PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

News

[Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

2017-06-15 掲載

アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏

色のエキスパートボルグ氏にHDRを訊く

2017年6月1日~2日に東京・千代田の秋葉原UDXで行われたAfter NAB Show Tokyo 2017の会期に合わせて、アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏が来日した。ボルグ氏は1989年にアドビに入社し、以降グラフィックス、色、ビデオ、イメージ処理の分野に貢献するだけでなく、HDRとWCGのカラー変換のためのダイナミックメタデータのドラフトグループ(SMPTE 10E)座長としても活躍するカラーのエキスパートだ。ボルグ氏にHDRの問題点や今後の動向について話を聞くことができた。

まずボルグ氏の経歴について聞いてみた。ボルグ氏はアドビに在籍してから28年目。入社した1989年のアドビといえばまだIllustratorなどのアプリケーションを発売したばかりだ。その当時の様子を振り返って頂いた。

ボルグ氏:1980年台の入社した当時は印刷のグループに在籍しまして、PostScriptが出た当初からカラーマネージネントを担当していました。当時のカラーマネージメントとしてはクロスフィールドエレクトロニクスやコダックなどのものが複数存在していまして、総合運用性というのが問題となっていました。90年台になるとAppleはColorSyncをリリースしたり、機材間で色の管理を行うインターナショナル・カラー・コンソーシアム(ICC)という国際標準化団体が立ち上がり始め、アドビの代表として参加していました。

2005年からは、動画カラーマネージメントについて取り組みを開始しました。動画のカラーマネージメントといっても90年代に行ってきたグラフィックスのノウハウをそのまま応用したものです。当時の映像カラーマネージメントは限定的で確立されておらず、状況に応じて変化する感じでした。

近年の映像業界の技術的なトレンドといえば明るさに範囲を拡大するHDRだ。HDRは、2016年7月にHLGとPQの2つを規定したBT.2100の成立で正式にスタートしたといっていいだろう。そこで改めて、HDRを規定したBT.2100やそれ以前のBT.2020の違いのポイントに聞いて見た。

ボルグ氏:BT.2100というのは、BT.2020にハイダイナミックレンジを規定した規格です。BT.2100のUltra HDの解像度やフレームレート、カラーボリュームなどの主要な映像パラメーターについてはBT.2020と同じです。つまり、BT.2100はBT.2020の上に成り立っており、色域についてはBT.2020で規定された色域をもとに輝度の情報を付加してのものになります。

After NAB Show Tokyo 2017で行われたセッション「HDR映像制作とAdobe Creative Cloud」のプレゼンテーション資料より。一番下がHDRを規定したBT.2100となる

最新のHDR「SMPTE 10E」とは?

HDRを理解するには、さまざまな規格を知らなければならないだろう。その中から新しい規格やボルグ氏のSMPTE 10Eについて聞いてみた。

ボルグ氏:新しい規格ではフィリップスとテクニカラーが開発をした「SL-HDR1」があります。1本の信号でテレビに合わせたHDR表現ができるというコンテンツ配信方式になります。ただ、新規格といってもBT.2100がベースで、こうした派生の規格も多いです。

また、私が座長を務めます「SMPTE 10E」とは、HDRとSDRを変換する際のメタデータを規定する規格です。HDRからSDRに変換する際に当然表現できるレンジの幅が違うので、単純に圧縮するとクリップされてしまってまったく意図しない表現になってしまいます。こういった問題に対してメタデータを付加してコンテンツの内容に合わせて変換しようというのがSMPTE 10Eになります。

SMPTE 10Eの特長は、ダイナミックに色変換するメタデータであることです。変換には、一定に行う「スタティック」と変化をつけられる「ダイナミック」の2種類あります。スタティックの課題として、1つの作品で同じ変換や計算方式でHDRからSDRに変換を行うと明るい場合は問題が起きにくいですが、暗い場合はかなり暗く落ち込んだ映像に仕上がることがあります。ダイナミックに色変換するメタデータであれば、シーンによって変換計算方式を変化させることができます。

HDRはまだパラメーターが確立したばかりで、映像化制作手法は不透明だ。今後予想される問題点を聞いてみた。

ボルグ氏:問題はいくつかあります。まずはスタッフの問題です。SDRの制作では、カメラオペレーターがSDRで撮影をして、そのSDRで撮影された素材をカラリストが作業をするという流れでした。これがHDRの制作になると、より多くの責任がカラリスト側にかかってきたり、作業が増えるでしょう。例えば、HDRのバージョンのほかにSDRのバージョンの2種類作らなければいけなくなる場合が起こることも予想されます。

また、セミナーで紹介しましたイメージの例で解説しますと、HDRで撮影された素材は雲の切れ目の明るいところから暗いところまですべてトーンを収録できます。これをSDRで表現しようとなると、明るいところは白飛びして、暗いところは潰れてしまいます。監督としては雲のディテールまで表現したい、という場合もあると思います。

しかし、そういった作業をするときにSDRで表現するには限界があります。HDRで高い情報量があったとしても、白レベルやハイライト、ホワイトをSDRでいかに表現するかというところがカラリストに求められてきます。

After NAB Show Tokyo 2017で行われたセッション「HDR映像制作とAdobe Creative Cloud」のプレゼンテーション資料より

HDR元年はいつくるのだろうか?

After NAB Show Tokyo 2017の展示会場ではすでにHDR映像制作ソリューションの展示をしている企業もある。放送側ではHDR信号への対応した実用放送が2018年12月にスタートと発表されている。ボルグ氏自身は、HDRの出発点となる「HDR元年」をいつぐらいと考えているのだろうか?

ボルグ氏:業界や市場ごとに変わってくると思います。予測は難しいです。ただ、映画が先にくると予想します。映画製作では、HDRでの制作はすでに始まっていますし、NetflixやAmazonではHDR対応コンテンツのストリーミングは始まっています。放送はその後に続く形になると考えています。

特に放送の中でもライブのスポーツ中継をHDRで、というのは十分に考えられると予想されます。サッカー中継をHDRで行う場合は、極端に明るい部分と暗い部分に選手がいることはほとんどありませんので、スタティックなコンバージョンで、HDR、SDRの両方が対応できることになると思います。このように、HDRに対する取り組みというのは、市場の要素によって変化するのではないかなと思います。

また、実際に技術のベースの部分はできたとしても、それをどのように運用するかが課題になると思います。例えば、HDRの映画を見ていて、途中でCMが挟まったりチャンネルを変えた場合の放送局間の明るさの違いで不快感を感じるという問題があります。音ではラウドネスという規格がありまして、国内での基準レベルは-24LKFSになりましたが、その-24LKFSに決まるまでに時間がかかりました。HDRでも同様に、運用するときに同様の基準を最初に作ったうえで普及の段階に入ってくると予想されます。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2017-06-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.78 Web配信を利用した採用支援システム~株式会社ヒューマネージ

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 採用支援業界でトップシェアを誇る採用管理システム「i-web」を提供している、株式会社ヒューマネージ。採用管理システムにおけ... 続きを読む

[Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催

アドビは5月15日、東京都港区のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でAdobe Premiere Proによって全編編集された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(... 続きを読む

[Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 難易度高めのリクエストに応えるために! 花粉症の歌を作ったので、女の子主演でマスクにプロジェクションマッピングをするミュージックビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.74 今が買い!2017年コンパクトスイッチャー対決

txt:小寺信良 構成:編集部 今あるコンパクトビデオスイッチャー総比べ 去る2017年3月13日、プロ用ツールの販売でお馴染みPROGEAR半蔵門にて、「コンパクトビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.73 タケナカが創り出す月光に漂う海の世界〜新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 えのすい×タケナカが表現する“相模湾”とは? 相模湾ゾーン/岩礁水槽「魚たちとの夢がはじまる」 7月16日か... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く