PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.63 Libecの使いやすいラインナップ HFMPとTH-X

News

[岡英史のNewFinder]Vol.63 Libecの使いやすいラインナップ HFMPとTH-X

2017-01-20 掲載

txt:岡英史 構成:編集部

ブランドが育つということ

nf_vol63_mphf_0214

Libecから大きな製品が出てきた。大きいと言っても製品そのものの質量のことではない。ターニングポイントとしてその存在感がでかいということだ。平和精機というよりもいまやLibecと言うブランドがしっくりくる同社。色々と満足できる製品をリリースしているLibecだが、何か物足りなく感じるのは筆者だけじゃないはず。せっかく小型軽量の良い三脚とヘッドがあるのだからもう少しコンパクトになっても良いんじゃないだろうか?そうだ一脚を是非作ってもらいたい!と思っていたところにこんなリリースが!今回は、Libec新製品を2つを紹介したい。

自立運用設計のビデオ用モノポッド「HFMP」

nf_vol63_mphf_23a この高さでも安定感があるのが最大のウリ。最大で約2m、最小で約70cm強

昨年のIBCで発表され、各方面から注目された。ただ昨年のInterBEEまでは正確な事は解らなかった。そしてInterBEEデビュー初日からこの一脚目当てに長蛇の列が三脚メーカーに並ぶという珍事を見ることが出来た。それだけこの製品に期待している方が多いと言うことだ。

nf_vol63_mphf_12 ヘッド部分はALXシリーズと同じくサイドから脱着可能

βバージョンではあるが、実戦も含めて使用してみたが、やはり期待通りに良い感じだ。ただしそれはマンフロット等のビデオモノポッド的な使い方を期待してはいけない。これは一脚と言いながらあくまでも三脚の代わりと言う認識で使うのが正しい。意識的には狭くて三脚を広げられないような場所でもFIXの映像が欲しい、そんな時にはまさにピッタリ!しかし小回り良く小さくまとめるにはいささか不向きかもしれない。それは絶対的な安定性と引き替えに手放したコンパクトさなのでしょうがない事だ。

nf_vol63_th_x_06 業務用ハンドヘルドサイズのカメラなら全く問題なくオペレート可能 nf_vol63_th_x_05 キャリーサイズは中型三脚と長さはほぼ同じ位

しかしそれを除けば一脚を扱い慣れていない方でもとまどい無く使える。何よりも他メーカーのモノポッドと違って一脚を意識することなく振り回すことが出来る。これは既にビデオモノポッドを使ってる方なら一発で理解して頂けるはずだ。またセッティングの速さも特筆出来る。全て畳んだ状態から脚の部分は自身の足を使って蹴り出してセットアップが出来る。更に足のロック&フリーもそのレバーを足で踏み込むだけなのでカメラを被写体にホールドしたままFIXからフリーに移行が出来る。

nf_vol63_mphf_30 nf_vol63_mphf_31 フリーとロックは足で簡単に出来る

脚の伸縮は3段で、カメラ高で約75~200cmの高さまで調整が可能。Libecらしくその加工精度は他社のどのモノポッドよりも良い。とは言えHFMPは一脚と言うよりもビデオモノポッドと思った方が良く、スチルでの使用よりもムービーでの使用が使い易い。ある程度大きさ(質量)のあるカメラを載せた方がしっくり来る。最低でもEOS 7D Mark IIに24-105/f4+外部マイク程度の重さがあった方が良い。逆にミラーレスカメラ単体では少々軽すぎて違和感があるかも知れない。ヘッド部分は3/8inchネジなので一般的なフラットヘッドを持つビデオ雲台なら好みの物を装着出来るが、今回装着されているTH-Xのヘッドが相性・バランス共に一番ベストな組合せだ。

nf_vol63_th_x_01 この高さまで伸ばすことが出来る

小型カメラ用三脚「TH-X」

nf_vol63_mphf_05a 小型三脚ではあるが三段フルに伸ばせば、大概のカメラマンならハイアングルになる

HFMPより先行して既に販売しているTH-Xだが、この三脚システムも中々良い。ALX H2セットと比べると一回り小型化されたシステムは軽量化(約3.1kg)もあり、十分にモバイル的な運用も可能なサイズになった。

小型化するにあたり、色々な部分を簡略化とダウンサイジングしており、ボール径は一般的な75mmから65mmと更に小型化された。このサイズは従来の製品であったTHシリーズ(現ディスコン)と同サイズになる。業務用の三脚ではあまりメジャーではないが、フィールドスコープ系の三脚にあるサイズだ。逆に考えればこのサイズでようやく業務用途に耐えられる三脚が出来たと言っても良い。

nf_vol63_mphf_1011 プレートの前後量も全く問題ないレベルだ

もちろんプレートは前後移動出来るのでカメラバランスを取るのも簡単だ。既にHFMPでも書いたがプレートはサイドからの脱着式、勿論DUAL HEADなのでスライダーにもそのまま装着することが可能だ。また、このヘッドの大きな特徴としてスライドプレートがマンフロットのプレートと互換性がある事だ。この為、既にマンフロット系の三脚を持っている方ならプレートはそのまま脚の部分だけを交換することが出来る。つまりブライダル等で圧倒的なシェアを持っているマンフロットのモノポッドを持っている方ならカメラセッティングはそのままに、一脚から三脚に載せ替えて運用も可能と言うことだ。とはいえ、従来のLibecプレートとは互換性が無くなってしまうデメリットもある。

nf_vol63_th-x_chart

TH-Xが小型ヘッドを搭載したからと言って、耐荷重も小さいかと言えばそんなことはない。現状のALX H2と同じ4kgとなっており、旧ALX-Hより1kg多くなっている。つまりGY-HM660やHXR-NX5R等の業務用ハンドヘルドカメラでも十分にオペレートが可能と言う事になる。その荷重に関してはメーカーHPのチャートを見ればどのカメラが搭載可能か解るはずだ。

ALX-Hとの比較

nf_vol63_mphf_53

手持ちのALX-Hと簡単に比較してみたが、ヘッドまわりは確実に一回り小さい事が解る。脚の部分に関しては大して違いはなく最大に伸ばしてもその差は10cmも無い。しかしスプレッターの部分は開脚度を調整出来ないので絶対的な安定性には注意が必要かも知れない。とは言えこの三脚に中型のENGカメラを載せると言う事はまずあり得ないので、この部分はデメリットには感じない。しかし広げる事で多少の高さ調整が出来る事を考えると、この省略はコストダウンとはいえ少々残念だ。

nf_vol63_mphf_55

スライダーとの組合せ

nf_vol63_mphf_4334 三脚との組合せは一般的だが、一脚でも大型のHFMPなら一脚との組合せも実用的だ

Libecと言えばスライダーもラインナップが豊富で、その動きの良さには定評がある。今回組み合わせたのは40cmのS4をセットアップした。TH-Xの受けが65mmでS4が75mmなのでどの位収まるのか試したところ、実用範囲内で全く問題なく装着が可能だった。可動範囲も75mm同士ほどは動かないが、十分に調整範囲内に収まるはずだ。この組合せはワンマンオッペレート時にはコンパクトな感じが丁度良い。もちろんデュアルヘッドを持つ雲台なのでスライダーには何の苦労もなく取り付けが可能だ。逆にS8の様な長めのスライダーは三脚のスプレッターが広がらず安定性に欠けるので1台で使うのは止めた方が良い。

nf_vol63_mphf_32a S4には75mmボールが付属されてるが、TH-Xの65mmに搭載してもこの程度の調整稼働が可能 nf_vol63_mphf_4437 TH-Xでこの位片側にオフセットしても問題ないのは当然として、HFMPでも同様な事が出来るのが面白い。但しカメラ重量とのバランスも含めて実験的な物 nf_vol63_mphf_52

HFMPとの相性は見た目以上に良い。但しTH-Xの様にオペレートは単純ではない。どうしても脚の部分の設置感が少ないので片手で本体をしっかり固定し、もう片方でスライダーの台座を掴む感じで操作が必要になる。こうなるとS4との組合せの半分くらいしか性能を使い切れないが、それでもしっかりとスライダーらしい映像を撮る事が出来る。他のモノポッドだと流石にココまでは安定して撮れない。

nf_vol63_th_x_02 この様にスライダーの端を何かの固定物に当てるだけでその安定感は別物になる

モノポッドとスライダーの組合せは、この様にスライダーの片側を何かの固定物に載せてオペレートすることで、脚の部分を自身の足で踏んでおけば確実にベース部分を固定できるため、スライダーワークが三脚に載せたときと同じ感覚で出来る。特にLibec S4を使うならばスライダーから出ている脚が色々な方向にセッティング出来るため、載せる相手側が平坦で無くてもOKだ。爪を引っかけるような感じでもセット出来るのでその汎用性は大きい。実際にこの様なスタイルで収録したが素材的には何も問題はなかった。

総評

TH-Xの耐荷重(カウンターウエイト)は4kgなのであまり軽いカメラだと逆に使いづらい。DSLRの軽いレンズを付けたシステムだと、ヘッド部分をALX-H(耐荷重3kg)に交換した方がより良い場合もある。しかしそれを双方持っているとは限らないので、その場合はカメラの上にLEDライトやモニターを付けて重心位置を上げればウエイトを増したのと同じ効果が得られるので試して欲しい。

また、TH-XとHFMP双方とも標準でバッグが付属されており、HFMP付属のバッグの上方部分にはスポンジの緩衝材が入っている。HFMPの販売はそろそろカウントダウンに入っている。TH-Xは既に販売しているので、出来れば限定で脚部分の2本セット(雲台は1台)というのを作って貰いたい。多分HFMPを使えばそのヘッド部分の良さが確実に解るので専用の脚が欲しくなるが、65mm受けの脚は中々無い。そこで脚のみの単品販売や、最初からセット販売があるとユーザーとしても助かる。

このTH-Xヘッドはマンフロットのプレートと互換性があると書いたが、実験したところマンフロットプレートとTH-Xプレートは完全に互換性があり、どちらがどちらにも確実に取り付けが出来るのを確認出来た。実はTH-Xのプレートの方がネジの可動範囲が広いので、このプレートを使ってマンフロットのベースに取り付けるとバランスを取るのがスムーズになるというメリットもあった事を付け加えておく。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2017-01-20 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[岡英史のNewFinder]Vol.69 ミラーレスカメラでもしっかりとカウンターバランスが取れる唯一のビデオヘッド~Manfrotto Nitrotech N8

txt:岡英史 構成:編集部 Nitro(窒素ガス)と聞いて… 50xHDシリーズのブリッジングテクノロジー以来の新型ビデオヘッド Nitroと聞いて内燃機の... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.68 Canon CINEMA EOS SYSTEM EOS C200

txt:岡英史 構成:編集部 型番を巡る考察 今までのスタイルと似ているようで、細かいところは全く違ったデザイン CINEMA EOSシリーズもこれで7機種目... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.67 FUJINON MK18-55mm T2.9セカンドインプレッション~NAB取材編

txt:岡英史 構成:編集部 NAB前に手元に来たシネマレンズ FUJINON MKシリーズ すでにファーストインプレッションでその感触を書いたが、その時のセッティ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.66 FUJINON MK18-55mm T2.9ファーストレビュー

txt:岡英史 構成:編集部 レンズは資産 見た目以上にコンパクトで軽量なシネレンズだ 撮影における機材としてレンズは非常に大事である。光の入り口が良くなけれ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.65 街のビデオ屋的音声バックアップ~ワンマンオペレートを考える

txt:岡英史 構成:編集部 ミドルレンジ的音の取り回し方を考える カメラの台数分のカメラマンがいない現場が多いのがミドルレンジの現場 大半のミドルレンジに共... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.63 Libecの使いやすいラインナップ HFMPとTH-X