会場は有名なチャイニーズ・シアター

会場は、ハリウッド大通りの中心にあり、観光名所として有名なチャイニーズ・シアター。このシアターで映画が観れるという事を、知らない観光客は意外に多い。そう、ここはれっきとした映画館なのである。

チャイニーズ・シアターは、2013年からオーナーが代わり、大規模な改装を経て同年9月20日にIMAXシアターとして生まれ代わり、現在はTCLチャイニーズ・シアターという名称になっている。29m×14mという巨大シルバー・スクリーンと、座席数932を誇り、北米では3番目に大きなIMAXシアターである。

試写会とQ&Aセッション

INTERSTELLAR クリストファー・ノーラン監督 © 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

この日はまず、チャイニーズ・シアターの大スクリーンで、映画「インターステラー」の試写会が行われた。試写はデジタル上映ではなく、70mm15Pのフィルムを使用した、IMAXプロジェクターによるフィルム上映のプレゼンテーションであった。ちなみに「インターステラー」は、チャイニーズ・シアターでの公開はデジタル上映ではなく、IMAXフィルム上映によって公開が行われているというから興味深い(詳細は後述)。

試写会の後は、監督及び主要クルーによるQ&Aセッションが行われた。今回は複数の映画ギルドのメンバーを対象とした試写会だった事もあり、残念ながらVFXに特化した掘り下げた内容ではなかったものの、普段なかなか聞けない撮影現場のお話などを伺う事が出来、個人的には大変興味深い内容であった。

NABA_vol52_4924 試写会後のQ&Aセッションの模様。前列中央がクリストファー・ノーラン監督

パネラーの顔ぶれ(敬称略)

  • 監督:クリストファー・ノーラン
  • 撮影監督:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
  • プロダクション・デザイン:ネイサン・クロウリー
  • セット・デコレーター:ゲリー・フェティス
  • 編集:リー・スミス
  • コスチューム・デザイナー:メアリー・ゾフレス
  • 音楽:ハンス・ジマー
  • サウンド・ミキサー:マーク・ウェインガルテン
  • リーレコーディング・ミキサー:ゲイリー・リッツオ、グレッグ・ランディカー
  • サウンド・デザイナー:リチャード・キング
  • VFXスーパーバイザー:ポール・フランクリン
  • SFXスーパーバイザー:スコット・フィッシャー
  • IMAXスーパーバイザー:デイビッド・キリー(IMAX D.K.P代表)

パネラー達は、ノーラン監督の事を「クリス」と呼び、気心知れた、ほのぼのした和やかな雰囲気の中でパネルは行われた。ノーラン監督も終始笑顔で、一言ひとこと丁寧に答えていた。そんな監督から伝わってくる印象は「謙虚で、もの静かな紳士」といった感じ。

Q&Aセッションでは、司会者が質問を投げかけ、各パネラーがそれに答える形で行われ、時折参加者からの質問も受け付ける形で進行された。下記はその抜粋および要約である。

――壮大なストーリーでしたが、企画開発には時間が掛かりましたか?

ノーラン監督:元々はスピルバーグ監督が企画を温めて手掛けていたプロジェクトでした。それを私が引き続く形になりました。足掛け7年掛けて、ストーリー・デベロップメントを行いました。

――「メメント」に代表される、時間軸を逆行させる演出のアイデアは、何処から生まれてくるのでしょうか?

ノーラン監督:あの手法は、私自身の経験から、そして自分の中から、自然に出て来るという感じです。タイムスパンを分解する事で、ストーリーをより壮大に、そしてストーリー・テリングをより興味深く行える利点があると考えています。

――今回は視覚効果の面でも、チャレンジが多かったのでは?

ポール・フランクリン氏(VFX) / スコット・フィッシャー氏(SFX):この作品は宇宙空間など、ビジュアル面での大きなチャレンジが必要とされる視覚効果が沢山登場します。科学的&視覚的の両面から見て、説得力のある映像に仕上げなければなりません。単なる「SF映画的な映像」にはしたくありませんでした。VFXはダブルネガティブ、SFXはニューディール・スタジオが手掛けています。

※筆者注:VFX(Visual Effects)はポスト・プロダクションによるデジタルの視覚効果、SFX(Special Effects)はミニチュアや炎など、撮影時に行う物理的な視覚効果という形で、現在も使い分けられている INTERSTELLAR © 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.
――編集は如何でしたか?

リー・スミス氏(編集)これまで、クリス(ノーラン監督)とは過去6回程、ご一緒にお仕事をさせて頂きましたが、今回も大変複雑な内容の作品でございましたですね~。なんだか、作品を追う毎に、どんどん複雑化しているようにも思います(場内爆笑)。

――この作品は、宇宙船内のシーンを始め、多くのシーンがIMAXフィルムで撮影されていますが。

デイビッド・キリー氏(IMAX):その通りです。でも、なぜそうなったのかは、私よりもクリスに聞いてもらった方が良いでしょうね(笑)。

ノーラン監督:70mm15Pという大型サイズのIMAXフィルムで撮影する事で、非常に鮮明な映像が得られるのです。私自身も、IMAX映画の火星ドキュメンタリー作品などの大ファンです。「インターステラー」においては、特に、コックピットでのヘルメットの映り込み、ガラスやライトの見え方など、そういうドキュメンタリー・スタイルの絵を表現してみたのですが、これらは「IMAXフィルムによる撮影ならでは」と言えるでしょう。

――今回も素晴らしいサントラが印象的ですが、作曲での苦労は?

ハンス・ジマー氏(音楽):2年前のある日曜日、クリスから、キレイな薄い紙にタイプされた、1枚の手紙が届きました。クリス、あのタイプライターはどんな機種を使っているのかな?私は、あのキレイなタイプの隠れファンなんだが…。その手紙には、映画の概要が1ページにまとめられていました。クリスと仕事をする時は、いつも2人でアイデアを出し合いながら曲を仕上げていく事が多いですね。時には電話口を通して曲を聞いてもらったりとか(笑)。この曲には、ドラムを入れないようにしよう、ここはストリングス(弦楽器)で行こう、などと相談しながら、4ケ月ほど掛けて仕上げていきました。

――プロダクション・デザインは如何でしたか?

ネイサン・クロウェイ氏(プロダクション・デザイン):…あ、私も手紙をもらいましたよ(場内爆笑)。監督とランチをして、映画の内容を説明されましたが、最初は「は?」という感じで(笑)、映画全体のイメージを掴むのに苦労しました。そこから4~6週間掛けて、どんな世界観を表現していくのか、意見を出し合いました。説得力のあるデザインにする為、NASAの資料をリサーチしたり、LAのカリフォルニア・サイエンス・センターで展示されているスペースシャトル・エンデバーを見に行ったり。観客が「見慣れた」宇宙のイメージに近いものを目指しました。

――衣装デザインで苦労された部分は?

メアリー・ゾフレス氏(コスチューム・デザイナー):中でも、宇宙服のデザインには気を配りました。NASAで見慣れた、あの「お馴染み」の宇宙服を表現する為、ワーナースタジオのワードローブ(衣装)部門で、沢山の種類の宇宙服を実際に縫い合わせてみて、その中から良いものを選んでいきました。

NABA_vol52_4949 チャイニーズ・シアターのロビーでは、撮影で使用された宇宙服の衣装が展示されていた
――撮影現場での苦労は?

ホイテ・ヴァン・ホイテマ氏(撮影監督):この作品は膨大なショット数で、それが苦労と言えば苦労でしたが、クリスは全ショット、全アングルを全て完璧に覚えていて、コンピューターを必要としませんでした。それには驚きましたね。

ゲリー・リゾー、グレッグ・ランディカー氏(リーレコーディング・ミキサー):撮影現場では、役者の音声を拾うのがいつもチャレンジなのですが、今回は宇宙服のヘルメットを被っていた事が大きな助けになりました。何故かと言えば、IMAXのフィルムカメラって、回すとすごい音がするんですよ。でも、ヘルメットの中にマイクを仕込んで録ると、ヘルメットがカメラ・ノイズを遮断してくれるんです(笑)。そのお蔭で、ダイアログを拾うのに、非常に助かりました。

――サウンド・デザインでこだわった部分は?

マーク・ウェインガルテン氏(サウンド・ミキサー):「リアルな音を作ろう」、それがベースにあったコンセプトでした。どんなサウンド・エフェクトを入れるかで、観客が受ける印象は大きく変わります。映画を観た人が「リアルに感じる」事、それを突き詰めていきました。

――今日のチャイニーズ・シアターでの試写は、デジタル上映ではなく、IMAXフィルム映写機によるフィルム上映でしたが。

デイビッド・キリー氏(IMAX):今日の試写に参加された皆さん、是非、TwitterやFacebookでこう拡散してください。「映画『インターステラー』は、ここチャイニーズ・シアターで、IMAXフィルム上映で見るべきだ!」とね。是非とも、IMAXフィルムの醍醐味を堪能して頂ければと思います。

――それではお時間です。みなさん、さようなら!

…と、このようなパネル形式のQ&Aセッションであった。

今回は、司会者を含め総勢14人という大所帯のパネル・セッション、しかもノーラン監督ご本人が登壇されるという事もあり、チャイニーズ・シアターは満席状態。会場内には知り合いのVFX関係者の顔も多く、LA中の業界関係者が詰めかけたという感じであった。

おわりに

最後に、「インターステラー」の、アメリカでの上映フォーマットについて、言及しておきたい。

この作品は、全てフィルム撮影。35mmパナビジョンのアナモルフィック・レンズ、35mm8Pのビスタビジョンカメラ、そして70mm15PのIMAXカメラ、この3つを使い分けて撮影されているが、特にIMAXフィルムで撮影されているという事もあり、全米公開では、

  • 全米42箇所の限定IMAXシアターにおける70mm15P IMAXフィルムによる上映
  • 全米11箇所の限定映画館における70mmフィルムでの上映
  • 映画館における35mmフィルムでの上映
  • IMAXシアターでのデジタル上映
  • 映画館における4Kデジタルプロジェクターによる上映
  • 映画館におけるデジタルプロジェクターによる上映

という多彩なフォーマットでの配給が行われており、大型映像ファンやポスプロ関係者には大変興味深い上映形態と言えるだろう。特に、映画館での70mm上映というのは久しぶりに聞く響きで、フィルム文化存続に積極的なノーラン監督の姿勢が見てとれる。

もしこの作品をIMAXのフィルム上映で鑑賞したいなら、是非とも、前述のTCLチャイニーズシアターがおススメである。上映期間、上映時間などの詳細はコチラ。近々に渡米を予定されている方は、是非ともチェックされたし。

■参考用サイト

映画「インターステラー」日本公式サイト
http://www.interstellar-movie.jp/

米公式サイト
http://www.interstellarmovie.com/

米公式サイト 上映フォーマットに関する詳細ページ
https://interstellar.withgoogle.com/ways-to-see

米公式サイト 撮影フォーマットに関する詳細ページ
http://www.interstellarmovie.com/formats/


『インターステラー』大ヒット上映中!
オフィシャルサイト:http://www.interstellar-movie.jp
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2014-12-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.84 SIGGRAPH2017 エレクトロニック・シアターレポート

夏と言えばSIGGRAPH。背後には映画「This Is It」(2009)でもお馴染みステープルス・センターが見える 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 我々VF... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.83 全米ボックスオフィスに見る、この夏のVFX&長編アニメーション動向

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を上映するセンチュリーシティのAMCシアター 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに アメリカ地方も夏休みに突入し、映画館では話... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.82 SIGGRAPH 2017の見どころ

取材&写真:鍋 潤太郎 もうすぐSIGGRAPH 2017(写真は昨年のアナハイムでのSIGGRAPH 2016) はじめに ♪も~いくつ寝ると~SIGGRAPH~♪... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.81 LA SIGGRAPH月例会「フォトグラメトリーとは」

取材&文:鍋 潤太郎 協力:Leonard Daly / LA Siggraph はじめに さて、今月もLA SIGGRAPH月例会の話題をお届けしよう。LA SIG... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.80 LA SIGGRAPH月例会「キャリア・セミナー」レポート

取材&写真:鍋 潤太郎 取材協力:Leonard Daly/LA Siggraph はじめに ロサンゼルスには、ACM SIGGRAPHの地方分科会である「LA SI... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.52 映画「インターステラー」クリストファー・ノーラン監督&クルーによるQ&Aセッション