PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 黒田伴比古 > [OnGoing Re:View]Vol.13 399ドルの4Kカメラ一体型3軸ジンバル「Filmpower ROXOR」国内最速(かもしれない)レポート

News

[OnGoing Re:View]Vol.13 399ドルの4Kカメラ一体型3軸ジンバル「Filmpower ROXOR」国内最速(かもしれない)レポート

2016-01-22 掲載

txt:黒田伴比古 構成:編集部

Filmpower発ROXOR(ロクサー)の真価はいかに?

一昨年から映像業界のトレンドになっているブラシレスモーターを使用したジンバルカメラスタビライザー。中でもドローンメーカーの雄DJIが昨年10月に発売した小型の4Kカメラにジンバル、コントロールグリップを一体化させたDJIのOsmoが、その簡便な操作性とスタビライズ性能で一躍ヒットしたのは記憶に新しい。

そんなOsmoブームの中、同10月に発表されたのがNebulaジンバルシステムで名高いFilmpowerの4Kカメラ一体型3軸ジンバル「ROXOR(ロクサー)」だ。

OGRV_13_0540

しかも発表時はプリオーダー価格として199ドルという圧倒的低価格で受注を開始し(現在は終了)、世界中から多くのオーダーが寄せられ、今もその到着を待ちわびている状況だ。

今年1月のCESで実機が展示され、ようやく発売が開始されたばかりのROXORが本国から筆者の手元に早々に到着したので、さっそく使用感をお伝えしよう。

システム一式を収納できるSPACE X-CASE

OGRV_13_0565

到着したROXORを開梱すると、姿を現したのはコンパクトなプラスチック製のケース。この中にROXOR本体、充電ACアダプター、ワイヤレスリモコン、スマートフォンホルダーなど一式が収められている。運用に必要なものが一式収められる点では、弦楽器型ケースに本体とスマートフォンホルダーのみを収めるOsmoのケースに比べ利点が高い。

価格なりの本体構造

Osmoの造形の美しさと仕上げの良さに比べるとROXORは、総プラスチック仕上げで幾分チープな感じが否めない。ジンバルのアーム部分もOsmoは金属仕上げに対し、ROXORはプラスチックで耐久性がやや心配だ。

またカメラ部はOsmoに比べ大きく頭でっかちな印象だ。ただOsmoにはない背面液晶ディスプレイを搭載しているので、このような大きさになるのは致し方ないだろう。背面液晶があることで、スマートフォンをペアリングしてモニターせずとも本体のみで映像確認ができる点はROXORの優位点だ。ただ、背面液晶ディスプレイの視野角は広くなく、ハイアングルやローアングル時にその視認性は著しく劣るのはやや残念だ。

重量ではOsmoがおよそ430g(バッテリー込み・実測)に対し、ROXORはおよそ500g(バッテリー込み・実測)とやや重めだが、Osmoは実際使用する時には、スマートフォンホルダーとスマートフォンを装着する場合が多く、実運用ではROXORに軍配が上がる。

各部名称と操作

OGRV_13_0542-2

ROXORはグリップ部手前に十字コントローラと録画/決定ボタン、スタビライズモードボタンと電源スイッチがある。Osmoはグリップの裏側、握った時に人差し指にあたる部分にトリガーがあり、アングルを固定するフォローモードキャンセルやセンターリセット、セルフィーモードなどのモード切替ができるが、ROXORにはこれがない。この機能に相当するのは、グリップ部手前のスタビライズモードボタンだ。各モードは以下の通り。

  • 1回押すことでジンバルをオフにできる。カメラメニューを設定する際などに使用
  • 2回連続押しするとセミフォローモードになり、ピッチとロールは固定されるが、ヨーはフォローする動きになる(グリップを前後左右に動かしてもカメラは固定されるが、グリップの左右にねじる動きにはカメラが追随)
  • 3回連続押しするとロックモードになり、ピッチ・ロック・ヨーともに固定される(グリップを前後左右に動かしてもねじっても、カメラは固定される)
  • 4回連続押しするとピッチ・ロック・ヨーともにフォローになり通常のフォローモードになる(グリップの動きに合わせて、カメラが前後左右に傾斜及び回転する)
  • 5回連続押しは加速度センサーのキャリブレーションモード
  • 長押しはジャイロのキャリブレーションモード
OGRV_13_0543-2-B

また、前述の通り背面液晶ディスプレイを利用し、本体のみで使用することができるよう、各種ボタンがカメラ部に配置されている。カメラの側面に上下ボタンとWi-Fi/撮影モード切替ボタン、そしてカメラ上部に録画/決定/カメラ電源ボタンだ。カメラの設定に関することはカメラ側面の上ボタンを長押しすることでメニューに入り設定できる。

OGRV_13_0547 メニュー画面

メニューはカメラ設定と各種設定の2層構成になっている。操作は、上下ボタンで項目の移動、録画/決定ボタンで設定する仕組みだ。ただ、カメラ設定と各種設定の移動だけは、なぜか上下キーでどの項目も選択されていない状態にしてWi-Fiキーを押して移動するという少々ややこしい操作になっている。カメラ設定では録画モードやホワイトバランス、フリッカー抑制の周波数設定が行え、各種設定では言語設定やWi-Fiなどが行える。

なお、到着時は言語が簡体中国語に設定されているので、中国語を読めない方は早々に言語を変更した方が良いだろう。言語設定には英語のほかに日本語もあるが、日本語は一部に英語表記が残る状態なので注意したい。ちなみにメニューで設定できるのはあくまでカメラ部の設定で、ジンバルの設定は存在しない。また、メニュー操作時にジンバルとして駆動しているとモーターが暴れるので、スタビライズモードボタンを1回押してジンバルをオフにした上で設定しよう。

OGRV_13_IMG_0551-2

記録用のmicroSDカードは、反対側側面に挿入口があるのだが、かなり奥まで挿入しなければならず、ピンセット等が必要になるほどだ。当然取り出し時もカードの吐き出しスプリングの反動力では手で摘めるところまで出てこない。これもピンセット等で取り出さなければならず苦労する。ここはぜひ改良してほしいところだ。

実写

記録モードは1080/60p、フリッカー抑制は60Hz、ホワイトバランスはオートに設定している。

非常にビビッドな色味かつエッジが強調された画作りだ。音声にはブラシレスモーターの駆動音がかなり入ってしまう。Osmoのように外部マイク端子はないので、音声は別収録したほうがいいだろう。

ROXORのカメラ部は残念ながら絞りやシャッタースピードといったマニュアル設定が一切ないので、日中の撮影は高速シャッターの入ったパラパラ感のある映像になってしまう。かつ、オートのアイリス・シャッター制御が怪しく、明るさがいきなり変化するショックがみられた。ジンバルも含め399ドルなのだから、あまり贅沢もいえないが。

ちなみにROXORもOsmo同様に4Kでの記録も行えるが、フレームレートが10fpsなので、事実上動きのある映像の表現には向かないだろう。また、SDカードへの録画フォーマットは、movコンテナでコーデックはiCatch AVCCというH.264形式の一種だ。筆者所有のEDIUS Pro 7 (Ver7.40.4884)で読み込むことができた。

スマートフォンアプリによる外部リモート

ROXORにはOsmo同様にスマートフォンアプリによる外部モニター/リモート機能がある。 アプリはAndroidとiOS対応版があり、いずれも説明書に記載されているQRコードからGoogle playストアもしくはApple App storeにアクセスしダウンロードする。Osmoと違い、あくまでカメラのリモートビューワー/コントローラーのアプリなので、ジンバル部の設定は何もない。

なお、今回のFilmpowerから直接発送されたROXORは日本国内の特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(いわゆる技適マーク)がない。そのため、本レポートに際しても、実際のWi-Fi通信は行わず、アプリの機能紹介のみとしている。

Osmo単体ではできない自己再生に対応。さらにHDMI出力も

OGRV_13_0567

ROXORにはOsmoにない優れた点として、自己再生機能がある。背面液晶があるので当然だが、現場で即プレイバックできるのはありがたい。さらに、カメラ部にあるMicro HDMIと液晶モニターを繋げば、多人数での現場プレビューもできる。残念なのはHDMI出力にOSDが表示されてしまう点だ。メニューも調べてみたが、残念ながら消す方法は見つからなかった。

総評

ROXORを使用してみて感じたのは、Osmoとは設計思想が違うということだ。Osmoはあくまでジンバル・カメラを一体として思考・設計されているが、ROXORはジンバルありきでそこにカメラをくっつけて一体化したという感じだ。その論にたどり着いたのが電源だ。グリップにある電源スイッチで電源を切ると、カメラの設定がオールリセットされてしまい困っていたところ、説明書を読むと、カメラの電源ボタンがあることに気がついた。実は録画ボタンは長押しするとカメラの電源ボタンになっていたのだ。

要するにグリップにある電源スイッチはバッテリーからジンバルとカメラへのいわばハードスイッチのようなもので、ここで入切すると、カメラ側はいわゆる強制電源断の状態になってしまう。つまり、グリップのスイッチを入れてジンバルとカメラに給電が開始され、録画ボタンを押すことで、カメラの電源をオンにして撮影する。電源を切る際も、先にカメラの録画ボタンを長押しして、カメラの電源を切り、グリップの電源スイッチで給電を切るというような使用をしなければいけないのだ。

やや抱き合わせ感の残るROXORだが、やはりNebulaを有するFilmpowerだけにジンバル部分は非常にこなれているというか、低価格だが基本を押さえた出来だと思う。カメラ部はもう少しいいものが搭載されてもいいのだが、値段を考えれば1080/60pが撮れるところで及第点ではないか。

ROXORは、これまでブラシレスモーターのジンバルに興味はあったが、価格や調整の難しさで敬遠してきた層には、第一歩の製品として、非常になじみやすい製品ではないだろうか。


WRITER PROFILE

黒田伴比古 報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。


[ Writer : 黒田伴比古 ]
[ DATE : 2016-01-22 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.32 バレットタイム機能を新搭載!次世代360°自撮りカメラInsta360 ONE

©日本テレビ txt:駿河由知 構成:編集部 協力:日本テレビ放送網株式会社、株式会社オールアバウトナビ、Facebook navi 4K・2400万画素の36... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.31 最大25枚のSDカードにリアルタイム収録が可能なBlackmagic Duplicator 4K

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 H.264&H.265エンコーディングをリアルタイムで実行するSDカード・デュプリケーターBlackmagic Duplic... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.30 プロ仕様設計のコンバーター-~Blackmagic Design Teranex AV

txt:稲田出 構成:編集部 Teranexシリーズの上位機種「Teranex AV」 Blackmagic Designは小型コンバーターを得意としたメーカー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.29 一歩進んだGoPro映像制作を~GoPro Karma Grip

txt:松本敦 構成:編集部 GoPro Karma Gripの半年使用レビュー GoPro社から撮影時の手ブレを抑える純正ジンバル「Karma Grip」が発売してか... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.28 ATEM Television Studio Pro HD

txt:井上晃 構成:編集部 Blackmagic Design ATEMシリーズに一体型スイッチャーが登場 本年3月に簡易なコントロールパネルを備えてリニューアル... 続きを読む

WRITER PROFILE

黒田伴比古 報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 黒田伴比古 > [OnGoing Re:View]Vol.13 399ドルの4Kカメラ一体型3軸ジンバル「Filmpower ROXOR」国内最速(かもしれない)レポート